おいしい缶コーヒーの見分け方、微糖と無糖の違いなど

コーヒーの話題

こんにちは

日増しに暑くなってきました。

こんな時は、冷たいアイスコーヒーが飲みたくなりますよね。

寒いときはホットで、暑いときはアイスで、コーヒーは1年中美味しく楽しめる飲み物です。

家では本格ドリップで飲んでる方も、外出先ではコンビニや自販機で缶コーヒーを飲むことが多いいんじゃないでしょうか。

カフェけ~さん
カフェけ~さん

そんな缶コーヒーも最近はペットボトルに押され気味。

嫁さん
嫁さん

ガブ飲み派にはペットボトルがいいみたい。味より量ですかね?

そんな缶コーヒーですが、その歴史は長く今だみんなに親しまれ続けています。

今回はその缶コーヒーの話。

スポンサーリンク

缶コーヒーは3種類ある

外出先で自販機とかコンビニで手軽に飲める「缶コーヒー」最近はホントにおいしく飲める「缶コーヒー」が増えました。

ところで、この「缶コーヒー」その成分によって3種類に分類されることをご存じですか?

成分による缶コーヒーの違い

実は、缶コーヒー100g中に含まれるコーヒー成分(生豆の量)によって

  • コーヒー
  • コーヒー飲料
  • コーヒー入り清涼飲料

に分けられています。

缶の表面に小さく表示されているので、ほとんど気にする事はないと思いますが、あなたの好きな缶コーヒーがどう表示されてるか一度確かめてみても面白いかも。

品名のところに表示されてる。

品名によるコーヒー成分の違いは、

品名成分
コーヒー100g中に生豆の量が5g以上のもので、
一番コーヒー感が強いものです。
コーヒー飲料100g中に2.5g~5gの生豆を使用
したもの。少し薄めのコーヒーという感じです。
コーヒー入り清涼飲料100g中に1g~2.5gの生豆を
使った飲み物で、もはやコーヒーのような飲み物

以上のようになります。

比べていただくとわかる通り、コーヒー感が強いのはコーヒー>コーヒー飲料>コーヒー入り清涼飲料になります。

カフェけ~さん
カフェけ~さん

やっぱり美味しいと感じるのは品名がコーヒーのものですね。

よくあるカフェオレなどは、上記の3種類の表記に加えて乳固形成分の量が3%以上のものは、「乳飲料」と表示されます。ダイエット中の方は気にしてください。

缶コーヒーに使われる豆はロブスタ種

以前の記事で、コーヒー豆の原種は3種類あるとお話ししました。

喫茶店とかコーヒーショップではほとんどアラビカ種が使われています。

でも缶コーヒーは、ほとんどがロブスタ種です。

*注 缶コーヒーの中でも少量のアラビカ種をブレンドしているものもある。

何故缶コーヒーの豆はロブスタ種なんでしょう?

ロブスタ種が使われる理由

それは、ロブスタ種の特徴が缶コーヒーに適しているからです。

ロブスタ種の特徴
  • 価格が安い。(ベトナムなどアジア諸国で生産)
  • 生産量が安定している。
  • 少量でもコーヒー感が強く出る。(苦みや渋みが強い)
  • コクや香りは控えめ。
  • 風味が変化しにくい

このロブスタ種の特徴を見ると、大量生産する缶コーヒーにピッタリの豆であることがよくわかると思います。

微糖、無糖の違い

最近は健康志向も強くなって、無糖の缶コーヒーが人気です。

カフェけ~さん
カフェけ~さん

体にはいいんだろうけど、私は微糖しか飲みません。ていうか
無糖は飲めない。

微糖、無糖の違いは含まれる糖類の量によるようです。

飲料100mlあたり、糖類2.5g未満の場合は「低糖」「微糖」、糖類0.5g未満の場合は「無糖」と表示できます。

また、「低糖」「微糖」については、従来品や日本コーヒー飲料協会が策定した「コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)」に比較して2.5g以上糖類が低減されていれば、その低減された量や割合を「糖類〇〇%減」などと具体的に記載することで表示できます。

一方、「甘さひかえめ」など味覚に関する表示については、個人差があることから特に法律で定められた基準はありません。

by 全国清涼飲料連合会

と言う事なので、最も一般的なレギュラー缶はおよそ190mlなので糖分は2.5×1.9=4.75gになります。

これは小さじ一杯分(5g)の量に等しいですね。

嫁さん
嫁さん

微糖で小さじ一杯分の砂糖が入ってるの?なら普通の缶コーヒーは?

通常の缶コーヒーは7.5g/100mlだから、7.5×1.9=14.25gになります。

これは大さじ一杯(15g)に近い。

角砂糖一個が3~4gだから角砂糖ならおよそ4個分!

嫁さん
嫁さん

角砂糖4個⁉もう通常の缶コーヒーは飲めないわ。

まとめ

今回は気軽に飲める缶コーヒーについてお話ししました。

現在販売されている缶コーヒーの種類は、650種類ほどと言われています。そんな中から自分にあった缶こひーを選ぶのは至難の業。

健康面も考えて、せめて微糖か無糖の中から選ぶのがおすすめです。

缶コーヒー選びに悩んだらこちらの記事も参照してみてください。

今回は以上です。

▼本格ドリップコーヒーのサブスクPostCoffeeとは、

パーソナライズコーヒーのサブスクならPostCoffee【ポストコーヒー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました