wordpressの自動更新に注意(メジャーアップデートは手動でしよう。)

wordpress編

こんにちは

みなさんはwordpressの更新を自動にしてますか?手動にしてますか?

私はいちいち更新の確認をするのも面倒なので、以前から自動更新にしていました。

け~さん
け~さん

wordpressを使い始めて3年以上になりますけど、今まで自動更新で
サイト表示がおかしくなったり、不具合が発生したことは無かった。

皆さんが使っている、OSのWindowsやブラウザのChromeなども頻繁に更新(アップグレード)が行われています。

プログラムの更新は、セキュリティの面からも、ユーザビリティの向上のためにも必要なものですが、時にその更新によって不具合が生じたり、使い勝手が悪くなったりすることもあります。

先日wordpressがバージョン6.1に自動で更新されていたんですが、2つほど不具合が見つかりました。

wordpress6.1の不具合については、下記記事で紹介してます↓

そこで、改めて更新の設定を見直しましたので、その時の備忘録として紹介します。

wordpressの更新設定

プログラム(ソフトウェア)の更新頻度は、そのプログラムの信頼性の指標ともなります。ユーザーの多い人気のプログラムは度々更新されていますね。

け~さん
け~さん

逆に更新の少ない(数年放置されているような)プログラムは信頼性
に疑問があります。

はるこ
はるこ

wprdpressのプラグインの中にもほとんど更新されていないような
ものがありますが、トラブルの原因になったりするので使用には気
をつけてね。

ところで、wordpressは、2020年11月発表のバージョン5.6から、新規インストールした場合、メジャーアップデート、マイナーアップデート共に、デフォルトで自動更新する使用になっています。

バージョン5.6以前から利用していて、手動更新に設定している方はそのまま設定が引き継がれますが、バージョン5.6以降からwordpressを利用し始めた方は更新の設定を確認してみてください。

更新の確認と設定

worpressの更新を確認するには、「ダッシュボード」⇒「更新」を開きます。

上図のように、「このサイトは WordPress の新しいバージョンごとに自動的に最新の状態に保たれます。」と書かれていたら、自動更新に設定されていることになります。

手動更新に設定されている場合は、

上図のように、「このサイトは WordPress のメンテナンスリリースとセキュリティリリースのみで自動的に最新の状態に保たれます。」と書かれています。

自動更新を手動更新にするには、青文字で書かれた「メンテナンスリリースとセキュリティリリースのみの自動更新に切り替えます。」の部分をクリックするだけです。

け~さん
け~さん

ただし、ここで設定できるのは、メジャーアップデート*注の手動更新
です。マイナーアップデートは手動になりません。

*注 メジャーアップデートとマイナーアップデートについてはこちらが詳しいです。

完全な手動更新

前述の手動更新設定は、説明にあるように完全な手動更新ではありません。

あまりお勧めはしませんが、完全に手動更新にしたい場合は、wordpressの構成ファイルを編集することになります。

注意

構成ファイルを編集するには、注意点や決まり事も多く難易度が高いです。必ずファイルのバックアップを取って行ってください。編集にはFileZilaなどのFTPソフトを利用することが多いんですが、ここではXseverのファイルマネージャーで説明します。

編集するのは「wp-config.php」ファイルです。

まず、Xseverのファイルマネージャーを開きます。

「wp-config.php」ファイルは、サイトのルートディレクトリかpublic_htmlフォルダー内にあります。「wp-config.php」ファイルを選択クリックすると、

上段に操作可能なメニューが表示されます。メニューの中からまずはコピーを選択し、「wp-config.php」ファイルのコピーを作っておきます。コピーしたファイル名は何でもいいですが、例えば「wp-config(1).php」とでもしておきます。

コピーファイルは同じフォルダに保存します。

次にメニューの中から「編集」をクリック、

すると、phpファイルの編集画面に移ります。ここに設定するコードを書き込むんですが、必ず上図の赤枠内に書き込んでください。

はるこ
はるこ

「/*編集が必要なのはここまでです」と書いている行の上に記述するように。

書き込むコードは、

define('AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true);

です。

け~さん
け~さん

くれぐれも記述ミスには気をつけて、編集は自己責任でお願いします。

書き込んだら編集画面の下にある更新をクリックすればOK 。

これで、wordpressのメジャーアップデートもマイナーアップデートも停止されます。

動作確認をしてみて問題がある場合は、書き込んだコードを見直してみるか、編集した「wp-config.php」ファイルを削除して、コピーした「wp-config(1).php」のファイル名を元の「wp-config.php」に書き直せば大丈夫です。

まとめ

wordpressの更新は頻繁に行われていますし、セキュリティ面でも重要なことですが、
アップデートによる不具合が発生することもあるのは事実です。

wordpressのバージョンアップにテーマやプラグインが追い付いていないこともあります。

またバージョンアップによりサイトに深刻なダメージを受けることも考えられますので、メジャーアップデートだけでも手動で行い、事前にサイトデータのバックアップを取るようにしておきましょう。

今回は以上です。

それでは

最新お役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました