ワードプレス記事の自動保存機能は必要なの?機能の停止、変更の仕方

wordpress編

こんにちは

以前の記事で、ブロックエディタが「保存中」のままになる
問題の解決方法を紹介しました。↓

この記事を書くためにいろいろ調べていると、wordpressのエディタには
記事を自動保存する機能があることが分かりました。

自動保存は、予期しないエラー(サーバーの不具合、PCのエラー、利用者の
操作ミスなど)に備えて、執筆中の記事が失われてしまうのを防いでくれる
便利な機能です。

しかし、デフォルトでは自動保存する間隔が60秒に設定されています。

け~さん
け~さん

個人的には、自動保存機能は使いたいんだけど、60秒の設定が
前述の「保存中」現象の原因になっているような気がする。

さらに、wordpressにはエディタのリビジョン機能もあるので、自動保存の
機能自体を停止するという選択もあると思います。

そこで今回は、自動保存の設定変更と停止の方法について紹介します。

注意

自動保存の設定変更や停止をするには、wordpressの重要なファイルを
手直しする必要があります。変更しようとするファイルはバックアップ
を取るようにしてください。操作はあくまで自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

自動保存の間隔を長くする

自動保存の設定変更するファイルは、wp-config.phpです。
Xserverの場合、ファイルマネージャーを開くと、ドメイン名>public_htmlの
中にあります。

上図のように、Xserverをお使いなら、ファイルマネージャーでダウンロード
や編集もできます。

Xserverのファイルマネージャーでもできますが、安全を重視するなら
FileZillaなどのFTPソフトを使う方がいいでしょう。

はるこ
はるこ

念のために、wp-config.phpファイルをダウンロード
して保存しておきましょう。

wp-config.phpの編集

Xserverのファイルマネージャーでwp-config.phpファイルを選択したら、
「編集」をクリック

編集画面が出たら、下の方にある

require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');

の記述の上に

define('AUTOSAVE_INTERVAL', 1800 );

と記入します。

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
	define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

/** Sets up WordPress vars and included files. */
define('AUTOSAVE_INTERVAL', 1800 );
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');
define('RELOCATE',true);

こんな感じ。

はるこ
はるこ

require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’); の上に書かないと
機能しませんので注意してくださいね。

上図の、1800は30分ですが、5分なら300、10分なら600のように
好みの秒数を書き込んでください。

自動保存の停止

次は自動保存機能の停止です。

停止は、functions.phpを編集します。

functions.phpはwordpressのダッシュボード⇒外観⇒テーマエディタに
あります。

cocoonの例ですが、子テーマのfunctions.phpを編集するようにしてください。↓

ファイルを開いたら、以下のコードを追加します。

function disable_autosave() {
    wp_deregister_script('autosave');
}
add_action('admin_init', 'disable_autosave');

ファイルを更新を押して、設定は完了です。

(自動保存の時間変更、停止についてはCooeilさんの記事を参考にさせて
いただきました。)↓

まとめ

デフォルトでは60秒ごとに自動保存される便利な機能ですが、

「1分間隔は短すぎる。」

「自動保存機能は必要ない。」

と思われる方は参考にしてください。

ただ、先にも書きましたが変更は、自己責任でお願いします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました