「WindowsによってPCが保護されました」とでてアプリが実行できない時の対処方法

パソコン

こんにちは

先日サードパーティーのソフトウェアをVectorからダウンロード、
インストール後、実行しようとすると、

こんな警告が出てきました。

はるこ
はるこ

こんな警告が出てくると焦りますよね、しかも実行しない
選択肢しかない。

け~さん
け~さん

そんなに怪しげなソフトでもないし、使ってみたいけど
どうしようか?

こんな経験ありませんか?

今回は、ソフトウェアを実行しようとして、windowsによってこんな
警告を出された場合の対処法について書いてみます。

スポンサーリンク

「PCが保護されました」警告の原因

この警告は、Windows10のセキュリティ機能であるMicrosoft Defender
SmartScreenによるものです。

警告の対象はおもにインターネットからダウンロードされたソフトです。

はるこ
はるこ

ネット上には無数のソフトウェアがあり、中には悪意のある
危険なソフトも存在します。そんな脅威からユーザーを守って
くれるシステムの一つ。

け~さん
け~さん

バージョンアップの度にセキュリティが強化されるので
ユーザーにとってはありがたいことだけどね。
悪い奴らはいなくならないのか。

Microsoftの公式ページによると次のように説明されています。

Microsoft Defender SmartScreen は、フィッシングやマルウェアの Web サイトやアプリケーションからユーザーを保護し、悪意があると考えられるファイルのダウンロードを防ぎます。

ダウンロードされたプログラムと、ファイルへの署名に使われたデジタル署名をチェックします。 URL、ファイル、アプリ、または証明書の評価が確立していれば、ユーザーに警告が表示されることはありません。 一方、評価がない場合はリスクの高い項目としてマークされ、ユーザーに警告が表示されます。

Microsoft

分かりやすく説明すると、概ね以下のようになります。

警告が出されるケース
  • プログラムの安全性が疑われる
  • アプリケーションの署名に問題があった
  • 発行元が不明である
  • 利用者が少ないソフトウェア
  • 公開されて間もないソフトウェア

上記に当てはまるソフトであるとWindowsによって判断されると、パソコンを
保護するために警告が出されるようです。

け~さん
け~さん

Microsoftの評価基準ていうのもハッキリわかりにくいけど
「疑わしいものは触らないで」と言う事かな。

警告が出た場合の対処法

ただし、Windowsの警告が出たとしても安全性に問題のないソフトウェア
もたくさんあります。

あくまでも自分自身の判断になりますが、利用したいソフトがあれば
この警告がかえって邪魔になったりします。

そんな時には以下の方法を試してみて下さい。

対処方法①

ダウンロードした特定の実行ファイルだけに適用したい場合一番簡単なのは、
先ほどの警告画面の「詳細情報」をクリックし、

以下の画面が出たら、実行をクリック、

これでソフトは問題なく実行できます。

対処方法②

ダウンロードした実行ファイルすべてに警告を出さないようにする事もできます。

注意

ただしこの方法は、セキュリティ対策上あまりお勧めできません。
対象のソフトウェアを実行した後は、元の状態に設定しなおす方が
安全です。あくまでも自己責任で。

まずは、Windowsのスタートボタンをクリックし、「設定」を開きます。

次に設定画面の中から、「更新とセキュリティ」をクリック、

さらに、左側の項目から「Windowsセキュリティ」をクリック

Windowsセキュリティ画面の中の「アプリとブラウザの制御」をクリック

以下の画面の中の「評価ベースの保護設定」をクリック、

「評価ベースの保護」画面の「望ましくない可能性のあるアプリをブロック」
にあるスイッチボタンをOFFにする。

①はONのまま、②をOFFにする。

以上で「PCは保護されました」の警告は出なくなります。

対処方法③

続いては、インターネットのプロパティの設定を変更する方法です。
こちらもすべてのダウンロードファイルに適用されます。

*注 この方法もセキュリティの面からあまりお勧めはできません、
   あくまで自己責任でお願いします。

まずWindowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」を開き、

inetcpl.cpl

と入力しEnterを押すとインターネットのプロパティが開きます。
続いてセキュリティタブを選択する、

セキュリティ画面の下にあるレベルのカスタマイズをクリック、

設定項目をスクロールしていくと「Windows Defender Smartscreen
を使用する」に有効・無効の選択個所がありますので、無効にチェック
を入れる。

その後OKを押して、パソコンを再起動すれば設定が反映されます。

対処方法④

ダウンロードしたZIPファイルから適用する方法。

.zipファイルを右クリック、

プロパティ画面がでたら、「全般」タブの下方にあるセキュリティのところ
に「許可する」のチェックボタンがあります。

「許可する」にチェックすれば完了です。

まとめ

「WindowsによってPCは保護されました」の警告 を出さない方法は、
他にもレジストリを変更する(設定する)ことで可能ですが、
レジストリ自体よほど慣れていない限りむやみに触らない方が
良いと思います。

なのでここでは説明しません。

はるこ
はるこ

レジストリの扱いを間違えると、最悪Windowsそのものが
起動できなくなったりすることもあるわ。

「WindowsによってPCは保護されました」の警告は、たびたび出ると
ウットシイこともありますが、ユーザーに安心してパソコン(ネット)
を利用できるよう配慮されたシステムです。

その辺りを考慮して、あくまでも自己責任で警告を出さない設定を行って
ください。

け~さん
け~さん

安全を優先するか?ウットウシイのを我慢できないか?
あなたはどちら?

今回は以上です。

この記事がどなたかのお役に立てればうれしいです。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました