martinの名前がついてても、シグマとシェナンドーは別物です。

アコギ探し

こんにちは

当たり前ですが、アコギにも有名なブランドがあります。

MartinGibsonはみんなの憧れですね。

ファッション界のグッチやヴィトンのようなもの。

でもグッチやヴィトンの名を付けて、日本で製作されたバッグなんて
ありません。グッチジャパンとか○○バッグbyヴィトンとか。

見たことないですよね、ですがアコギにはあるんです。

エレキギターではフェンダージャパンが有名ですが、アコギにも
シグマbyMartinとかMartin shenandoah(シェナンドー)てのが
あるんです。

GibsonにもOrville by Gibsonてのがある。

おじさんは、ギターの売買にヤフオクをよく利用してますが、
カテゴリーをアコギ→Martinに分類して、SigmaやShenandoahを
出品してあるのをよく見かけます。

け~さん
け~さん

アコギに詳しくない人は、本家のMartinだと勘違い
する可能性もある。おじさんも始めは、グレードの
低いMartinの中の型番の一つだと思っていた。

はるこ
はるこ

中には、Martinとしか表記してないこともあり
出品者の悪意を感じるわ。

だからと言って、SigmaやShenandoahをギターとして否定してる
訳ではありません。

そんなギターもあるという事、そしてそれがどんなギターなのかを
理解してもらいたくてこの記事を書きました。

スポンサーリンク

Sigma guitars by Martinとは

シグマギターは、1970年代に廉価なアジア製のギターが販売勢力を伸ばして
いたこと、また当時の日本は輸入関税が高く、マーチンやギブソンのギター
などはかなり高額な価格設定がされていて、高根の花だったこともあり、
それらに対抗すべく作られた、マーチンの廉価版ブランドです。

1970年~2007年ころまで続いたシグマbyMartinですが、その間にさまざまな
国で製造されています。

【Sigmaギター年代別製造国】
  • 1970~1983年
    寺田楽器
    日本のギターOEM制作会社
  • 1984~1994年
    韓国
  • 1994~2007年
    台湾・インドネシア
    後半はインドネシア
  • 2011年以降
    ドイツ
    Martinから離れる

この中でビンテージアコギファンに評価の高いのは1970年~1983年の
間に寺田楽器で製造されたシグマギターです。

寺田楽器とは

寺田楽器はOEMが中心の会社で、数多くの有名メーカーのギター製作を
手掛けています。

《お主なOEM先》

  • グレコ
  • フェンダージャパン
  • エピフォン
  • モーリス
  • S.Yairi
  • ESP
  • Schecter
  • History(島村楽器)

などなど、エレキギターからアコギまでたくさんのブランドギターの生産に
携わっています。数多くのOEM実績のある寺田楽器ですから、それだけ
ギター製造には確かな技術があるのでしょう。

寺田楽器の印象

でも、皆さんこれを見て、どう思いますか?

モーリスにしても、S.Yairiにしても自社で製造するよりOEMに任せた方が、コ
ストはかかりませんので、OEMに頼るのは理解できます。でも寺田楽器が、
モーリス用、S.Yairi用と区別して製造していると思いますか?(*確証は有り
ませんが)

何が言いたいか?と言うと、

名前は変われどすべて同じギター、同じ音!(寺田楽器の音)

と言う事です。

私が実際に手に入れた寺田楽器製のギターは、グレコ303、モーリスM
シリーズ、S.Yairi2001EDなどでした。

単板と合板の違いを考慮しても、ほとんど同じような印象の音です。

ただ、ギターそのものの作り込みはしっかりしていて、細部にわたって丁寧に
仕上げています。

け~さん
け~さん

あくまでも個人的な感想ですが、グレコ303以外は、
鳴らなかった印象。

冷静な嫁
冷静な嫁

モーリスもS.Yairiも寺田楽器の音です。

ヤフオクで買ったSigma by Martin

おじさんが実際に手に入れたのは、5年ほど前のヤフオクで7万円ほどで落札
した1990年代のSEC-28です。残念ながら寺田楽器製ではなく、おそらく
韓国製です。

現物の写真は無かったのでイシバシさんのを拝借しました。
とにかくいろんなギターがそろってます。
通販でも安心。

トップはスプルース単板、サイド&バックはローズウッド合板、ヘッドのトーチ
インレイが高級感を醸し出していましたが、鳴らないのですぐに再販しました。

寺田製のSigmaは弾いたことないので、正直何とも言えませんが、サイド&
バックが合板なら、そんなに期待はできないでしょう。

ただ、製造本数は少ないので、コレクターには人気があるようです。

Martin Shenandoah

Shenandoah(シェナンドー)には、製造国によって2種類あります。

①1983年~1994年までの間に、日本から木材を調達してアメリカで製造された
もの

②1994年以降、日本の寺田楽器で製造され、クロサワ楽器から販売されたもの。

です。

製造当時の販売価格(本家の半額位)から、やはり本家マーチンの廉価版という
位置付けかと思います。

ヘッドのもボディ内部にも、Shenandoahの記載があり本家マーチンと区別
しやすい。

また、ボディ内部のネックのジョイント部分に刻印されているシリアルナンバー
は、本家のマーチンのシリアルナンバーに含まれているらしい。

け~さん
け~さん

Shenandoahのロゴがなければ、本家と見分けがつか
ない。それほど作りもいい感じ。

おじさんは、このShenandoahは手にしたことがないので、サウンドについては
何とも言えません。ただ、アメリカ製のShenandoahには興味があります。

ヤフオクでも、アメリカ製は割と高額で取引されていて、人気のほどが伺えます。

まとめ

Martinの廉価ブランド、SigmaとShenandoahについてお話ししました。

ヤフオクに限らず、楽器店でもたまに見かけるSigmaとShenandoahですが
Martinに詳しくない方、混同しないようにしてください。

SigmaもShenandoahもギターそのものが、悪いと言っているのではありま
せん。中には素晴らしくいい音の個体もあるでしょうが、その位置付けは
あくまでMartinの廉価版だったと言う事です。

け~さん
け~さん

SigmaやShenandoahの愛好家には申し訳ないんです
が、おじさんなら同じ予算で、ビンテージのS.Yairiや
Headway辺りを買うなぁ。

と言う訳で、今回は以上です。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました