おすすめクレカで韓国旅行の楽しさ倍増(T‐moneyも使ってみよう)

海外旅行の基礎知識

こんにちは

前回に引き続き今回も、初めて韓国(ソウル)旅行をお考えに人に
事前に知っておいてもらいたいことや、準備しておいてもらいたいこと
についてお話しします。

今回は、パスポート、キャリーバッグ以外で用意したいもの
お金にまつわることにつてご紹介します。

スポンサーリンク

お金(現金)の用意

最近はほとんどの方がクレジットカードや電子マネーを持っているので、
海外旅行も現金の出番が少なくなりました。ただ韓国、中国でも
カードが使えないお店が少なからずありますので、現金もある程度
用意しておく方がいいです。

無邪気な子
無邪気な子

ある程度ってどれくらい?

師匠
師匠

そうじゃのう、旅行目的や個人々の懐事情にもよるが、一日あたり2~3万円あればまあ心配無いかのう。

昭平令
昭平令

おじさんのように、カジノしたりアガシと遊ぶには、一日あたり10万円くらいないと心細い。

師匠
師匠

お前の意見は聞いとらん!子供に言うな!

韓国のお金事情

韓国ソウルはクレジットカード社会です。

個人消費の内75.4%はクレジットカード決済で行われています。
日本では18%ほど、アメリカでも25%ほどですからその数字がいかに
高いかわかります。

これは韓国の国策(所得控除や宝くじ付与)によるところが大きいのですが、
小さな商店でも年商240万円以上の場合はカード決済が利用できるよう
義務付けられています。

ですから一部の屋台などを除いてほとんどのお店でクレジットカードが
使用できます。

昭平令
昭平令

クレカの普及には脱税防止の狙いもある。

冷静な嫁
冷静な嫁

少額の買い物にもいちいち小銭のやり取りをしなくていいから、クレカは便利だわ。

あいや~
あいや~

でも本音を言うと、小さな商店や屋台は現金の方が嬉しいあるよ。

韓国で使えるクレジットカード

韓国で使えるクレジットカードは、中国と違って日本とほとんど同じです。
VISA、MASTER、JCB、AMEXなどほとんど利用できますが、
中でも、VISAとMASTERであれば間違いないです。

VISA、MASTERは中国でも使える場合が多いのでこれからクレジット
カードを持とうとお考えの方にはおすすめのブランドです。
海外旅行保険の付帯するおすすめカード

さらに海外旅行には、一時的にであれ旅行保険に加入することをおすすめします。
そこで、クレジットカードに海外旅行保険が付帯していればさらに安心です。

ちなみに、海外旅行保険単独でもすぐに加入できる保険会社もあります。
HISグループ会社の「エイチ・エス損保」なら韓国三日間で保険料
870円と比較的安く加入することができます。

クレジットカードでもゴールドカードであれば大抵この保険が付属しますが、
ゴールドカードを持つには審査も厳しくなりますし、何より高額な年会費
必要になります。

そこで、年会費も必要なく海外旅行保険も付帯する3つのおすすめカード
をご紹介します。

エポスカード

エポスカードはVISAを選択した場合、海外旅行傷害保険が自動付帯します。
旅行の携行品の紛失にも20万円までの補償が受けられます。
また、旅行前に一括払いの利用可能額の増額ができたりします。

カードデザインもいろいろなアニメとコラボして豊富な種類を
用意してます。詳しくは下記のホームページで。

エポスカードの公式ページ

レックスカード

REX CARDは意外と知られてないけど、あの価格コムと提携したJACCSの
クレジットカードです。何といっても売りはポイントの高還元率(1.25~1.75)
にあります。通常のカードの2倍ほどの還元率です。

もちろん海外旅行傷害保険も自動付帯します(最高2,000万円まで)。

REXカードのページ

楽天カード

楽天カードの魅力は何といっても
ポイントの貯まりやすさと使いやすさ。
新規登録で5,000ポイントもらえるし、楽天市場や、楽天トラベルの利用
でもポイント加算の機会が多いので結構知らない間にポイントが
貯まってたりします。また電子マネーの楽天Edyも付属。

もちろん海外旅行傷害保険も付属しますが、上記の2カードとは保険の
適用条件が少し異なります。

楽天カードの海外旅行傷害保険は利用付帯です。
これが少しデメリットといえばデメリット。

利用付帯とは、カードを持つだけで適用される自動付帯とは異なり、
旅行前に空港までの交通費とか、航空券、ホテルの宿泊料金などの支払いに
一度でも楽天カードを利用することが条件となります。

楽天カードのページ

 

ゴールドカードでも年会費がお得なカード

上記3つのカードでも機能的には十分ですが、さらにワンランク上の
補償やサービスを希望するならやはりゴールドカードがおすすめです。

昭平令
昭平令

ゴールドカードを持ってると自慢できる。

冷静な嫁
冷静な嫁

それは一昔前の話、今はそれほどステイタスは無いわ。

冷静な嫁
冷静な嫁

あんたも昔、高い年会費払って、使いもせず財布のお守りにしてたわね。

MUFGゴールドカード

初年度会費無料、次年度から2,095円/年
国内主要空港のラウンジサービスが受けられます。
自動付帯の海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで、またショッピング保険が
年間100万円まで補償されます。

詳しくはこちら↓

MUFGカード ゴールドのページ

楽天ゴールドカード

年会費2200円。楽天市場の利用でポイントが通常カードの2倍にアップ
したりします。またETCカードも無料でつくれます。

最高2000万円までの補償と、旅行の携行品(カメラ、パソコンなど)の
紛失盗難に対しても20万円まで補償。

詳しくはこちら↓

楽天カードのページ

 

オリコポイントプレミアムゴールド

年会費1,986円。
海外旅行傷害保険が自動付帯で、最高2000万円までの補償。
入会後6ヶ月間はポイントが2.0%にアップ。
オリコモールの利用でさらに1.0%加算されます。

詳しくはこちら↓

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

以上のクレジットカードを用意しておけば、いちいち旅行の度に保険に
加入する必要もなく、韓国でも安心してショッピングや飲食店で利用
できます。

電子マネーは?

一方そんなカード大国でありながら電子マネーはと言うと、

Naver pay、Samsung pay、Kakao pay(Cashbeeは2018年ころから使えなく
なりました。)などなどたくさんありますが、日本人は利用できません。
もちろん日本のLine pay、楽天edy、paypayなども使えません。

便利なT-moneyカード

日本人が韓国で気軽に使える電子マネーは、T-moneyカードです。

T-moneyカードは日本のsuicaやiccoca同様交通カードですので、地下鉄、
バス、タクシーでの利用はもちろんのこと、コンビニや商店での少額決済に
使える便利なカードです。

カードは空港、地下鉄、コンビニなどで2~400円でだれでも購入できます。

キャラクターカード

ストラップタイプ

無邪気な子
無邪気な子

かわいいストラップタイプもあるけど800円ほどで少し高いよ。

チャージはウォンで同じく地下鉄の機械やコンビニでできます。

またバス、地下鉄、タクシーで利用すると100ウォンほど割引してもらえます。

無邪気な子
無邪気な子

塵も積もれば山となる。

昭平令
昭平令

タクシーで使う時は「ティモニカドゥロ」と言えば通じるかも。

韓国(ソウル)での買い物はクレジットカードがお得。

以前は私もアガシにお願いして、街角のショップで必ず両替していましたが、
買い物にはクレジットカードを使った方が断然お得です。

両替は必ず手数料として3%~8%取られます。
一方クレジットカードの手数料はおよそ1.63%ほどですから、たくさん
買い物をする方にとっては結構差が出てきます。

たとえば、50万ウォンのバッグを現金で買った場合
両替手数料を5%とすると、(5-1.63)×50万ウォン=16850ウォン
ですから両替して買い物すると日本円でおよそ1685円の損になります。
(レート1円=10ウォンで計算。)
ただし、いくらクレジットカードがお得でも日本での支払いをリボ払い
にしていたり、返済を遅くすればあまりメリットがなくなるばかりか、
返ってマイナスになることもありますよ。

ですからクレジットカードの返済は一括でしかもできるだけ最短で
うように注意してください。

まとめ

ご紹介したように韓国はクレジットカードの社会です。
ですから旅行者もクレジットカードを使う方が便利で、お得です。

おじさんはソウルでの移動手段はリムジンバスとタクシーだけですが、
若い方で、地下鉄やバスの利用をお考えでしたら、クレジットカード以外に
T‐moneyカードもおすすめです。

そして、現金が必要な場合は現地の「公認両替所」での両替が一番
お得です。「公認両替所」は明洞でもあちこちにありますよ。

セブンイレブンの中でも両替できる。

公認両替所の情報はこちらで↓

いろいろ調べていると、現地でクレジットカードを使ったキャッシングが
両替するよりお得だと紹介しているサイトもありましたが、ソウルビギナー
には、現地のATM利用は敷居が高いし、さほどメリットは感じられません。

始めての韓国旅行には、いろいろ不安もつきものです。中でも大事なお金に
ついては、できる限り事前に正しい知識や情報を持っていた方が安心でしょう。

備えておけば、あなたの旅行の楽しみも倍増すること間違いなしです。

おじさんの情報が少しでもお役に立てたなら幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました