こんな便利なものあった!キーの押し間違いを防止する無料ソフト

パソコン

こんにちは

パソコンのキーボードを打っていると、たまに押し間違いする
事があります。よく使うキーの隣にあってつい押してしまう。

押し間違えると、そこで作業もストップ、すぐに回復できればいい
ですが、元通りにするのに苦労することもあります。

そんな時イライラして、

こんなほとんど使わないキーなんかなくてもいい。

と思ったことありませんか?

私の場合、パソコンのキーボードで一番間違って押してしまう
のがCaps Lockのキーです。

つい先日、キーボードをイジッていたら、ローマ字が全部
大文字になってしまい再度Caps Lockを押したり、半角キーを押したり
しても小文字に戻らなくなりました。

普段は、日本語キーボードでローマ字入力していますが、
英数字入力の際は小文字で入力するようになってます。
大文字にする際は、Shiftを押しながら入力していました。

さてどうするか?

ググってみると、ShiftCaps Lockで元に戻ることがわかり
何とかいつも通りに操作できるようになりました。

け~さん
け~さん

確か、半年位前にもCaps Lockの押し間違いで
オロオロした記憶がある。

はるこ
はるこ

そんなキーの押し間違いで、イライラしてる
方におすすめのソフトがあります。

スポンサーリンク

特定のキーを無効にする無料ソフト2つ

*はじめにお断りしておきます。

ここで紹介する2つのソフトは、開発も古く、最近更新もされて
いません。一応私のWindows10では動作しましたが、対応を
保証するものではありません。また、ソフトはレジストリを
変更するものなので、操作は慎重に、あくまで自己責任でお願
いします。

Chgkey

Chgkeyはソフト製作者SatoshiさんのホームページSatoshi村から
ダウンロードできます。


ダウンロードファイルは圧縮ファイル(LZH)なので、Lahplus*1などの
解凍ソフトで解凍して、適当な場所に展開してください。

*1 解凍ソフトLahplusはこちらからダウンロードできます。

最新バージョンはver1.5で2012年から更新されてません。
対象となるOSは WindowsNT, 2000, XP のみです!」と書かれて
ますが、私のWindows10で問題なく使えています。

Chgkeyは設定がキーボード画面でできるので、とても簡単です。
早速使い方を解説します。

Chgkeyの使い方

ダウンロードしたChgkey15.LZH を解凍してできたChgkey.exeを
右クリックして、管理者として実行を選択クリック↓

ここで、注意しておきたいのが、そのままChgkey.exeをクリック
すると、「カレントユーザー権限で実行」するとの警告がでて、
ソフトを操作できるようにはなりますが、キー無効化の設定が
反映されません。

Chgkey.exeをそのままクリックすると↓

ですので、

必ず管理者として実行してください。

Ckgkey.exeを管理者として実行すると、初期画面が現れます。

そして、キーボード画面の中から、変更したいキーをクリックし選択↓

すると、選択したキーが青枠で囲まれている(この場合はCaps Lock)ので無効化したい場合は「キーを無効化にする」を
クリックする。↓

すると、元の画面に戻って、Caps Lockのキーに赤枠で「無効」と表示
されているので、メニューバーの「登録」をクリック

「現在の設定内容を登録します。」をクリック↓

上図の画面のOKを押して、再起動すれば変更の設定が完了します。

設定を解除するには

一度、キーを無効にしたは良いけど、やはり元に戻したい。
そんなこともあるかと思います。そんな場合は↓

メニューバーの「リセット」から、「すべてのキーを初期状態に戻します。」
をクリックし、左隣の「登録」を押し、パソコンを再起動すればOKです。

 

KeySwap

KeySwapは、製作者愛とゆりの部屋さんのホームページからダウンロード
できます。KeySwapも少し古いソフトで、2011年ver4.02以降更新され
ていません。

やはり、Windows7までは対応してると言ってますが、Windows10でも
問題なく使用できました。

こちらも圧縮ファイル(ZIP)なので、解凍して適当な場所に
保存してください。

KeySwapの使い方

KeySwap.exeを右クリックして「管理者として実行」を選択↓

すると、KeySwapの初期画面が現れます。

設定は、まず右のキーボードのイラストから、①変更するキーをクリック
次に、②割り当てるキーを選択クリック(無効の場合はDeleteキー)

①でキーを選ぶと、右のテーブルの【キー名】に表示されます。
②で無効用を選ぶと、右テーブルの【変換キー名】には何も
表示されません。

希望の変換が終わったら、上部メニューのファイルへ保存をクリック
すると、ポップアップの小窓がでてきます。↓

ファイル名は適当で結構です。OKを押して、パソコンを再起動すれば
キーの変換・無効化は完了です。

設定を解除する方法

KeySwapのキー設定を解除するには、設定画面から

上部のメニューの設定をすべて削除するを選択し、出てきたポップアップ
画面のはいをクリックし、パソコンを再起動すればOKです。

はるこ
はるこ

2つのソフトは、どちらもWindows10で動作確認でき
ました。でも個人的には、Chgkeyの方が使いやすい
気がするのでおすすめ

 

まとめ

以上、キーボードのキーを無効にするソフトの紹介でした。

他にも似たようなソフトもたくさんありますが、代表的で評価が
良く、私が実際にWindows10環境で使ったことのあるソフトだけ
紹介してます。
はるこ
はるこ

このソフトを上手く使えば、キー操作もさらに
快適になると思うわ。

最後に、改めて言っておきます。

ソフトのご利用は自己責任で!

お願いします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました