iPhoneバッテリーの消耗状態を知る方法とお得な修理先

お役立ち

こんにちは

スマホも長く使っていると、どうしてもバッテリーの劣化が進み充電機能が
悪くなってきます。

スマホの寿命は、iPhoneの場合Apple公式には3年間とされていますが、
利用状況によっては、バッテリーの劣化によりさらに早くなることも
あります。

け~さん
け~さん

おじさんの嫁のiPhoneも3年目ですが、バッテリー性能が
新品(100%)の状態から73%にまで落ちています。

冷静な嫁
冷静な嫁

充電の無くなり方が速くなった。もう買い替えの時期かなぁ?

買ったばかりはほとんど気にすることのないバッテリーですが、
2年以上経過していたら、そろそろ自分のバッテリーの健康状態を知っておいた
方がいいかも。

そこで今回は、iPhoneのバッテリーの健康状態を確認する方法と、寿命を迎えた
バッテリーの交換についてお話しします。

iPhoneのバッテリー健康診断

iPhoneバッテリー診断アプリには、Battery Careバッテリーライフといった
有名なサードパーティのアプリが有りますが、iPhoneの設定からも簡単に確認できます。

iPoneの設定からバッテリー状態の確認

まずiPhoneの設定画面を開きます。

①設定画面の「バッテリー」を選択
②バッテリーの状態を選択
③最大容量の数字を確認する。

最大容量は、新品購入時には100%になっています。劣化が進むと数値が小さくなり、80%以下になると、そろそろバッテリーの寿命だと言われています。

け~さん
け~さん

81%と言うことは、おじさんのiPhone seもそろそろ限界かなぁ?

Apple公式のアプリで確認

iPhoneにはApple公式の「Appleサポート」という診断アプリが用意されています。

最大容量の数値は全く同じものですが、iPhoneの使用状態や不具合の対応などを
より詳しく教えてくれる便利なアプリです。

まずはAppstoreからインストールしてください。

①AppstoreからAppleサポートをインストール。
②インストール後、アプリからマイデバイスを選択。
③「デバイスのパフォーマンス」を選択
④「バッテリーのパフォーマンス」を選択
今すぐチェックをクリック
⑥するとバッテリーの状態が表示されます。

バッテリー診断の結果はあくまで目安です。80%を下回ったからといって
必ずしも充電機能が下がっているとは限りません。実際の利用状況から
適切に判断して下さい。

バッテリーを交換するには

andoroidスマホなどは5∼6年ほど前まで、バッテリーも2,000円程度で手軽に交換
ができました。

け~さん
け~さん

もっと昔にはスマホ購入時に、予備のバッテリーも買っていたよ。

はるこ
はるこ

まぁ以前はバッテリー性能も低かったからでもあるけど。
今はユーザーでは簡単には交換できないし、費用も高額に
なってしまってます。

け~さん
け~さん

へそ曲がりなおじさんは、単に新製品を売るための戦略では?
と思ってます。

まあとにかく「バッテリーが寿命になったらスマホを買い替える。」と言う方には
関係ないけど、少しでも経費を押さえたい方はやはりバッテリーの交換になります。

AppleCare+加入なら無料

iPhoneを含むApple製品には、購入時に1年間保証*注がついてますが、バッテリー交換
は無料補償に含まれません。

*注 1年間保証の対象は、自然故障のみになります。

購入から90日以内にAppleCare+に加入していれば、バッテリー交換も無料になります。

AppleCare+について詳しくはこちら↓

AppleCare+に加入しているかどうかの確認方法

お使いのiPhoneがAppleCare+に加入しているかどうかを確認するには、

上の公式ページにアクセスし、iPhoneのシリアル番号を記入すればわかります。

自信のiPhoneのシリアル番号を確認するには、「設定」⇒「一般」⇒「情報」
とたどればすぐに確認できます。

シリアルナンバーを記入して続けるを押すと、

この様に結果が表示されます。

け~さん
け~さん

かぁ~、おじさんのiPhone古すぎ。

AppleCare+は最近の機種でしたら、950円~1,250円/月で加入でき、キャンセル
するまで補償期間は延長されます。(以前は2年保証の一括払いでした。)

はるこ
はるこ

AppleCare+はバッテリー交換以外にも液晶画面交換や
本体交換サービスなど手厚い補償が受けられるわ。

け~さん
け~さん

でも、年間およそ1~1.5万円、これを高いとみるか、安いとみるかは
あなたの判断に任せますが。

「AppleCare+は少し高いなぁ」もう少しお手軽なスマホ保険をお探しなら↓

修理費用全額保証【モバイル保険】

補償対象外の場合

では、AppleCare+にも加入してない補償対象外の方はどうするか?というと、

  1. キャリアショップに依頼
  2. Apple正規販売店へ持ち込む
  3. 非正規修理業者に依頼する
  4. 自力でがんばる

と言うことになります。

け~さん
け~さん

自力での修理は、結構デリケートな作業も多く、難しいので
お勧めしません。トライしたい方は、下のYouTubeを参考に。

iPhoneSE/iPhone5s バッテリー 交換取付方法【分解工房】

ここで、上記の場所それぞれに、バッテリー交換の依頼をした場合の
価格を比較してみます。(iphone11で検証しました。)

依頼先料金
キャリアショップ10,340円(ドコモの例)
AppleStore8,140円
非正規店7480円(7~8千円が多い)

価格だけで見ると、非正規店がお得になります。ただ万が一修理後に不具合
があった場合、Appleでの修理は受け付けられません。

け~さん
け~さん

近くにAppleStoreがあるならそこに依頼するのが無難かなぁ?

また、キャリアショップ・AppleStoreに依頼する場合は、iPhone内のデータ
は消えてしまいますので、必要なデータは事前にバックアップしておく必要
があります。

はるこ
はるこ

全国展開してる非正規修理店なら安くて安心かも。

修理依頼先は、価格、地理的な条件、安心感で選んでください。

参考に、非正規店で全国展開の安心ショップはこちらです↓

安心の修理実績80万台超!【iPhone修理アイサポ】
け~さん
け~さん

ここなら必要なデータも守ってもらえるよ。

まとめ

今回は、iPhoneのバッテリーが最近調子悪くなったと感じている方に、

・バッテリーの健康状態を確認する方法

・お得なバッテリー交換の依頼先

についてお話ししました。

iPhone本体は高価で、簡単には買い替えできるものではありません。
(一部のリッチな方を除いては)

できれば長~く大切に使いたいものです。

日ごろからのメンテナンスも重要ですが、もしバッテリーが調子悪いと
感じたらこの記事を参考にしてみてください。

それでは

最新お役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました