IPアドレスで個人情報はばれるのか?(Whois情報の設定について)

ブログ

こんにちは

wordpressでブログを立ち上げるには、一般的に独自のドメイン
を取得しサーバーと契約します。

そして公開したブログのドメインにはIPアドレスが割り当てられています。

昭平令
昭平令

数字表記のIPアドレスだと覚えにくいし、どんなブログ
なのかも分かりにくい。

はるこ
はるこ

そのIPアドレスを分かりやすく表記したのがドメイン
ネームと言う訳ね。

IPアドレスはDNSによってドメインに変換されてます。

IPアドレス⇒DNS⇒ドメインネーム

私のドメインksanhonsan.comも実際のIPアドレスは126.161.11.xxx
のような数字の羅列です。

一般に公開されているサイト(ブログ)のドメインからだれでも
IPアドレスは簡単に知ることができます。と同時にそのサイトの
管理者の情報もある程度見ることができます。
はるこ
はるこ

ええっ、それじゃぁ個人情報も簡単に調べられるの?。

そんな疑問を持ってる方も多いいと思います。

今回は実際にこのIPアドレスでどこまで個人情報が晒されるのか?
についてお話ししたいと思います。

IPアドレスにはグローバルIPアドレスプライベイトIPアドレス
があります。ここではサイトやブログに割り当てられたグローバル
IPアドレス
についてお話ししています。
スポンサーリンク

あなたのブログのIPアドレスは?

まずは自身のブログのIPアドレスを確認してみましょう。

確認方法は下記の記事を参照してみてください。↓

簡単!IPアドレスの確認方法(パソコンやスマホにもあります。)
...

ラッコツールでIPアドレスの確認

ここではラッコツールを利用した確認例を紹介します。

Unsupported browser | サクッと使えるWebツール

上記のアクセスし「IPアドレス確認」を選択↓

すると、

上記のように、IPアドレスのほかに使用しているパソコンのOSや
ブラウザの情報などが表示されます。

昭平令
昭平令

IPアドレスだけでは個人を特定できるような情報は
一切確認できません。

はるこ
はるこ

でも安心しないでね、IPアドレスがわかれば
そこから特定の情報を調べることはできるんです。

IPアドレスを利用して分かる情報

先ほどのラッコツールを利用してIPアドレスで何が分かるのか試してみます。

Whois情報

whois情報とは、IPアドレスやドメイン名の登録者の情報の事です。

whois情報はICANN*1という世界規模でDNSを管理する団体によって
公開を義務付けられています。

*1 ICANNについて詳しくはこちらを参照してみて下さい。
はるこ
はるこ

サイトやブログを公開するなら、その管理者の情報も
同時に公開しなさいということ。

昭平令
昭平令

それによってサイトやブログが誰によって管理運営されて
いるか知ることができる。

それではラッコツールで私のブログのwhois情報を見てみましょう。

ラッコツールにアクセスしたら「whois検索」を選択

そして、ドメイン入力欄にドメインを入力しEnterを押す。

すると、

上記のようにレジストラ(ドメイン管理業者)や管理者(Registrant)、
DNSの情報がずらずらっとでてきます。

はるこ
はるこ

でもあなたの個人情報は出ていないわね?

昭平令
昭平令

そうです。実はそのように設定しているからです。
これがプライバシー保護上とても大事なことです。

Whois情報公開代行

Whois情報は公開しないといけませんが、サイト運営者が法人などの
場合問題になることはありません。

しかし私のような個人で運営しているサイトは、個人情報を晒されたく
ない方が多いと思います。

それを助けてくれるのが「Whois情報公開代行」です。

Whois情報公開代行はほとんどのレジストラが無料で行ってくれます。
ただし、設定は契約者が自分でしなければなりません。

Whois情報公開代行はレジストラによって有料のところもあります。
Xdomainは無料ですが、以前使っていた「お名前ドットコム」は
初期設定の段階で登録しないと年額1000円ほどかかりました。

私が利用しているXdomainを例に説明します。

Xdomainにログインし「Whois情報設定」を選択↓

そして、

これはすでに設定済みの画面です。

上図の「Whois代理公開設定」の欄にチェックを入れ、確認画面に
進みWhois情報を設定するをクリックして完了です。

設定を完了すると、管理者(Registrant)欄がすべてXserverの
情報に置き換えられます。

もし代理公開しないとどうなるか?

こうなります↓

見えにくいですが、上図のように管理者(Registrant)の欄に
名前、住所、電話番号などの個人情報がすべて晒されます。

Whois情報公開代行は忘れずに必ず設定しましょう。

はるこ
はるこ

積極的に個人を売り込みたい方以外は必ずしてね。

IPアドレスによる住所の検索

IPアドレスによって住所が検索できるのか?

実際に試してみましょう。

ラッコツールズの「IPアドレス住所検索」を利用してみます。

IPアドレス入力欄にドメインネームそのまま(Ksanhonsan.com)
入力した場合と数字(128.164.XX.XX)だけ入力した場合、
結果が異なります。

Ksanhonsan.comを入力した場合↓

IPアドレスを数字で入力した場合↓

結果

いずれにしてもWhois情報公開代行の設定をしている限り
IPアドレス住所検索で個人の住所が特定されることはありません。

個人情報が特定される原因は?

サイトやブログの管理者の個人情報は、プロバイダやレジストラ
サーバー運営会社によって安全に管理されています。

ただし、サイトやブログそのものが犯罪に関連した場合は
それぞれの運営会社は警察の求めに応じて開示する義務があります。

それ以外で、個人情報が流出してしまう原因は、

殆どの場合あなたにあります。

残念ながら、世の中には悪意のある人や、興味本位でなんとか
気になるサイトの個人情報を手に入れようとしている人も
少なからずいます。

そうした人は個人特定につながるような情報を何とか見つけようと
サイト内を見渡しています。

個人が特定されてしまう可能性のある情報とは↓

【個人を特定されやすい情報】

  1. 住まいや近所の風景写真
  2. 個人の写真(部屋の写真)
  3. 学校の情報
  4. 近所の買い物の様子
  5. 住所を連想させるような文書

などです。

また、サイトやブログに連動してTwitterやインスタグラム
利用しているなら、投稿写真やツイートにも注意してください。

改めて言います。

プライバシーを守れるのはあなた自身です。

まとめ

IPアドレスのみから個人情報が特定されることはありません。

プロバイダやレジストラ、サーバー運営会社は責任をもって
情報が漏洩しないよう努めています。

ただし、サイトやブログを公開しているあなた自身も
Whois情報公開代行」を利用したり、投稿する写真や文書
に十分注意を払う必要があります。

個人情報を晒されて思はぬ被害にあう可能性がある

ということを忘れないで、十分な対策をしながら楽しいブログ
運営を行ってください。

それでは

*本記事で紹介しましたラッコID(旧goodkeyword)はツールズを
はじめ便利な機能が無料でたくさん使えます。SEO対策強化にも
役立つ情報満載。

はるこ
はるこ

ぜひ使ってみてね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました