記事数の多い人必見!ワードプレスのリビジョンの数は制限しないと大変なことに。

wordpress編

こんにちは

wordpressのエディタには、リビジョンと言う機能があります。

リビジョンは、記事を「下書き保存」したり、「更新」したりすると新たに追加保存
してくれる機能です。

前回の記事で紹介した、自動保存と混同しがちですが、簡単に言うと

自動保存は上書き保存

リビジョンは追加保存

と言うことです。

ですから、自動保存では保存する記事数は1つだけになりますが、リビジョン
では新たな記事として追加され続けます。wordpressのデフォルト設定では
リビジョンの数に制限がありません。

け~さん
け~さん

記事数が少ない内はさほど影響はないでしょうが、記事数が数百
とかになるとリビジョンの数も膨大になる。

はるこ
はるこ

そうなると、サーバーへの負担も大きくなるし、サイト
スピードにも影響が出てきます。

今回は、このリビジョンの設定を変更する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リビジョンの使い方

それほど利用する機会はないと思いますが、それだけにいざ使おうとなると
戸惑います。

そこで予め、リビジョンの使い方を簡単に説明します。

(*ブロックエディタの場合で説明しています。)

ブロックエディタの右上の設定ボタンを押すと「投稿」タブに リビジョンの項目があります。

赤枠のリビジョンをクリックすると、

上図のような画面になります。変更前と変更後の記事が左右に比較表示されています。
緑色のハイライト個所が追加された部分で、赤色にハイライトされている箇所が
削除された部分です。

リビジョン(記事の復元)したい場合は、「このリビジョンを復元」をクリックします。

すると、2つ比較表示された記事の右側の記事が復元されます。

過去のリビジョンを削除する方法

過去に公開した記事のリビジョンは、リライトするときに必要になること
はあるかもしれませんが、ほとんど利用するケースはないと思います。

で、過去のリビジョンを削除したいんですけど、これにはプラグインを
使う方が簡単です。

はるこ
はるこ

データベースの扱いに詳しい方は、phpMyAdminを使って
削除することもできますが、かなり敷居が高いです。

け~さん
け~さん

おじさんにはこの操作は難しすぎるので、ここはプラグインを使って
簡単に削除で来る方法を紹介します。

Optimize Database after Deleting Revisions

リビジョンを削除するプラグインもたくさんありますが、ここでは利用者も多く
細かい設定のできる「Optimize Database after Deleting Revisions」を紹介します。

wordpressのダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加から

キーワード欄に「Optimize Database after Deleting Revisions」と入力
表示されたプラグインをインストール⇒有効化する。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定

プラグインを有効化したら、ダッシュボード⇒設定⇒データベースの最適化を
クリックして、リビジョン削除の設定を行います。

デフォルトで、既に上から8つまでチェックが入っています。問題がなければ
そのままにして、Maximum number-ofのところに、残したいリビジョンの
数を記入します。上図では5にしてます。

0にすればリビジョンはすべて削除されます。

記入を確認してOKならば、①中段の設定を保存をクリック

すると、リビジョンが削除されます。その後②の最適化ページに戻るをクリック
して、動作確認を行います。

おじさんのサイトでは、およそ2GBほどのリビジョンが削除されました。

はるこ
はるこ

リビジョンの削除だけで約2GBの節約になった訳ね。
記事数の多い方ほど効果も大きいですね。

この 「Optimize Database after Deleting Revisions 」はその他にも
多彩な機能を備えていますが、過去のリビジョンの削除だけでしたら上で
紹介した設定だけで大丈夫です。

手動でリビジョンの数を制限する

リビジョンの数を制限するだけなら、先のプラグインを使わなくても
比較的簡単に手動でできます。

前回の記事の「自動保存の設定変更」同様、wordpress内のwp-config.php
ファイルを編集します。

今回はFTPソフトのFileZillaを使って説明します。

FileZillaでサーバーに接続したら、ドメイン名(ksanhonsan.com)⇒
public_htmlの順に開いて、wp-config.phpファイルにアクセスし、左枠
の自分のPCの適当な場所にドラッグ&ドロップして保存しておきます。

保存したファイルを右クリックでテキストエディタを使って開き、
編集します。

おじさんはサクラエディタを使ってますので、次のような画面になります。

上図の95行の下に、次のコードを追加します。

define('WP_POST_REVISIONS', 5);
define('WP_DEBUG', false);

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でのパブリッシングをお楽しみください。 */

/** Absolute path to the WordPress directory. */
if ( !defined('ABSPATH') )
	define('ABSPATH', dirname(__FILE__) . '/');

/** Sets up WordPress vars and included files. */

define('WP_POST_REVISIONS', 5);
require_once(ABSPATH . 'wp-settings.php');
define('RELOCATE',true);

コードは、必ずrequire_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);の上に追加して
ください。でないと動作しません。

はるこ
はるこ

上のコードはリビジョンの数を5に設定する場合の例です。
自信で好きな数に変更してください。

ファイルの編集を終えたら保存して、FileZillaに戻り、今度は逆に編集したファイル
を右側のpublic_htmlフォルダにドラッグ&ドロップし上書き保存します。

これで、リビジョンの数は5に設定されます。

まとめ

wordpressの便利な機能リビジョンの数を変更(削除)する方法でした。

記事数の多い方はぜひトライしてみて下さい。

注意

この変更には、wordpressの重要なファイルを編集する必要があります。
ファイルのバックアップを忘れずに、あくまで自己責任で作業してください。

おじさんは、過去のリビジョンを削除するのにプラグイン 「Optimize Database
after Deleting Revisions 」を利用し、リビジョンを削除した後は、このプラグイン
を無効にしその後、リビジョンの回数を手動で制限しています。

け~さん
け~さん

できるだけプラグインは使いたくない方は、この方法が
いいかなと思いますよ。

今回は以上です。

細かいことですが、無駄なものはドンドン削除しましょう。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました