Google IMEで簡単記号入力(よく使う記号のショートカットの作り方)

パソコン

こんにちは

Windowsには標準でMicrosoft IME日本語入力が付属してます。
使ってる人も多いと思いますが、機能に不満のある方は、Google IMEを
一度試してみては?

簡単にGoogle IMEの特徴と、メリットなどを紹介します。

▼Google IMEの特徴

  • 固有名詞を入力しやすい
  • 間違った入力をすると正しい表記の候補を提示してくれる
  • 日付の入力がしやすい
  • 数式の計算結果を変換候補で提示してくれる

▼Google IMEのメリットは

  • ショートカットキーが豊富
  • ひらがなで入力しても英単語やカタカナの候補を示してくれる
  • 郵便番号のみでも住所候補を提示
  • 顔文字が豊富
  • 2進数や16進数にも対応している

*以上は、@DIMEさんより引用させていただきました。Google IMEについて詳しくは下記を
参照してください。

おじさんが実際に使ってみて便利だと感じたのは、

  • 記号入力が簡単にできること
  • 好きな記号をショートカットキーとして登録できる

ことです。

そこで今回は、Google IMEの記号入力の方法と、好みの記号をショートカットキー
で呼び出す設定について紹介します。

スポンサーリンク

Z+〇キーで記号入力できる

記号入力する際、Microsoft IMEでは「きごう」とタイプして、現れた候補
の中から選択するか、ユーザー辞書に登録しておくことで入力します。

ですが、Google IMEではあらかじめ記号にショートカットキーが割り当てられていて
簡単に記号を呼び出せるようになってます。

ショートカットキーはZキーと任意のローマ字等との組み合わせです。

ただし、「A」、「I」、「U」、「E」、「O」は使いません。

はるこ
はるこ

ZA、ZI、ZU、ZE、ZOはひらがなの「ざじずぜぞ」とかぶるので
使うと紛らわしいから。

ここでZキー+ローマ字などで呼び出せる代表的な記号の一覧を紹介します。

Zキー表示される記号記号の名前
H左矢印
J下矢印
K上矢印
L右矢印
,(ピリオド)..2点リーダー
.(カンマ)3点リーダー
(ハイフン)チルダ
+[(ブラケット左)二重かぎかっこ左
+](ブラケット右)二重かぎかっこ右

Zキーとの組み合わせは以上です。他にもローマ字キーの組み合わせはたくさん
あります。すべての一覧を見るには、タスクトレイの「あ」「A」マークアイコン
を右クリック、

プルダウンメニューのプロパティをクリックし、
プロパティ画面の「キー設定」にあるローマ字テーブルの編集をクリック

すると、使用できるローマ字の組み合わせ一覧が確認できます。

独自の記号を登録する方法

Google IMEに予め登録されている記号は、前述の9種類ですが自分がよく使う
記号も新たに登録することができます。

先程の「ローマ字テーブル設定」画面の左下にある編集ボタンをクリック

メニューの中の「新しいエントリー」をクリックするとローマ字テーブルの一番下に
空欄ができますので、そこに新たにローマ字のショートカットを設定します。

例として、①の入力欄*注にzy、②の出力欄に▼をいれOKボタンを押し、
プロパティ画面に戻ったら適用をクリックして完了。

*注 入力欄は半角英数字、出力欄はひらがな入力で行ってください。

確認のためにエディタを開き、ひらがな入力でzyと押してみてください。

zyの入力だけで記号が表示されない場合は、スペースキーを押すと表示されます。

はるこ
はるこ

いかがですか?はじめの登録作業は少し面倒ですが、ローマ字の
組み合わせさえ覚えておけば後は楽ちんですね。

注意

テーブルに登録した記号を呼び出すときは、ひらがな入力でしかうまくいきません。
半角英数字で入力しても記号に変換できませんよ。

まとめ

今回はGoogle IMEで記号を入力する方法と、自分好みの記号を登録して
ショートカットキーとして簡単に入力する方法について説明しました。

はるこ
はるこ

上手に使えば記事の作成も時短できるんじゃないかな。

この機会にGoogle IMEをぜひお試しください。

少し補足しておきますが、ローマ字テーブルでは出力欄にhtmlやcssの登録
をしてもうまくいきませんでした。ひらがなにしか対応できないようです。

この記事がどなたかのお役に立てればうれしいです。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました