ディスクトップ通知に頻繁に出るMcAfeeの偽警告を退治する

パソコン

こんにちは

先日からデスクトップの通知に頻繁に次のような警告めいたものが
出てくるようになりました。

パソコンにはMcafeeのセキュリティソフトなどインストールしていません。

け~さん
け~さん

閉じるを押しても、数分おきに何度も出るので、うっとうしくなり
試しに通知をクリックしてみました。

すると、

このようなサイトにアクセスしました。

け~さん
け~さん

経験上、少し怪しげなサイトはアドレスを確認するように
しています。

それでアドレスを確認すると、明らかにMcAfeeのものではありません。

いつから、なぜこのような通知が出るようになったのか原因はハッキリわかりません。

はるこ
はるこ

サードパーティのソフトをインストールしたり、ウエブアプリを利用
するためにアカウントを作成したりした後、このような現象が
起こることがあるわ。

先程のサイトは明らかに偽物なので、スキャンボタンを押さずにすぐに閉じました。

でも通知はストップしません。

はるこ
はるこ

スキャンを押すとおそらくセキュリティソフトの購入に
誘導されるんだと思います。

このままでは気持ち悪いので、通知を出なくするように設定しました。

今回はこのような偽の誘導通知を出さなくする方法を説明します。

偽の通知を出さなくする方法

ここではブラウザでChromeを使用してる場合の説明になります。

まず。ブラウザ右上の縦3連ドットをクリックし、プルダウンメニューから
「設定」を選択、

設定画面が開いたら、左側のメニューから「セキュリティとプライバシー」をクリック

「セキュリティとプライバシー」の中から「サイトの設定」をクリック、

「サイトの設定」の中の「通知」をクリック、

「通知」画面を下の方にスクロールすると、「通知の送信を許可するサイト」のところに
サイトのURL 一覧がありますので、怪しげな身に覚えのないURLを削除します。

削除は上図のように、対象のURLの右端にある縦3連ドットをクリックしたら、
削除項目が出ますので、そこをクリックすればOKです。

これで迷惑な偽通知は出なくなります。

はるこ
はるこ

通知URLの選択に不安がある場合は、一度ブロックを選択してみて
問題がなければ、再度削除すればいいと思います。

まとめ

インターネット上には昔から、悪意のあるサイトやソフトなどが蔓延しています。

何気なくアクセスしたサイトやインストールしたプログラムにもウィルスや
マルウェアなどが潜んでいる可能性があります。

WindowsにもDefenderなどのセキュリティ機能は用意されていますが、
市販のセキュリティソフトを使って強化するのも有効な手段です。

マカフィー・ストアウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップノートンストア

ただ、最終的にはユーザーの自己防衛しかありません。

怪しいサイトには近づかない。

あ怪しいソフトはインストールしない。

よう日頃から気をつけましょう。

今回は以上です。

それでは

最新お役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました