ブログが見られない!「データベースに接続できません。」エラーを解決した話

ブログトラブル

こんにちは

先日、自分のブログを開こうとしたら、見慣れないエラーメッセージが、

Error establishing a database connection

「データベースの接続を確認できません。」と言う事らしい。

け~さん
け~さん

初めて見るエラーメッセージにあたふたしました。

そこで、最近Xserverのファイルをチョコチョコ弄っていたことを思い出し、
それが原因かも?と考え、FTPソフト(FileZilla)で.htaccesswp-config.php
ファイルを確認しおかしな所(記述ミスなど)がないか探しまくってみました。

け~さん
け~さん

しかし、いくら探しても記述に問題は無さそうだし、wp-config-sample
.phpと比較しても違いが見つかりません。

こうなったらエラーメッセージをググってみるしかありません。

で、見つけたヒントが、

  1. MySQLデータベースのログイン認証に誤りがある。
  2. データベース自体の破損または異常
  3. Xserver側の不具合
  4. 不正なアクセスによる

おおよそ以上のような原因が考えられるという事でした。

中でも多いのが①のログイン認証におけるパスワードの記述ミス
だそうです。

②、③、④はおじさんの手に負えそうもないので、とりあえず①を
やってみます。

結論

先に結論だけ書いときます。
このエラーの原因はwp-config.phpファイルのMySQLホスト名が
間違っていたことでした。

スポンサーリンク

wp-config.phpファイルの確認

データベースのログイン認証は、wp-config.phpファイル内の記述を
参照して行われます。

wp-config.phpファイルを開く

まずは、FTPソフト(ここではFileZilla)でwp-config.phpを探します。

*FileZillaについて詳しくはこちら↓を参照してください

FileZillaでサーバーに接続したら、対象のドメイン(Ksanhonsan.com)⇒
Public_htmlフォルダの中にwp-config.phpファイルがあります。

念のために、このwp-config.phpファイルを自分のパソコンのドライブの
適当な場所にドラッグアンドドロップします。

次に、エクスプローラーを開き、コピーしたphpファイルをエディタ
(ここではサクラエディタ)で確認します。

注意

wp-config.phpファイルはwordpressの重要な構成ファイルです。
くれぐれも取り扱いは慎重に、サーバー上のファイルを直接開かずコピーを取る事。
またエディタにはメモ帳は使わず、サクラエディタなどのプログラミングエディタ
を使いましょう。

このwp-config.phpファイルの中の、「MySQL設定」にある

  • データベース名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • ホスト名

をXserverのサーバーパネルの情報と照らし合わせてみます。

Xserverのサーバーパネルで確認

Xserverのサーバーパネルにログインしたら、「wordpress簡単インストール」
から「インストール済みwordpress一覧」を開きます。

すると、右側に対象ドメインのMySQL情報が表示されているのが分かります。
ここでMySQLのデータベース名・ユーザー名・パスワードをメモしておきます。
ホスト名はわかりません。

け~さん
け~さん

実はこの時点で、データベースがMySQLからMariaDB
変わっていることに気づいてなかった。

ホスト名はサーバーパネルのMySQL設定で確認できるとGoogleさんに教わった
ので開いてみます。↓

け~さん
け~さん

おじさんは、この画面を見ても、データベースMySQLの情報は無い
、MySQLのホスト名が分からないと思い込んでました。

後で分かるんですが、この画面にきちんとホスト名も表示されていますね。

MariaDB10.5 ホスト名 localhost

と。

しかし、先のwp-config.phpを見てもMySQLホスト名のところに

mysq18****.xserver.jp

と記述されているので、サーバーパネルの中にMySQLホスト名(mysq***)がないか
必死で探しました。

でも結局見つけられません。

け~さん
け~さん

もうお手上げ状態。

はるこ
はるこ

当り前よ、無いんだから。

け~さん
け~さん

でも、phpファイル見てたらホスト名はMySQLのmysq***
だと思ってしまうよねぇ、皆さん。

ちなみにパスワードも新たに変更しなおしてみましたけど、
うまく行かなかった。

サポートに聞いてみる

結局自力では解決できないと判断し、Xserverのサポートに電話しました。

け~さん
け~さん

あのぉ、エラーが出てブログが見れないんですけど。

ここで、今出ているエラーメッセージや直近で行った作業についてオペレーター
にできるだけ詳しく説明しました。

オペレーター
オペレーター

なるほどですね。それでは一度データベースの復元を
試してみて下さい。

言われたとおりにデータベースの復元を試みます。

Xserverのサーバーパネルからデータベース⇒MySQL復元とたどり、復元できる
データベースの一覧の中から対象のデータベース名の右にある復元ボタンを
恐る恐るクリックします。

しばらくすると、復元正常完了の案内が出るので、ブログを表示してみると、

何も変わっていない(゚Д゚;)

もうすでにPM6時過ぎなのでサポートには明日また連絡することに。

結局ホスト名が変わっていたのが原因

サポートに電話した後も、どうにかならないかと必死でググっていました。

そしてあることに気が付きます。

そう言えばXserverのサーバーパネルのMySQL設定画面のところに
データベースバージョン MariaDB10.5と書いてたなぁ。

バージョンがMariaDB10.5て何?データベースはMySQLじゃないの?

と疑問に思い、「MySQL MariaDB」でググってみると、

Xserverのこんなページを見つけました。

2021年3月からデータベースはMySQL5.7からMariaDB10.5に変わる、
新サーバー簡単以降というサービスも開始する。

と書かれています。

け~さん
け~さん

知らなかった!おまけにおじさんは先日新サーバーに移行してた。

と言うことは、データベースのホスト名は「localhost」に変わっているんだ。

はるこ
はるこ

やっと気づいたわね。

そこで、再度FileZillaからwp-config.phpを編集しなおしました。

MySQLホスト名を「mysq****.jp」から「localhost」に訂正。

そしてブログにアクセスしてみると、

見事復活\(^o^)/

け~さん
け~さん

はぁ、やれやれ安心感とともに達成感。

まとめ

しかし、新サーバー移行後しばらくしてこのエラーが出現したということは
おそらくですが、直近にwp-config.phpファイルを弄っている時に
何かの拍子におじさんが、

phpファイルを以前のものに書き換えてしまった

ことが原因でしょう。

今回の一連のトラブルで改めて思いました。

  • wordpressの構成ファイルはむやみに触らない。
  • Xserverからの情報にも注意しておく
  • サポートだけに頼らない。

と言うことです。

困ったときはサポートが頼りですけど、あなたが行ったこと全てを
把握できるわけではない
と言うことも考えておいた方がいいです。

今回は以上です、

この記事がどなたかのお役に立てればうれしいです。

それでは

【Xserver】おすすめ度No.1サーバー

価格、性能、安定性すべてにおいてバラ
ンスの取れた利用者数No.1のサーバー。
唯一の欠点は初期費用だが、キャンペー
ンで無料のことも。

【Conoha Wing】おすすめ度No.1サーバー

価格に見合った高性能サーバー、ドメイン
無料の条件も一番やさしい。利用者満足度
もNo.1。

【ロリポップ】おすすめ度No.2サーバー

運用歴の長い格安レンタルサーバー。
以前はサイト表示の遅さが気になっていたが
ハイスピードプランを選べば問題なし。

【Mixhost】おすすめ度No.3サーバー

表示速度No.1のうたい文句は伊達じゃない。
WebサーバーLitespeedの速さは魅力的。
新進気鋭のクラウド型サーバー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました