不安解消!アドセンスの「クローラ:ページが見つかりません」に対処する

ブログトラブル

こんにちは

先日Google Adsenseを見ていたら、

「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります。」

と、ページの上部に警告が表示されていました。

け~さん
け~さん

収益の損失?これは大変だ。

冷静な嫁
冷静な嫁

心配するほどの収益ですか?

け~さん
け~さん

いや、少ないからこそ失いたくない。

と言う訳で、早速アドセンスのクローラエラーを解消すべく立ち上がりました。

今回はその時の備忘録です。

これで解決

クローラエラーの原因は様々ですが、今回の私のケースでは、アドセンスがプレビュー記事をクロールしていることによるものでした。なので下書きの記事を公開すればエラーは出なくなりますし、エラーを無視しても問題ないかと。

スポンサーリンク

ページが見つからないエラーの原因

そもそもAdsenseクローラとは、

クローラは、ウェブページのコンテンツの解析とインデックス登録に使用されるソフトウェアで、スパイダーまたはボットとも呼ばれます。AdSense クローラは、関連性の高い広告を配信するため、サイトにアクセスしてコンテンツを分析します。

by Adsenseヘルプ

と言う事らしい。

け~さん
け~さん

ブログに関連性の高い広告を出して、アドセンス収益をバックアップ
してくれるありがたいシステムだ。

そんなAdsenseクローラから、エラーと判断されるの原因は何でしょうか?

少し調べてみると、代表的なのは

  • 存在していないページをクロールしている。
  • サーバーのキャッシュ。
  • リダイレクトを多用している。

などです。

まずはあなたのブログに起こっているエラーの原因を探ってみましょう。

Adsenseのページでエラーの原因を探る

Adsenseのページにログインし、「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります。」と書かれた警告文の右にある「操作」をクリック、

すると、ポリシーセンターに移動します。

上のポリシーセンターの画面をよく見ると、エラーのページは1で、要修正は0になってます。と言う事は修正しなくても問題ないと判断できます。

試しに下段の矢印がさしているエラーページのURLをクリックすると、

404エラーが返されました。

はるこ
はるこ

記事は存在しないんだから当たり前よね。

エラーページのURLは次のようになってます。

https://ksanhonsan.com/?p=8654&preview=true

これは、記事を下書きしてプレビュー表示したときのアドレスですね。
p=8654は記事のIDです。

け~さん
け~さん

クローラがたまたまプレビュー記事をクロールしてしまったようだから、
気にしなくても大丈夫かと。

以上のようにして、エラーの原因を特定していきます。

また、Adsenseヘルプのページも参考になりますので、一度目を通してください。

それでは、次にエラー別に対処方法を見ていきましょう。

対処方法

エラーが出ないようにするにはどのようにすればいいんでしょうか。

存在していないページのクロールが原因

これは、最近削除した記事やプレビュー表示した記事をクロールしたことによりエラーが発生するようです。

今回の私のエラーの原因はこれでした。

はるこ
はるこ

このエラーの対処方法は、「無視」。

け~さん
け~さん

ほとんどの場合、時間が解決してくれます。ほっといても
問題ありません。

また、Googleさんによると、

クローラでエラーが出ていても、広告が表示されてその広告がクリックされれば、その分が反映されないということはありません。404エラーは古いサイトマップに削除されたURLが記載されている場合に起こるエラーであり、Webサイトの評価に関して心配は少ないでしょう。

by Adsenseヘルプ

と言う事なのであまり心配ないかと。

ちなみに404エラーページやプレビューページにAdsense広告を表示させない設定もできるようです。こんなエラー二度と見たくないという方は以下に詳しく解説されています。

はるこ
はるこ

少し難易度が高そうだから、自己責任でね。

サーバーのキャッシュが原因

プラグインを更新したばかりの時など、クローラがサーバーのキャッシュから古いサイトデータをクロールするとエラーが出ることがあります。

そんな時は、お使いのサーバーからキャッシュを削除してみましょう。

Xserverの場合で説明します。

Xserverのサーバーパネルにログインし、高速化から「サーバーキャッシュ設定」を選択、

サーバーキャッシュ設定画面のキャッシュ削除タブを選んで、設定対象ドメインを確認したら、削除するボタンを押して完了。

これでクロールエラーが出るか確認してください。

▼トラブルの少ない安定高速Xserverはこちら、

リダイレクトを多用している場合

ブログ内でリダイレクトをたくさん設定している場合もクロールエラーの原因になるようです。

サイトで複数のリダイレクトを使用している場合、リダイレクトの過程で広告クローラに問題が発生する可能性があります。たとえば複数のリダイレクトが実装されている場合に、中間のリダイレクトが失敗したり、リダイレクト中に Cookie などの重要なパラメータが失われたりすると、クロールの品質が低下する可能性があります。

by Adsenseヘルプ

と言う事なので、リダイレクトはできる限り必要最小限に抑え、不要なリダイレクトは
解除しましょう。

け~さん
け~さん

ブログの記事を別のサイトに移動したときなど、SEOを意識してリダイレクトを設定するけど、移動から1~2か月後にはもうリダイレクトも必要ないかな。

まとめ

Adsense画面を見て、「収益の損失が発生する」なんて言われたら焦りますよね、

でも原因を確認し正しく対処すればさほど心配いらないことがほとんどかと思います。

もしAdsenseさんに「クロールエラーが出た」と言われたら参考にしてみてください。

今回は以上です。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました