中国大連旅行で気を付けたいこと②スマホ、wifiを安心して使うには。

海外旅行の基礎知識

こんにちは

前回は中国大連の快適な旅行に必ず必要なお金の準備について
お話ししました。

今回は、海外でも必ず利用する携帯電話(スマートフォン)と
wifiについて事前に知っておきたいことや、準備しておくこと
などについてお話しします。

スポンサーリンク

気になるスマホの通話料金

中国大連に旅行しても、携帯電話で連絡をする機会はたくさんあると思います。
そんな時ぜひ気にしておいて欲しいのが通話料金です。

通話料金はかけ方によってそれぞれ違います。
ドコモ、AU、ソフトバンクでそれぞれのケースによる料金の違い
を比較してみます。

携帯会社大連から日本へ日本から大連へ大連で同行者と通話着信料金(相手側)
ドコモ175円8:00~19:00までは114円
19:00~8:00までは98円
75円145円
AU175円110円70円145円
ソフトバンク195円198円70円165円
注:着信料金というのは、大連に旅行した日本人同士が日本の携帯で
通話するとき電話をかけた相手にかかってくる料金です。

上の比較表は1分間のスマホ同士の通話料金です。
ドコモとAUにはさほど差は見られませんが、ソフトバンクは
結構高いですねぇ。

また注意してほしいのが、大連で日本の旅行者同士が日本の携帯同士
で電話するときです。
かける側は70円ですが、着信する相手側にも
145円の着信料金が発生してしまいます。

大連に旅行していても、ついつい日本にいる時の感覚で電話連絡して
しまいがちです。相手側にも結構な負担になりますので、気を付けて
くださいね。長電話は禁物ですよ。

昭平令
昭平令

うちの嫁さんも話が長い。

冷静な嫁
冷静な嫁

いいじゃないの、電話料金払うのはあんただから。

あいや~
あいや~

中国の女性は厳しいあるよ。

参考に、一般固定電話で中国にかけるならNTTの
プラチナライン世界割(登録無料)を利用すると
1分間29円と、とてもお得に通話できますよ。
参照先NTTコミュニケーションズ

Wechat(微信)を使おう。

上記で説明したように通常のスマホの通話料金はかなり
高額になります。そこで、Lineの中国版であるWechat
利用をおすすめします。
(Lineはほとんどの方が利用されていますが、中国ではVPNを利用しないと使えません。)

VPNとは 簡単に言うとあなたのネット通信を悪意のある
攻撃(個人情報の盗難、偽装サイトへの誘導など)から保護
するシステムのことです。中国でインターネットを利用するとき
中国政府のインターネット閲覧システムを回避できる。

Wechatの日本語版のアプリは、IOSでもアンドロイドでも
簡単にインストールできて利用可能です。
Wifi環境さえあれば、無料で通話できます。

ただ、ネット回線を使用した通話ですので、繋がりにくくなったり
途中で回線が途切れたりする事がよくあります。私が中国の嫁と
Wechatで通話していると、時間がたつにつれ会話が途切れ途切れ
になり結局通常の電話で掛けなおすことがよくありました。

気を付けてほしいパケット料金

Wechat通話は無料と言いましたが、Wifiが使える環境でのことで、
厳密に言うと、Wechat通話もスマホのデータ通信で行うとパケット料金
かかります。

Wechat通話のデータ通信量はおよそ、

通常の通話の場合 1分0.3MB
テレビ電話の場合 1分5.1MB

ほどです。

1GBあれば

通話で約55.5時間、
ビデオで約3.25時間

利用できる計算です。
(個人的には1か月にこれだけ通話できれば十分ですけどね。)

あなたのスマホの利用可能なパケット使用量の上限を超えなければ
追加料金が発生することはありませんが、ビデオでだらだらと
話をしていると思わぬ出費になることがあります。

以前は1MB=2,000円などという時代もありました。
私も知らずにたった3泊の旅行で帰国後2万円超の利用料を
支払ったことがあります。

今は海外パケ放題で契約しているならさほど気にしなくてもいいですが、
それでも一日0~25MBまでなら1,980円、25MB 以上利用すると
一日2,980円になります。

これは携帯大手3社大体同じ料金設定です。

しかしながら、この海外パケ放題の料金設定おかしくないですか?
一日25MBなんかちょと地図の検索してたりしたらすぐに使い切ってしまう
量です。使用量25MBまでは一日1,980円ですよと言って割安感を
アピールしているだけのような気がします。

パケット量を気にしたくないならWifiルーター

Wechatを利用するとき、近くに無料のWifiスポットがあれば
安心していくらでも通話が可能です。

日本では比較的快適に無料のWifiが利用できたりしますが、
大連では、ホテルのWifiなど使い物になりませんでした。
接続も不安定ですし、つながっても遅い。

昔のダイヤルアップ接続ですか?というくらいデータの
表示が遅いです。

ですから快適に安心してネット(Wechatや、ウェブ閲覧)を利用
するにはWifiルーターの利用をおすすめします。

持ってると便利おすすめWifiルーター

私の一番のおすすめは、実際に使用している「どんなときもwifi」です。

国内でパケット使用量無制限で1か月税抜き3,480円です。
中国で使用する場合でも、そのまま何も手続することなく、
一日1280円の追加料金で利用できます。

注意 海外利用の場合、1日1GBまでは高速通信が利用できますが、
1GBを超えると384kbpsの低速通信になります。

しかも、盗難・紛失保証付きですから安心ですよ。
「どんなときもwifi」については、私の別サイトでも詳しく
紹介していますのでよろしければ参照してください。

「どんなときもwifi」の詳細を見る

ただ、「どんなときもwifi」ではVPNが使えません。LineやGoogleも
使えませんが、その代わりにWechat百度(Baidu)アプリで十分代用できます。
そのほかのレンタルwifiルーター

海外旅行の時だけレンタルできるWifiルーターもたくさんありますが、
どれがお得なのでしょうか?

【今安さで話題のWI-Ho】

1日1GB で333円となってますが、実際に申し込んでみると
オプションであんしん保証+宅配往復にすると4日間で3,202円
一日あたり800円ほどになります。

これに中国VPNというオプションを付けると、3,852円
一日あたり963円になります。

Wi-Hoを見てみる

【グローバルwifi】

グローバルwifiには宅配はありません、主要空港での受け渡しになります。
関空で受け渡し、オプションで安心補償ライトを選択、一日1.1GB
LineやGoogleが使えるプランで4日間利用すると4,480円、
一日あたり1,120円になります。

【イモトのwifi】

イモトのwifiは宅配してもらえます。(返品の配送料金は自己負担)
宅配利用、一日1GB中国プレミアム回線(LineやGoogleが使える。)
オプションの安心フルパックプラン付きで4日間4,440円、
一日あたり1,110円になります。

イモトのwifiを見てみる

【グローバルモバイル チャイナデータ】

チャイナデータは宅配が往復無料です。
データ使用量無制限のスーパーチャイナデータプランで安心保障プレミアム
を追加し、4日間5,520円、
一日あたり1,380円になります。

チャイナデータを見てみる。

結局どのルーターがおすすめなの?

これはあなたのお住まいによってもおすすめできるルーターが異なります。

①首都圏にお住まいの方なら、

Wi-Ho、グローバルWifi、イモトのwifi

②地方の方なら、

Wi-Ho、イモトのwifi

③利用量をきにしたくないなら

グローバルモバイルチャイナデータ

④日本でも「どんなときもwifi」をお使いなら

どんなときもwifiの海外利用

がおすすめです。

まとめ

今は海外旅行においても、お金とパスポートの次に大事なのは、
スマートフォンです。

もはや日常生活に切りはなせない必需品になっています。

ですから海外旅行の時でも安心して、その上お得に利用できたら
旅行の楽しさも倍増するでしょう。

今回は、そんなスマホの海外利用についてお話ししました。
もしあなたが中国大連に旅行する際には参考にしてみてください。

それでは楽しい旅行を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました