中国渡航情報①2020年11月8日より渡航条件さらにが厳しくなる

海外旅行の基礎知識

こんにちは

2回にわたって中国への渡航情報等をお届けしましたが、
先日(2020年11月2日)「たびレジ」よりメールが届きました。

これは駐日中国大使館の発表です。

それによると中国へ渡航する場合

搭乗前2日以内(検体採取日から起算)の
新型コロナウイルスPCR検査陰性証明と
血清IgM抗体検査陰性証明

が搭乗手続きに必要となりました。

昭平令
昭平令

10月より条件が厳しくなったぞ。

冷静な嫁
冷静な嫁

いつになったら中国へ帰れるの?

スポンサーリンク

厳しくなった渡航条件

つい先日まではPCR検査の陰性証明書は搭乗前三日以内のもの
という条件でした。

それが2020年11月8日以降は、

搭乗前二日以内のもの

と短くなり、さらに検体採取日から起算するという条件が
加わりました。

現実的には無理な条件

10月までは、5日前に医療機関で検査を受け、3日前に陰性証明書
を受け取り搭乗するパターンでした。これならまだ日程的に少し
余裕が持てましたが、

2日前にPCR検査を受け次の日に証明書を受け取り2日後には
搭乗手続きをするなんて、

時間的な余裕が無さすぎる!

当然駐日中国大使館指定の医療機関で検査を受けなければ
なりませんが、検査から陰性証明書発行まで2~3日かかる
医療機関がほとんどでした。

検査して次に日に陰性証明書を発行してくれるような医療機関は
限定されてしまいます。大阪の場合1~2日以内に発行してくれる
指定医療機関は8か所の内2か所だけです。

(駐日中国大使館の指定医療機関はこちらで確認できます。)

1~2日以内となってますから、確実に1日で証明書を受け取れる
とは限りませんし、もし2日かかったらそれまでに費やした経費や
時間がすべて無駄になります。

昭平令
昭平令

そんなバクチみたいなことできる?

冷静な嫁
冷静な嫁

そうね、現実的には無理じゃないの。

さらに証明書がもう一つ追加になった

10月まではPCR検査の陰性証明書だけでしたが、さらに

血清IgM抗体検査陰性証明

なるものも必要となりました。

これは、以前に新型コロナウィルスに感染したことがあるかどうか
が分かる検査のようです。

私は医療に関してあまり詳しくわないので、確実なことは言えませんが
どうやら新型コロナウィルスに感染した後、完治したと思っても
短い期間だとこの抗体検査で陽性反応が出ることがあるらしいです。

つまり

前歴のある人は入国拒否

ということですかねぇ。

まとめ

日本国内でも2次感染が減ったかと思えば北海道や大阪で
急に増えたり、全く予想のつかない状態です。

こんな現状を見て中国も対策を強化してきたのでしょう。

昭平令
昭平令

「しばらくは来ないで。」と言っているようなものだ。

冷静な嫁
冷静な嫁

はぁ、春節には帰りたい。

新型コロナ感染の状況によっては今後もいつ水際対策が
変化するか全くわかりません。

私もこのメールを期に、中国渡航の新たな情報をその都度
「中国渡航情報」としてお知らせしていこうと思います。

私の嫁同様、中国へ帰りたい人に少しでもお役に立てれば
と思います。

最後に、ぜひ最新の渡航情報を知らせてくれる「たびレジ」
ご利用をおすすめしておきます。

「たびレジ」登録はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました