プラグインを使ったwordpressバージョンのダウングレード

ブログ関連

こんにちは

wordpressのバージョンアップ、普段は深く考えず、取りあえず
任せとけば間違いないかと、気にも留めないんですけどこの
バージョンアップが、まれに不具合を引き起こすことがあります。

そんな時に不具合解消のために覚えておくと便利なのが、
ダウングレードです。ダウングレードとは、最新のバージョンから
古いバージョンに戻すことです。

 

今回はいざという時に役立つwordpressバージョンの
ダウングレードの方法を書いてみます。

スポンサーリンク

ダウングレードの方法は2種類

wordpressバージョンをダウングレードする方法は、2種類あります。

FTPソフトを使って手動でする。

プラグインを利用する。

ですが、FTPソフトを使って行うのは結構ハードルが高い
ですし、サーバーのファイルの扱いに慣れていないと、少しのミスで
取り返しのつかない事にもなりかねません。

昭平令
昭平令

サーバーの重要なファイルの操作だから慎重に。

師匠
師匠

操作ミスでブログが消えてしまう可能性もある。

作業的にも、FTPソフトの扱い方を覚えたり、ファイルのバックアップ
の必要性も出てきますから初めての方には大変です。

ですのでここは、比較的簡単で間違いのないプラグインを使った
方法を紹介します。

FTPソフトを使ったダウングレードは、難易度は高いのですがもし
wordpressバージョンアップによりダッシュボードにさえアクセスできない
場合などには、とても有効な手段ですのでまた別の機会に書いてみます。

プラグインでダウングレードする

wordpressのバージョンをダウングレードできるプラグインは
「WP Downgrade Specific Core Version」です。

このプラグインは結構あちこちで紹介されていますし、ダウングレード
用としてはほぼこれ一択の状態です。

「WP Downgrade Specific Core Version」のインストール

wordpressのダッシュボード⇒プラグインから新規追加をクリック、

赤枠の検索ボックスに「wp downgrade」と入力すると↓

一番上に出てきますから、今すぐインストールをクリックし、インストール
が終わったら有効化をクリックして完了です。

「WP Downgrade Specific Core Version」の設定

プラグインを有効化したらダッシュボードの「設定」⇒「WP downgrade」
を選択↓

赤枠のボックスに変更したいwordpressのバージョンナンバーを
記入し、変更を保存をクリック。

ダウングレードするバージョンについて、あまりかけ離れた古いバージョン
を選択すると変更前よりもさらに不具合が多く発生しかねませんので
できるだけ直近のバージョンを選ぶようにしましょう。

すると上図のような画面が出ますので、下のUP-Downgrade Coreボタンを
クリックすると

wordpressの更新画面が出てきます。そこで変更するバージョンNoに
間違いがなければ再インストールをクリックして完了です。

しばらく(1分くらい)すると

「ようこそ」の画面が現れ、正常にダウングレードできたことが
確認できます。

昭平令
昭平令

ダウングレードしてもようこそと歓迎してくれる。

冷静な嫁
冷静な嫁

機械的なだけよ

お疲れ様でした。

ダウングレードが無事終了してもいちようサイトを表示してみて
おかしなところがないか、確認はしておいてください。
ダウングレードによって不具合が生じた場合は、同じプラグインにて
同様の手順で元のバージョンに復帰できます。

まとめ

実際にプラグインを使ってダウングレードしてみると、

意外なほど簡単でした。

プラグイン「WP Downgrade Specific Core Version」が
優秀だからかなぁ。

実は別記事にも書きましたけど、wordpressバージョンアップにより
先日不具合が発生し、パーマリンクの変更をするか、ダウングレード
するか
迷って、結果パーマリンクを変更したんですけど、これが
結構大変でした。

ダウングレードがこんなに簡単にできるなら、こちらを選択したら
良かったと、少し後悔してます。

ただ、ダウングレードは本来必要な時のみ行うもので、バージョンは
できる限り最新のものを使いましょう。またここで紹介した方法により
不具合が生じても責任は負えません、自己責任でトライしてください。

必要に迫られてwordpressのダウングレードをお考えの方に
少しでも参考になればうれしいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました