アマゾンで返品、サポートは素晴らしいけどサイトは分かりにくい。

お役立ち情報

こんにちは

みなさん、ネットでの買い物は何を利用してますか?

私はAmazonとヤフオクがほとんどです。
たまに楽天も利用してますが。

先日Amazonで購入した商品を返品した時のこと、
返品は今回が初めてではないけど、少しトラブったので
その時の経験をお話しします。

Amazonを利用している方に少しでも参考になれば
うれしいです。

スポンサーリンク

Amazonの返品の仕方

Amazonで商品を購入したけど、想像したものとはかけ離れた
商品だったり、購入直後不要となったり、初期不良などがあれば
返品を行うことがあります。

返品をするには

まずサイトにログインしてください。

ログインしたら黄色矢印の注文履歴をクリック、↓

 

すると、過去に購入した商品の一覧が現れます。
その中で返品できる商品は、上図の赤丸のように商品の返品
タグが付いてます。

お姉さん
お姉さん

返品できない商品はこのタグが表示されません。

そこで、返品したい場合はそのタグをクリックして返品のて続きに
入ります。

その前に返品・交換の条件をいちよう確認しておきましょう。

返品できる条件

購入した商品は、返品できるといってもやはり条件があります。
詳しい返品交換の条件を見るには、

ログインページの左上隅の三本線をクリックし↓

ヘルプを選択↓

ヘルプ&カスタマーの中の返品・交換をクリック↓

よくある質問の中の「こちらのヘルプページ」の部分をクリック↓

すると、返品・交換に関する条件が細かく記載されています。

昭平令
昭平令

返品・交換の条件を探すのも大変だ。

冷静な嫁
冷静な嫁

そうね、少しわかりにくいわねぇ。

【簡単に要約すると】

  1. 返品・交換は30日以内に行う。
  2. 原則、未使用未開封は100%、その他は50%の返金。
  3. 返送料はAmazon商品の場合着払い、その他は元払いが多い。
  4. 商品詳細ページに返品できない記載があるものはダメ。
  5. 代引きや携帯決済(D払いなど)で購入した商品はダメ。
  6. 後は、常識の範囲内で判断してください。

*この条件は2020年10月11日時点のものです。

ただ、私の経験上②は開封済みでも100%返金されましたし、
⑤のD払いでも返金対応してくれました。
ですから条件はケースバイケースで柔軟に対応しているよう
ですし、改訂されたりしていることもあります。

その他の細かい条件は、下記のヘルプページを参照&確認
してください。

 


返品の手順

以上の返品・交換条件を参考に商品の返品をクリックすると、

 

返品する商品を確認しチェックする。
返品理由を聞かれますので、該当するものを選択し
下のコメント欄に返品理由を正直に書き込みます。

 

次へをクリック、返金か返品の選択し、返送方法(配送業者、
着払い・元払いなど)を選んだ後、返送用ラベルを印刷します。

Amazonの商品ならばほとんど着払いでOKですが、
マーケットプレイスの場合は元払いが多いです。

 

印刷するとこのようなラベルが2枚出来上がります。↓

続いて返送する商品を梱包します。

梱包する箱には先ほど印刷した返送先を記載したラベルを
貼り付け、もう一枚のバーコードの紙は箱の中へ入れます。
梱包はできるだけ丁寧に、商品を受け取った状態に近いほうが
相手も気持ちいいでしょう。

私はほとんどゆうパックで持ち込み返送してました。

返送が終わると、Amazon(あるいはマーケットプレイス)より
受け取りの連絡がありほとんど1週間以内に返金されていました。

マーケットプレイス商品の場合は注意が必要

出品がAmazonの場合はほとんど問題なくスムースに返金まで
完了しますが、出品がAmazonマーケットプレイス(海外)の場合
少し注意が必要ですよ。

【注意点】

  1. 返送料金は元払いが多い。
  2. 海外の場合、送料が高額になる。
  3. 返送から完了まで時間がかかる。

販売元(マーケットプレイス)が中国だった話

私が返品した商品の中には、販売元(マーケットプレイス)が中国
のものがありました。

8000円位の靴でしたが、送料がEMSで1400円もします。
もちろん元払いだけど、サイズ感や質感がイメージとは違ったので
仕方なく返品しました。

返送を終えたのが8月25日、販売元からの連絡を待ってましたが、
一月過ぎても音沙汰なし。

Amazonにメールで問い合わせ

しびれを切らしてAmazonにメールで問い合わせすることに。

しかし、この問い合わせが方法が

非常にわかりにくい!

まずAmazonのホームページからは問い合わせ先が見つけられません
でした。で、googleさんで調べたらようやく分かりました。

Amazonに簡単にメールで問い合わせできるサイトURLがこちら↓

 

しかし、一週間ほどしてもAmazonからも販売元からも
音沙汰なし。

Amazonに電話で問い合わせ

またまたしびれが切れたので今度はAmazonへ直接電話します。

このカスタマーサポートへの電話も

非常に分かりにくい!

再びググってやっと見つけたのがこちら↓

上記にアクセスしてようやくみつけました。↓

で、Amazonから電話しますをクリックし↓

問い合わせ内容を選択していくと↓

下の方に電話のタグが見つかりました。
電話はこちら(私)の番号を知らせて、Amazonから掛かってくるよう
なシステムです。

一分ほどで電話がありました。

オペレーター
オペレーター

メッセージは確認いただけましたか?

昭平令
昭平令

へ?メッセージてなんですか?メールは常にチェックしてますけど。

オペレーター
オペレーター

ホームページからご確認いただけます。ご案内します。

お姉さんの案内でメッセージなるものを確認します。

 

まずホームページの左上の三本線をクリック↓

プルダウンメニューからアカウントサービスを選択↓

すると↓

「メッセージセンター」という項目があるのでクリック↓

するとAmazonや販売元からのメッセージの一覧が現れました。

昭平令
昭平令

おじさんはこんなメッセージがあるなんて知らなかったよ。

今まで、Amazonの買い物のやり取りはアカウントに登録した
メールアドレスでしか確認してませんでした。

 

オペレーター
オペレーター

メッセージを確認できましたら、販売元の指示に従ってください。

メッセージを確認すると確かに販売元から連絡が届いてます。

9月25日に販売元から「返送した商品の荷物番号を知らせろ。」
とあったので、すぐに返信。

すると2日後には返金されてました。

めでたしめでたし。

喜んでる場合か?

昭平令
昭平令

もしおじさんがメールしてなかったら、どうなってたことか。

南中華
南中華

私の国ではよくある事ある。

私がAmazonにメールしたのが9月25日ですから販売元の業者は
すぐに私宛にメッセージを送ってきたようです。Amazonに催促
されてようやく対応したような感じ。

まとめ

Amazonは返品・交換にもスムースに対応してもらえるので
安心して買い物ができます。

ただ、購入した商品の販売元(発送元)が海外の場合、ある程度
時間がかかるし、返送料も高額になることがあるので注意が
必要です。

また、Amazonの電話サポートはとても親切で分かりやすい。

しかし、今回の私のように問題があった場合サポートまで
たどり着くのにとても分かりにくくなってます。

Amazonへのお願い。

サポートへのメールや電話連絡

分かりやすくして!

もう一つ、みなさんにも気を付けてもらいたいのは、
Amazonからの連絡は登録メールアドレスにだけでなく

メッセージセンターにもある。

ということです。

Amazon商品の購入連絡等はアカウント登録のメールアドレスに
すべて届くものと思い込んでましたが、上述のメッセージセンター
にしか届いてない連絡事項もありますので注意してください。

いかがですか、少しはお役に立てたでしょうか?
Amazonはとても便利で安心して利用できるネット通販ですが
トラブルの際の対処法についてもある程度知っておいた方が
良いのではないでしょうか。

今回は以上です。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました