hostsファイルとは?(サーバー移行時のサイト公開前に使いたい。)

wordpress編

こんにちは

先日、Xseverで新サーバー移行を行った際、hostsファイルをいじる
機会があったので、ついでに詳しく調べてみました。

この記事は、

  • そもそもhostsファイルとは?
  • hostsファイルはどこにある?
  • hostsファイルを使うケース

などの疑問を持っている方に向けて、書いています。

スポンサーリンク

hostsファイルとは?

簡単に言うと、

IPアドレスとドメインを関連付ける、プライベートDNSのようなもの

まずDNSとは?

通常、wordpressでブログを書く場合、記事を保管するサーバーを用意しなけれ
ばなりません

そのサーバーには、DNS(ドメイン・ネーム・システム)が用意されています。

DNSは、サイトごとに割り当てられた固有のIPアドレスを、ドメインネームに
変換したり、またその逆の作業を行います。

け~さん
け~さん

IPアドレスとは、サイトの住所のようなもので、
123.456.78.90のような数字で表されます。

はるこ
はるこ

そのIPアドレスを分かりやすく、ksanhonsan.comのような
ドメインネームに変換してくれるのがDNS.

このDNSは、世界中どこからでも、どんなディバイスからでもアクセスでき、
先ほどの変換の仕事をこなしてくれます。

対して、hostaファイルは

私が利用しているXseverなどのDNSは、いわばグローバルDNSのようなもの。

対してhostsファイルは、設定したパソコンだけにしか適用されない、
プライベートDNSと言えます。

hostsファイルはどこにある?

hostsファイルは、Windows10の場合、

C:\Windows\System32\drivers\etc

にあります。

hostsファイルの編集が必要なケース

普段はまず触ることのないファイルですが、

hostsファイルを編集するケース
  • サーバー移行時のサイト公開前確認
  • wordpressの動作を確認
  • 公開前にサイトの修正

上記のような場合にhostsファイルを編集します。

ただ、個人ブログの場合は、サーバー移行時にサイト公開前の確認をしたい
ケースで利用されることがほとんどです。

企業のサイトの場合、wordpressの動作確認やサイトの修正を行う
時、数時間とはいえサイトが閲覧できない状態になってしまい、
サイトを訪れたユーザーを取り逃がしてしまう可能性を少しでも
回避する必要がある。

け~さん
け~さん

個人ブログでは、動作確認やサイト修正のために
わざわざhostsファイルをいじるほど神経質になら
なくてもいいかなぁ。

hostsファイルの編集の仕方

Windows10でよく使われる、メモ帳で説明します。

まずは、メモ帳を「管理者として実行」します。

管理者として実行するには、メモ帳のショートカットを右クリック

プルダウンメニューから「管理者として実行」を選んでクリック

メモ帳の「ファイル」⇒「開く」をクリック

hostsを選択して開くをクリックすると

上図のような画面が現れます。

この画面の一番下(矢印のところ)に、IPアドレスとドメインネームを
記述します。

(記入例) 123.456.78.90 ksanhonsan.com

IPアドレスとドメインネームの間には、半角スペースを入れる。

最後に保存して完了。

hostsファイルの編集が終わったら、Chromeなどのブラウザでドメインを
入力して、サイトの表示を確認してみましょう。

まとめ

普段はほとんど触れることのない、hostsファイルですが

サーバー移行などの機会があれば、覚えておくときっと役に立つ
事と思います。

け~さん
け~さん

実はおじさんも先日、Xseverの新サーバー簡単移行を
行う際に初めてこのファイルの存在を知り、
使ってみました。

ちなみに、Xseverの新サーバー移行記事は↓

今回は以上です。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました