もうマウスはいらない!実は驚くほど便利なキーボードの使い方。

パソコン関係

こんにちは

もはやスマホやタブレットなどのスマートデバイスに占領されつつある
パソコンですが、まだまだ職場や一般家庭では活躍中です。

ただそのパソコンも、キーボードは文字を打ち込むだけで他の作業は
マウスを使って操作していることが多いんじゃないでしょうか。

確かに慣れるとマウスはとても便利です。

しかしそれ以上にキーボードを使いこなせれば、作業効率が格段に
上がること間違いなし。

せっかく多機能なキーボードもその使い方を知らないと宝の持ち腐れ。

昭平令
昭平令

おじさんもウスウス気づいていたけど、マウスに慣れきっているから
改めて覚えようとしない。

冷静な嫁
冷静な嫁

デスクトップならマウスだけでもいいけど、ノートパソコンで
マウス操作してるとその携帯性が半減するわよ。

今回は、F1キーて何?

と思ってる方に向けてキーボードの便利な使い方を改めてご紹介してみます。

スポンサーリンク

キーボードの種類

デスクトップパソコンの標準的なキーボードは、日本語108/109です。

(108や109はキーの数です。)

ノートパソコンの場合は、

ノートパソコンのキーボードとデスクトップのキーボードの違いは、
Fnキーの有無と、ノートのサイズによってテンキーが付いてなかったりする
ことくらいです。

この中でよく使ってるのは、A~Zのキー、テンキー、EnterShiftスペースくらい
じゃないでしょうか?

108個のキーの内半分ほどは押されていないようです。
つまりキーボード機能の半分は使われていないという事。

次は、あまり活用されていないそれぞれのキーの機能について
説明していきます。

ここで説明するのはWindows10での一般的な機能です。パソコンの機種や
使用するアプリ、OSバージョンなどによっては動作に違いがありますので
それぞれご確認ください。

F(ファンクション)キーの機能

普段はほとんど触れられることのないキーボードの最上段にあるF1F12キー。
実はこれらもその機能を覚えればかなり便利なんです。

F1キー(ヘルプが起動)

何もないデスクトップ上でF1キーを押すと、Edgeが起動しWindows10の
ヘルプ案内が出てきます。

ウエブブラウザにChromeを使っていたら、Chromeのヘルプが出ます。

 

F2キー(名前の変更)

エクスプローラーを使っている時、フォルダやファイルを選択した状態で
F2キーを押すとそれぞれの名前の変更ができます。

F3キー(検索窓)

エクスプローラーやブラウザ上で押すと、検索窓が出現。

F4キー(アドレスバー)

エクスプローラー上でF4を押すとアドレスバーが開き、以前閲覧したファイルの
アドレスが表示されます。

F5キー(更新)

ブラウザを使用中に最新の情報に更新する場合、F5を押すと更新されます。

F6からF10キー(文字の入力変換)

F6F10のキーは日本語入力を使っている時、文字入力を変換したい場合に使います。

F6はひらがなに変換

F7はカタカナに変換

F8は半角カタカナに変換

F9は全角アルファベットに変換

F10は半角アルファベットに変換

たとえば、入力ミスで全角ひらがなでタイプしてしまった文字もF10をおせば一気に
半角アルファベットに変換してくれますよ。

F11キー(全画面表示)

今開いてるウインドウ(アクティブウインドウ)を全画面表示にできる。
もう一度押すと、元に戻ります。

F12キー(デベロッパーツール)

Microsoft Officeを使ってたら、F12 キーを押すと「名前を付けて保存」ができます。

ブラウザを見てるときは、右サイドにそのページの検証(デベロッパーツール)画面が
現れます。

飾りじゃないけどマイナーなキーたち

Scroll Lockキー(Excelで使用)

Scroll LockはExcelを使う人には便利。
Excelで矢印ボタン(など)を押すとセルが一コマづつ移動します
Scroll Lockを押すと表示枠全体をスクロールすることができます。

Prt Sc/Sys Rqキー(画面のキャプチャー)

Prt Scはプリントスクリーンの略で、単独で押すとデスクトップ画面全体の
スクリーンショットが取れます。こちらは使ってる方も多いかと。

以前の記事でもこのPrt Scの便利な使い方を紹介しています。↓

プルダウンメニューをキャプチャーするプリントスクリーンの使い方
...

対してSys Rqはシステムリクエスト(System Request)の略でほとんど
使われることのないキーで、単独では使えません。

Alt+Sys Rqで今見ているブラウザなどのアクティブなウインドウだけを
キャプチャーしてくれます。

Pause/Breakキー(これは覚えなくても?)

Pause/Breakキーはほとんど使われないキーの代表格。

 +Pause/BreakでWindowsのシステム画面が開くことくらいで、
まぁ、使うことないでしょう。

昭平令
昭平令

昔々、パソコンがDOSの頃は処理を途中で止めたりするのに使ってたみたい。

Insertキー(挿入・上書き)

Insertキーは文字のタイピング中に押すと、カーソルのある位置に
文字が挿入されたり、上書きされたりします。

例えば、「ことば」とタイプしてカーソルを先頭に移動する⇒「|ことば」
この状態でInsertを押すとカーソルが消え、改めて「このは」とタイプすると
上書きされ「ことば」⇒「このは」に置き換わる。
平太
平太

ふ~ん、要するに文字を打ち直すのに使うんだね。でもBackspace
で消して打ち直すのに慣れちゃった。

昭平令
昭平令

それでもいいけど、、、。

HomeキーとEndキー(ページトップとボトム)

スクロール可能なウインドウを見ている時Homeキーを押すと、
そのページのトップに移動します。Endキーを押すと最下部まで
移動できます。

また、Wordやメモ帳などのエディタを使っている時は、Homeを押すと
カーソルがその行の先頭に、Endキーを押すと行の最後部に移動します。

PageUp PageDownキー(タブに切り替え)

スクロール可能な画面を見ている時、PageUp PageDownキーを押すと
ページ内を瞬間に上下移動できる。

またウエブブラウザで複数のサイトを見ている時、Ctrl+PageUp PageDown
タブの切り替えができます。

Caps Lockキー(アルファベットの大文字)

ローマ字入力の際にShift+Caps Lockでアルファベットの大文字が
入力できます。

通常大文字のAならShift+A、BならShift+Bと入力しますが、
すべて大文字で打ちたい時は、Shift+Caps Lockを押した方が楽かも。

Num Lockキー(テンキーの使い分け)

デスクトップパソコンのキーボードには大抵テンキーが付いてます。
Num Lockを押すと、テンキーは計算機の機能で利用できます。
Num Lockを解除すると、数字キーの下に書いている「Home」や「→」
として機能します。

お姉さん
お姉さん

ほとんどのキーボードはNum LockやCaps Lockを設定すると
ランプが点灯するようになっているのでたまに確認してみて。

アプリケーションキー(マウスの右クリック)

だいたいキーボードの下段にある図柄のキー。

テキストに矢印のついたような図のキー、

昭平令
昭平令

アプリケーションキーと言うのか、知らんかった。

このキーはマウスの右クリックと同じでコンテキストメニューを表示する
ときに使います。

 まとめ

今回はパソコンのキーボードの中でも、普段あまり利用することのない
目立たないキーにスポットを当ててお話ししました。

この記事を書くにあたって、いろいろ調べてみると私自身も知らなかった
キーや使うことのないキーがありました。

せっかくついている機能です、覚えておいて有効に使いましょう。

次回はさらに便利な、ショートカットキーについて書いてみます。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました