はてなブログの記事の装飾カスタマイズはこれで十分(wordoressにも使える)

はてなブログ編

こんにちは

はてなブログのエディタでも、いろいろな記事装飾はできますが、
慣れてくると、やはり物足りなく感じてくるものです。

今回は、はてなエディタではできない、記事で使いたい簡単な文字装
飾方法について紹介してみます。

はてなブログに限らず、wrdpressにも使えますので、覚えておくと
便利です。

スポンサーリンク

文章に下線をひく。

「はてなブログ」のエディタにもアンダーラインは用意されていますが
黒色の実線(1.5pxくらい?)だけしかありません。

はてなの下線

これで十分だ、という方はいいのですがもう少しバリエーションを
増やしたいという方は、

htmlで

<span style="border-bottom: solid 3px #ff0000;">○○○○
</span>

と記述すると、○○○○の下に赤い実線がはいります。
例  ○○○○

・border-bottom:solid は実践           ○○○○
・border-bottom:dotted は点線            ○○○○
・border-bottom:dashed は破線           ○○○○
・border-bottom:double は二重線         ○○○○

3pxの数字部分は線の太さを表します。

ここで注意して欲しいのは、二重線を指定するときは文字の大きさを
2PX以上で指定しないと、二重にならないと言う事。
例えば、doubleで指定して3PX、2PX、1PXにしてみると、

3px    ○○○○
2px    ○○○○
1px    ○○○○

このようになります。

線の色は最後に#ff0000(赤色)のように指定します。
ちなみに私がウェブ上で色を探すのに参照しているのが
こちら(カラーコード一覧表)です。

でも下線でよく使う色は、#ff0000(赤色)、#000000(黒色)
#0000ff(青色)くらいかなぁ。

CSSで登録しよう

上記のhtmlコードをいちいち書き込むのは結構面倒ですよね。

そこで、CSSを使って登録しておけばもっと簡単に利用できます。

例えば、下線に黒の1PXの実線をCSSで記述すると、

.under1 {
border-bottom: solid 1px black;
}

黒の2PXの点線のCSSは

.under2 {
border-bottom: dotted 2px black;
}


このように書きます。

CSS記述の先頭の.under1とか.under2はクラス名と呼ばれる部分ですが、
自信が覚えやすい名前で自由に決められます。ただし、先頭の「.」ピリオド
だけは必ずつけるという決まりがあります。

このCSSをはてなブログの「デザイン」⇒「カスタマイズ」⇒「{}デザイン
CSS」に書き込みます。

上図のCSS書き込み部分をクリックすると、拡大表示画面になりますので

このように、空いている行に書き込めばOKです。

実際にはてなのエディタに書き込む際は、html編集タブを使って、

<span class="under2">点線の下線、黒、2PX</span>

このように記述すると、

上図のように下線が引けます。

補足

htmlで「.under2」などのクラス名を指定する場合は、「span」の後には
「class」を使います。(例、<span class=””></span>)
また、CSS記述の際は、数字の「0」とローマ字の「o」、数字の「1」と
ローマ字の「l」の書き間違いや、半角スペース「▯」の入れ忘れなどに
注意してください。

昭平令
昭平令

私もしょっちゅう間違ってました。

冷静な嫁
冷静な嫁

慣れるまでは丁寧に入力してください。

htmlもCSSも記述を一文字でも間違えるとうまく表示されません。
はじめはゆっくりでも、丁寧に書いてください。

文章を枠で囲む

こちらもhtmlで

<div style="border-radius:10px;
border:1px solid #006400; 
margin-top: 15px; 
margin-bottom: 15px; 
padding:15px;">囲みたい文章</div>

と長たらしい記述ですが、基本コピペで大丈夫です。
コピペのあと、1px (線の太さ)solid(線の種類)
#006400(色)の部分をそれぞれ好みで変更してください。
(border-radiusは四隅の角を丸くする呪文です。)

*例 上記のままですと

囲みたい文章

↑このようになります。文字数が少ないと余白が目立って
バランスが悪いですが。

CSSでは、クラス名を例えば「.frame1」として登録する。

.frame1 {
border-radius:10px;
border:1px solid #006400; 
margin-top: 15px; 
margin-bottom: 15px; 
padding:15px;
}

そして、htmlで記述する際は、

<div class="frame1">囲みたい文章</div>

と書けば、先ほどの枠が表示されます。

基本的には、上記のCSSで枠線を引くことができます。後は、好み
で太さ色を変え、marginやpaddingの数値を変えてバランスを
とってみればいいかと思います。

文字のサイズと色を変える

「はてなブログ」のエディタでは

文字の色を変える場合↓

範囲を選択して矢印のボタンで変更

文字のサイズを変える場合は↓

矢印のボタンで変更

変更可能なサイズは、200%・150%・100%・80%の4つ
これでも十分ですが、さらに細かく変更したい場合はhtmlで
編集します。

文字の大きさを変えるhtml

<font size="5">フォントサイズ</font>

と簡単です。
数字部分を好みで変更してください。サイズは1~7まで指定
できます。

サイズの指定例です。↓

文字のサイズと色を同時に指定するhtmlは、

<font size="5" color="#ff0000">○○○○</font>

のように記述します。色の指定はカラーコード(ff0000など)でもいいで
すが、簡単にred,green,と英語で指定してもOKです。

(例)

・サイズ5色redで指定

<font size="5" color="red">色とサイズ</font>

色とサイズ

・サイズ6色greenで指定

<font size="6" color="green">色とサイズ</font>

色とサイズ

記事に最適な文字サイズ

googleの推奨する文字サイズは16px以上です。
googleには逆らえませんし、確かに16px,17pxあたりが
読みやすいです。ブログを読んでもらえる人に親切なサイズかなぁ。

「はてなブログ」の記事全体の文字サイズを変更するには?

「設定」→「デザイン」→「カスタマイズ」→「デザインCSS」の
ところに次のCSSを追加します。

.entry-content p {
font-size: 16px;
}

スマホ用に

@media screen and (max-width: 480px){
.entry-content p {
font-size: 16px;
}
}

をコピペすればOKです。
font size: 16pxを17pxにすればさらに大きくなります。

「はてなブログ」のテーマの中には、14pxというのもありますので
お使いのテーマによってサイズを適切に変えて下さい。
14pxだとさすがにおじさんには読みにくい。

ちなみに、このブログはおじさん自身が読みやすいように18pxに
してます。

目に優しく読みやすい文字色は?

「はてなブログ」の文字色は標準でも少しグレーかかっていて読みやすいです。
真っ黒ですとチカチカして目に悪いし、長く見ていると疲れます。

そのままでも問題ないのですが、ここは個性を出して
文字の色を変更してみましょう。

やはりCSSをコピペします。「設定」→「デザイン」→「カスタマイズ」
→「デザインCSS」のところに次のCSSを追加します。

.entry-content {
    color: #222222;
}

ここの#222222の部分を好みで変えればいいわけです。
だいたいグレー系がいいみたいで、代表的なカラーコードは、
「#333333」「#343434」「#353535」「#373737」
「#383838」「#393939」「#222222」あたりがおすすめです。


「#333333」
「#222222」
「#383838」
「#343434」
「#000000」

#000000以外はあまり区別がつきにくいですねぇ。
私は#222222を使ってますが、お使いのブログの背景色や
フォントの種類によって適切な色を選んでください。

文章にマーカーをいれる。

ブログでよく見る蛍光ペンのようなマーカー。

下線だけではものたりない、もう少し文章をオシャレに強調したい
という時に、黄色ピンクのマーカーが使えれば便利ですよね。

まずは「デザインCSS」に次のようなCSSコードを張り付けましょう。

.marker-pink {
background: linear-gradient(transparent 60%, #ffc0cb 60%);
}

.marker-yellow {
background: linear-gradient(transparent 60%, #ffff00 60%);
}

.marker-blue {
background: linear-gradient(transparent 60%, #00bfff 60%);
}

先頭の.marker-pinkクラス名です。ご自身で覚えやすい単語を自由に決めて
ください。(例:「.mark-p」、「.linepink」などなど)

初めの60%の部分がマーカーの太さです。数字が小さいほど太くなります。
その横(#00bfff)がカラーコードです。お好きな色を指定してください。

カラーコードの見本は↓

そして、はてなの記事編集画面のhtml編集を使い、次のように記述します。

するとこのようになります。↓

アイコンフォントを使う

「はてなブログ」にはあらかじめ「blogicon」がセットされており、
118種類のアイコンが使えるようになってます。

(wordpressではFont Awesomeを使う事が多いんですけど、
多少設定が必要になります。)

文字の前にアイコンを付けるhtml↓

このように記述すると

こうなります。

htmlの書き方は、

<p><span class="blogicon-アイコン名">&nbsp;</span>任意の文字</p>

となります。

アイコン名は「Royal Naught」さんのページにある一覧から
選んでください。

&nbsp;は呪文の様なもの、はてなの場合これを入れないとアイコンが
うまく表示されません。

「Royal Naught」さんのページには念のためaria-hidden=”true”を
付け加えるようになってますが、記述数が多くなり面倒なので
省略しても問題なさそうです。

「Royal Naught」さんで勉強させてもらいました。↓

こちらに、アイコンフォント名とCSSコード名の一覧表もありますので
ぜひご参照ください。

よく使うアイコンはCSSで登録

アイコンフォントの中でもよく使うものは、
CSSコードを「デザインCSS」に記述しておくと便利です。

例えば、

.icon1:before{
font-family: blogicon;
content: "\f017";
}
.icon2:before{ 
font-family: blogicon; 
content: "\f039";
}
.icon3:before{ 
font-family: blogicon; 
content: "\f037"; 
}

と「デザインCSS」に設定しておき
html

と記述するとそれぞれ

このようになります。

まとめ

今回は、はてなブログで記事の装飾方法について紹介しました。

記事装飾の目的は、あくまでも閲覧者に

読みやすい。読まれやすい。

と言う事を忘れないでください。

はるこ
はるこ

あまり装飾をし過ぎると、返って読みにくい記事にな
ってしまいます。

また、HTMLやCSSを書き込む際、見た目の確認が簡単にできる便利な
ウェブアプリもありますので紹介しておきます。

CodePenというサイトですが、コードのテストにはとても重宝します。↓

今回は以上です。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました