正しい毛活してますか?3⃣(頭皮のケアにおすすめシャンプー)

ハゲ・薄毛対策

こんにちは

ハゲ予防できてますか?
今回こんなの作りましたので、参考にして頂ければ嬉しいです。

                  〈ハゲないチャート〉

冷静な嫁
冷静な嫁

あんたにしては上出来ね。

昭平令
昭平令

ファーストステップで終わればいいけど。

いちようチャートの説明をしておきます。

まず、「食事の改善」から「頭皮ケア」までをファーストステップとし、
「育毛剤」「AGA治療」「発毛剤」以降をセカンドステップとしております。

いきなりセカンドステップからスタートするよりも、まずファーストステップから
トライしていき、頭皮環境の改善状態を見ながらセカンドステップへ移行するのが
良いと思います。

もちろんどちらも並行してトライしてもいいかと思いますが、あれもこれも一度に
手を出すよりシンプルに段階を踏んだ方が、続けやすいですし、経済的な負担も
最小限
に抑えられると思います。

また、人によってはファーストステップだけで十分改善される
可能性
もあります。

今回は、ファーストステップの最終項目である「頭皮ケア」についてお話しします。

スポンサーリンク

頭皮ケアはなにをする?

私がここでお話しする頭皮ケアは、「育毛剤」を使用したケアの事ではありません。
高額な「育毛剤」「発毛剤」を使用する前にできる、日常の頭皮ケアの事です。
私の独断ではありますが、この頭皮ケアができれば

「育毛剤」は必要ない

と考えてます。

まず大事なのは洗髪(シャンプー)

皆さんもほとんど毎日のうように、入浴時には洗髪をしていると思います。
直接頭皮に触れる事となる毎日の洗髪には、使用するシャンプーに十分気を付ける
必要があります。

今お使いのシャンプーが頭皮に悪いものであれば、すぐにでも見直す必要があります。
市販のシャンプーはその洗浄成分(界面活性剤)によって、概ね3種類に分けられます。

【シャンプーの成分】

洗浄成分 含有される主成分
高級アルコール系

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど
(市販のおよそ90%を占める低価格のシャンプー。)

石鹸系 ラウリン酸Na、オレイン酸Na、ステアリン酸Naを含む。
アミノ酸系 ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンなどを含む。
頭皮に悪いシャンプー成分

まずは、頭皮に悪影響を及ぼす成分をご紹介します。

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸TEA

高級アルコール系シャンプーは、洗浄力や泡立ちを良くするために、
ヤシ油などに含まれるラウリン酸から界面活性剤の製造過程で硫酸を使った
上記の成分を含む石油系合成界面活性剤が使用されています。

これは、非常に洗浄力・脱脂力が強い反面、頭皮への刺激も強く毛根に
悪影響を与えます。また洗いあがりの髪や頭皮は乾燥しやすく、
洗浄成分も皮膚に残りやすいので乾燥肌、敏感肌の方は特に注意が必要です。
シリコン

髪の毛をコーティングするのに使われるシリコン
毛穴を詰まらせる恐れがあり、頭皮のトラブルや、新しく生えてくる
新生毛に悪影響をおよぼしますのであまりおすすめできません。

シリコンでなくても、他のコーティング剤が配合されていれば
同じ事です。

合成香料・合成着色料

シャンプー剤を出したときにクリーミーで白く見えるのは、合成着色料のせいです。
人工的な成分を添加しているため、頭皮や肌への刺激となります。

香料においても、天然由来の精油などから精製されたものを配合した
シャンプーをおすすめします。

パラベン

これはいわゆる防腐剤の成分です。刺激が強いので頭皮の弱い敏感肌の
人や、痒みのある人は避けた方がいいと思います。

最近多くなった無添加シャンプーには含まれていない事が多いので
そういうものを選べば安心です。ただ防腐剤が無い分保存には
気を付けた方がいいですよ。

石鹸系シャンプーはどうなの?

石鹸系シャンプーは、高級アルコール系とアミノ酸系の中間的な存在
ですが、やはり洗浄力が強めで髪の毛もキシミがちになります。
また弱アルカリ性ですので、リンスやトリートメントを使用し
調整する必要があります。

私も少しの間使ってみましたが、頭皮のツッパリ感が強く
すぐに使用を中止しました。

ハゲ・薄毛対策の頭皮ケアにはあまりおすすめできません。

ハゲ・薄毛にはどんなシャンプーがいいのか。

ご存知かもしれませんが、それは

弱酸性でアミノ酸配合のシャンプーです。

代表的なアミノ酸系シャンプーの成分

グルタミン酸、グリシン、サルコシン、ココイル、ベタイン
メチルタウリン、メチルアラニン

シャンプーのボトルに記載されている洗浄成分表に下記の物が含まれるものを
選びましょう。

・ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルタウリンNa
・ココイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸
・ココイルアラニン・コカミドプロビルベタイン
・ラウロイルプロビルスベタイン
・ココアンホ酢酸

シャンプーには男性用、女性用とありますがアミノ酸系であれば
さほどこだわらなくてもいいと思います。
男性用は概ね洗浄力が強めで、爽快感重視の物が多いです。

アミノ酸系シャンプーにもデメリットはある

アミノ酸系シャンプーのデメリット

価格 市販の高級アルコール系シャンプーに比べて、割高です。
洗浄力 肌への刺激を抑えるため、どうしても高級アルコール系シャンプー
より洗浄力は劣ります。
ただ洗浄力が弱い分、頭皮や髪の毛にはとても優しいので
リンスやコンディショナーなど使わなくてもいい製品が
多いです。

アミノ酸系シャンプーの中にもこの洗浄力を高めるために少し
高級アルコール系成分を配合したものも有ります。
成分表には含有率の高い順に記載されていますので、アミノ酸
成分が5番目位までに表示され、できるだけ高級アルコール系
成分の少ないものを選ぶ
ようにしましょう。

ようするに使用にあたって自分の頭皮に合うかどうかですので
高級アルコール成分は少ない(あるいは含まない)方が良い
ですが、アミノ酸系シャンプーであればそこまで神経質に
ならなくてもいいかと思います。

私なりにネットで調査し、様々なランキングやおすすめ記事を参考に
おすすめできるアミノ酸系シャンプーをピックアップしてみました。
(ちなみに、私も妻も「アロマの優しさ」を愛用してます。)

男女ともにおすすめのシャンプー

haru kurokami スカルプ

『髪も頭皮もよろこぶ、100%天然由来のシャンプー』

haruのシャンプーは、開発者の経験から生まれました。「産後に髪質が変わり髪の悩みが増え、丁寧に髪を洗う時間さえ持てない。それから年月とともに、少しずつ髪も肌も取り巻く環境も変化して……。」だから、haruは悩みやくらしの変化にもよりそって、変わらず長く続けられるよう、シャンプーに美容成分をたっぷり詰め込みました。

洗うだけでハリ・コシ・ツヤに自信がでる。フケやかゆみ、ニオイや紫外線ダメージが気になる方にも手軽なケアを。汚れを洗い流しながら、整え与える、髪も頭皮もよろこぶシャンプーです。



 スカルプD ボーテ モイスト

『こんな方におすすめです。』

  • 今すぐケアしたい30代以降の方
  • ボリューム感が気になる
  • 頭皮と髪に不安がある
  • 髪の毛のハリ・コシがなくなってきた気がする

『頭皮に、新しい時代。』

生まれ変わること、13回目。 つづく進化の理由は、スカルプD独自の商品開発にあります。 1999年に頭皮環境を整えるシャンプーの研究を開始したアンファーは、 これまで、のべ190万人の頭皮と向き合ってきました。 その集積された知見を、新たな技術にフィードバック、 時代が求めるスカルプDへと進化させてきたのです。 頭皮の健康を追求して20年。あなたの希望に、さらに寄りそえる設計へ。 スカルプDは今、新たな時代へ歩みはじめます。


 ボタニカルダメージケア シャンプー

『こんな方におすすめ』
・髪のダメージが気になる方
・指通りをなめらかにしたい方
・枝毛・切れ毛が気になる方

BOTANISTのダメージケアには
植物由来成分にこだわった、
独自のWボタニカルリペア処方TMを採用。
なめらかな艶髪へ導きます。

生命力を秘めた「種」の構造に着想を得たWボタニカルリペア
処方TM植物由来の保湿成分・毛髪補修成分で補修して、守る。

■ボタニカルシードオイル
力強さを持つ植物の種から抽出したオイルが髪に浸透し、
潤いを与えます。

■ボタニカルケア成分
毛髪の深部に浸透&補修する事により
指どおりの良い髪へと導きます。


 モーガンズ

スタイリングしやすい、ふわっとハリのある髪へと洗い上げるシャンプー。19種類のアミノ酸成分と5種のエモリエントオイルを配合し、なめらかな泡立ちでドライヤーやパーマ、ヘアカラーなどで痛んだ髪と地肌を包みこみ、正常な状態へ導きます。

ノンシリコン・ノンケミカルとは思えないほど、ボリューム感のあるサラサラな髪を実感。ハイビスカスやビャクダンオイルなどの凛としたオリエンタルな香りが、頭皮や心にリラックス感をもたらします。

男性におすすめのシャンプー

 &GINO

【こだわり1 ブラックパワーの秘密】
独自の技術で炭化したクレイ(泥)、マッサージもすることで
頭皮のめぐりをよくさせ、眠っていた頭皮を目覚めさせます!
【こだわり2 ノンシリコンシャンプー】
不要なものは配合していません。頭皮と毛髪に優しいものだけ配合!
【こだわり3 アミノ酸系洗浄成分使用】
低刺激だから大切な頭皮と毛髪にやさしく、うるおいを奪いません。
【こだわり4 厳選された天然成分をたっぷり配合】
頭皮に活力と栄養を、傷んだ毛髪に潤いと栄養を与えます。
充実の天然成分配合だからトリートメントは不要です。
【こだわり5 洗う+3分ヘアパック】
栄養成分が毛穴、頭皮のすみずみまで浸透し、
頭皮と毛髪に栄養とうるおいをたっぷり与えます。

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】


 BUBKA

【BUBKA独自の6つのメソッド】
①頭皮の常在菌に働きかける頭皮保護成分乳酸菌「EC-12]配合。
②頭皮にやさしいアミノ酸洗浄成分、7種の成分を独自ブレンド。
③原料に熱を加えないコールドプレス製法を採用。
④業界初!保湿成分オイルケラチンを配合によりハリ・コシ見た目もボリュームアップ。
⑤これ1本でOK!オールインワン。
⑥抜けない頭皮完環境へ。頭皮保護成分キャピシルと4つの植物エキス

 


 チャップアップ

【髪や頭皮に優しい成分】
アミノ酸は髪や頭皮を構成するタンパク質を分解してできる物質のため、
髪や頭皮に優しい成分になっています。
また、アレルギーや頭皮トラブルになりにくいオーガニックエキスを
10種類を配合しています。

【健康な頭皮と同じ弱酸性】
健康な人の頭皮は肌と同じで「弱酸性」で、バリア機能が正しく働きます。弱酸性のシャンプーを使うことで、頭髪・頭皮にトラブルの原因になり
やすいアルカリ性から髪や頭皮を元の状態に戻せます。

【特別処方のノンシリコンシャンプー】
コアセルベーションによって頭髪を守り、ハリコシを与え根元から
立ち上げます。
さらに、頭皮に優しいノンシリコンシャンプーに特別処方でシリコン
入りよりも軽い指通り、艶出しを実現しました。

女性におすすめのシャンプー

 アロマのやさしさ

シャンプーの良し悪しを決める最も大事な成分は「洗浄成分」です。
洗浄成分とは、名前の通り汚れを洗い落とすための成分です。

シャンプーに使われる主な洗浄成分は、以下の表のようにいくつかの
種類に分類することができ、それぞれ違った特徴があります。

私たちが開発した「アロマのやさしさ」は、石油系合成界面活性剤を
一切使用していないのはもちろんのこと、頭皮の健康にとって問題となる
強い脱脂力やタンパク質変性作用を持つ「硫酸系」「スルホン酸系」
成分は一切使わずに、頭皮に最も優しく良質な洗浄成分である
「アミノ酸系成分」を中心に、植物由来の洗浄成分だけを使って
作ったシャンプーです。


 Three スリースキャルプ

髪の1本1本を、シルキーな美しさへ導く、ダメージケア
〈リファイニング〉シリーズ。

「絡まり、きしみなく洗って、シャンプーストレスから解き放つ。」

シャンプーの過程でさらにダメージを受けやすいヘアを指通りのよいリッチな泡で頭皮や髪のすみずみまで包み込み、きしみなく洗います。
キューティクルを守って、指どおりなめらかでつややかな髪へ。

現代人をとりまく環境を考慮し、それぞれのホメオスタシス* を正常に
整えることを目的とするTHREE スキャルプ&ヘアシリーズ。


 イオセラム

【 イオセラムシリーズとは… 】
クセ特有の質感にアプローチし、高い保湿力でみずみずしく仕上げる高機能ライン。全品共通でグリーンナッツオイルを配合。パサついて乱れがちな質感にアプローチし、髪の内部まで浸透してうるおいを保ちます。表面はさらっと仕上がる乾性油の特性により、髪1本1本が整い、時間の経過や湿度による質感の変化をやわらげます。自分の髪質に合った質感ケアによって、つややかで扱いやすい、気持ちのいい髪が続きます。


 爽快柑

薬用アミノ酸ノンシリコンシャンプー爽快柑は、天然型アミノ酸を配合。更に石油系の洗浄成分不使用の、地肌や髪の毛にとって条件の揃った「理想のシャンプー」を目指し、成分配合、誕生した薬用ノンシリコンシャンプーです。

「洗う」を極めたアイテムとして雑誌に多数掲載された、業界でも話題沸騰中の「薬用アミノ酸ノンシリコンシャンプー爽快柑」はその洗い上がりだけでなく、リンス不要で大容量ボトル(700mL)という点でも「コスパが高い!」と話題のアイテムです。
薬用 アミノ酸シャンプー 爽快柑


 さくらの森

天然由来成分100%のスキンケアシャンプー誕生! 35種類の植物エキスや天然由来保湿成分が頭皮を健やかに保ち、ハリ、コシのある美しい髪へと導きます。

ベースとなる水には南阿蘇産オーガニックハーブティーを使用。水一滴まで髪と頭皮の健康を考えた天然由来シャンプーです。

市販の安価なシャンプーの多くは、泡立ちを良くするために、またサラサラの使用感を出すために、石油系界面活性剤やシリコンといった化学的な人工物を多量に使っています。これらは頭皮を通じて体内に蓄積されていき、分解されずに徐々に体内にダメージを与え続け、抜け毛、薄毛フケやかゆみといった予期しないトラブルを引き起こすのです。

そこで、ハーブガーデンは「天然成分100%」にこだわり、環境にも人体に優しいシャンプーをコンセプトに開発されました。


 すこやか地肌

  • 「荒れを抑える」「雑菌の繁殖を防ぐ」「バリア機能を守る」の3つのアプローチで頭皮トラブルに向き合います。
  • 【抑える】サクラ葉エキスで頭皮の荒れを抑え、かゆみを改善します。
  • 【防ぐ】ワサビ根発酵エキス、ヒノキチオールで頭皮を清潔な状態に保ちます。
  • 【守る】セラミドと5つの保湿成分で頭皮に潤いを与えバリア機能を守ります。

頭皮のかゆみ専用シャンプー すこやか地肌シャンプー


 オレンジ地肌

天然オレンジパワーで毛穴まで「洗う」。スッキリ爽快、地肌清潔。
毛穴につまった皮脂や汚れになじみ、地肌スッキリ軽~い洗い上がりに。
おだやかなうるおいで傷んだ髪もサラツヤ、きしみやからみも気に
なりません。
太陽をたっぷりあびて育ったオレンジそのまま! 爽やかな香り。
素肌と同じ弱酸性&石けんベース。パラベン&アルコール不使用。
無色素・無香料・無鉱物油・ノンシリコン。


 hugm

髪をギュッとハグ(hug)するような優しいシャンプー 静岡県産の茶ノ実油と5つの厳選国産成分(茶葉エキス、椿花エキス、アシタバエキス、ユズエキス、サクラエキス)を配合 さらにラベンダー、オレンジ、ローズの3つの天然アロマ成分でバスタイムが一層素敵な香りに 無添加なので、親子で安心してご使用いただきます。


などなど、この他にも様々なシャンプーはありますができるだけ
手に入りやすく、頭皮に優しい、ある程度知名度のある商品を
選んでみました。

アミノ酸系シャンプーは比較的高価ですのでシャンプー一回当たりの
およその費用も比較してみましたのでご参考にして下さい。

一度に使用するシャンプーの量はおおよそ

男性で1.5㎖~2.5㎖
女性で2.5㎖~4.0㎖

ほどです。
プッシュ式ボトルですと1プッシュおよそ3㎖~5㎖ですので
1プッシュ(3㎖)の金額で比較しました。

◊ 1プッシュ(3㎖)およそ一回分の金額・・・安い順 ◊

メーカー およそ一回分の金額
ボタニスト ボタニカルシャンプー 9.42円
オレンジ地肌 14.85円
イオセラム クレンジングシャンプー 17.78円
アロマのやさしさ 18.48円
爽快柑 薬用シャンプー 21.48円
hugm ハグムナチュラルシャンプー 22.44円
mogans アミノ酸シャンプー 28.6円
haru kurokami スカルプ 29.7円
アンファー スカルプD 34円
さくらの森ハーブガーデンシャンプー 35円
&GINO 39.6円
すこやか地肌 44.7円
Threeスリースキャルプ 47.76円
Bubka 47.85円
チャップアップ 53円

シャンプーの良し悪しは価格だけではありませんし、実際に使ってみないと
自分の頭皮に合ってるかどうかわからない部分もありますので、ランキング形式
での紹介はできません。

私も、嫁も今のシャンプーにたどり着くまで、ずいぶんと費用と時間をかけましたが
自分の大切な頭皮や髪のためです、良いものが見つかるまで時間をかけじっくり
選びましょう。髪の毛が命の女性はとくに慎重に選んでください。

シャンプーで気を付ける事

平安時代の女性は1年に一度しか洗髪をしませんでした。
江戸時代に入っても、月に一度くらい、お湯やうどん粉、お茶の葉エキス
などで髪を洗ってました。明治になっても一週間に一度くらい石鹸で洗髪する
程度です。昭和の初期までは、大体そんな状態でした。

現代の日本人の様に毎日シャンプーで洗髪する習慣になったのは、ごく最近です。
海外でも一週間に2~3回程度ですので、日本人は異常なくらい清潔好きな人
が多いようです。

汗や皮脂による、匂いやべたつきが気になってほとんど毎日シャンプーしている
人も多いかと思いますが、シャンプーを使わなくても、湯洗のみで汚れの
80~90%は落ちる
そうですから、シャンプー前に十分湯洗いし、できるだけ
シャンプーの使用量は少なくしたほうが頭皮には優しいと思います。

理想の洗い方

シャンプーは直に頭皮に着けるのでなく、適量を手のひらにとり
十分泡立ててから洗髪しましょう。

そして、指の腹で頭皮をもみ込むようにマッサージしながら洗髪し、
終わったら、十分に洗い流してください。
このすすぎは非常に大事ですので、シャンプーの洗浄成分を残さないよう
入念にすすいでください。

そして、タオルで水分を拭き取ったら、できるだけドライヤーなどで
素早く乾燥させてください、男性の中にはシャンプー後自然乾燥
させている方も見受けられますが、頭皮にはよくありません。

さいごに

今回は、頭皮ケアにおけるシャンプーについてお話ししました。
シャンプーは元来髪の毛の洗浄剤として開発されたものです。
ですからできるだけ頭皮に過度の刺激や、余分な負担をかけないよう
あなたの頭皮コンディションに合ったものを使ってください。

また、この機会にシャンプーの回数や、使用量なども改めて見直してはいかが
でしょうか?

それでは。

 

ファーストステップで解決しないかたに
セカンドステップとしておすすめのAGA治療は↓

AGAスキンクリニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました