正しい毛活してますか?2⃣(今以上進行しないよう見直す生活習慣)

ハゲ・薄毛対策

こんにちは

髪の調子はいかがですか?

「ハゲは遺伝だ。」と諦めていませんか?
「何をやっても無駄だ。」と、自分の頭に見切りをつけていませんか?

あなたの薄毛はもう手遅れなのでしょうか?

いいえ、まだまだできることはたくさんあります。

諦める前に、もう一度あなたができなかったこと、してこなかったことを
見直してみましょう。

昭平令
昭平令

ハゲても諦めないおじさんを見習ってください。

師匠
師匠

諦めの悪い奴じゃ。

前回の正しい毛活1⃣では毎日欠かせない食事のついてお話ししました。
今回は、ハゲ・薄毛の予防対策として、生活環境の改善について
お話しします。

スポンサーリンク

ハゲない生活習慣①運動と睡眠

ダイエットにもなるハゲ予防のための運動

あなたは普段汗をかくぐらい体を動かしていますか?

実は肥満もハゲの大敵です。

適度な運動をせず、カロリー摂取オーバーになると、当然太ってきます。
そして消費しきれない脂肪が蓄積されてくると、高血圧糖尿病の発症の
原因にもなります。

この高血圧や糖尿病が発症しやすい状態が髪の毛にも悪影響をおよぼします。
また、運動不足の方は、心肺機能も低下してきますので、血液中の酸素の
取り込み量も少なくなり、髪の毛に必要な栄養が頭皮まで届かなくなって
しまいます。

師匠
師匠

運動不足は血行も悪くなるので当然のことだな。

実は私は、現在メタボと診断され、血圧も高くなっています。
太っていていいことはないので、これを機会にダイエットもかねて
薄毛対策にもなる運動を再開しようと決意しました。

他人に勧めながら自ら実践しないのでは説得力がありません。

1年前までは良く自転車で出かけたりしてましたが、職場環境の変化で
ここ最近乗らなくなりました。すると半年で5キロも太り、血圧も10ほど
上がってしまいました。

もともとダイエット目的でロードバイクに乗り始め結構本格的に走ってたので
再開するのも苦になりません。自転車に乗って、ダイエットができ血圧も下がり、
髪の毛が増えるならそれこそ一石三丁です。これを機にロードバイクの復活です。

風を切ると気持ちいいよ。

あなたがもし運動不足で、肥満気味なら、この機会に、少しづつでも
体を動かしてみませんか。自転車に乗れとは言いません、あなたが無理なく
できる範囲でウオーキングでもいいですし、少し汗をかく習慣を身につけましょう

ことわざにもあります。

「健全な肉体には、健全な毛が生える。」

師匠
師匠

誰がそんなこと言った?

昭平令
昭平令

すみません。

ハゲ予防に必要な睡眠

睡眠をとる時間帯も重要

頭皮の血行を良くするためには十分な睡眠も必要です。
睡眠によって副交感神経が働き、血管を広げ、血流がよくなります。
この副交感神経がもっとも活発に働く時間帯が、

夜の10時~夜中の2時の間だと言われています。

ですから出来るだけこの時間帯には睡眠をとるようにしましょう。
ハゲ予防だけでなく、女性にとって大切な肌の健康にもいいようです。

不規則な睡眠や、睡眠不足は、交感神経と副交感神経の活動のバランスを
悪くしてしまい、禿げる原因にもなりますので十分注意してください。

ハゲない生活習慣②アルコールとタバコ

わかっていても止められないのが、喫煙と飲酒の習慣です。

お酒

お酒は適量であれば、体には良いとされてますが、問題は過度の飲酒です。


アルコールは身体に摂取されると肝臓で分解されます。
この時体内のアミノ酸をたくさん消費しますので、飲酒量が増えると
その分アミノ酸が不足してきます。

前回のハゲない食事でも説明しましたが、アミノ酸はハゲ予防には
必須の栄養素です。全く飲むなとは申しませんが、過度のアルコール摂取は
控えましょう。

タバコ

タバコは健康面においても諸悪の根源のように言われてます。
何一つ体にいいことないのにおじさんも中々やめられません。

タバコの中に含まれるニコチンは毛細血管を委縮させる働きがあります。

またタバコの煙に含まれる一酸化炭素も同様の悪さをします。
血管が委縮してしまうと、毛細血管まで栄養が行きわたらなくなり、
結果、薄毛を誘発する原因となります。

またタバコは心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の原因にもなります。
さらにビタミンCを破壊しますので、お肌の大敵です。

おじさんもそんなことは、百も承知なのですが、少しづつ減らして
いくよう努力しましょう。それでなくても近頃嫁が「止めろ、止めろ」
とうるさいですし。

冷静な嫁
冷静な嫁

ひと月のたばこ代も馬鹿にならないわよ。

昭平令
昭平令

かあちゃんごめん。

喫煙されている皆さん、

タバコ止めますか? それともハゲますか?

ハゲない生活習慣③ストレスについて

医学的にはストレスも髪の毛に良くないとされています。

人は強いストレスを感じると自律神経に悪影響を及ぼし、交感神経
と副交感神経の活動のバランスを悪くします。
それによって髪の毛に
安定した栄養の供給ができなくなってしまい、薄毛の原因となる
様です。

しかし、人間は生活していく上で、ストレスのない人などいませんし
ストレスの感じ方も千差万別です。

ですから、ストレスを全くなくすことなど不可能ですし、
ストレスに対してどう向き合っていくかが重要ではないかと思います。

ストレスが溜まったなぁと感じたら、少しの時間でも発散させてくれる、
または忘れさせてくれるような、何か夢中になれることを探してください。
ちなみに私の場合は、ギターとネット麻雀です。

冷静な嫁
冷静な嫁

あんたはいいわねぇ、鈍感で。

昭平令
昭平令

お、おじさんにもストレスはあるのだ。(最大のストレスは嫁だと言いたい。)

ストレス対策にはさほど神経質にならず、

上手に付き合っていく

位の感覚がいいのではないでしょうか。

最後に

今回は、ハゲ・薄毛対策における根本的な、しかし最も重要な土台作り
となる健康面に焦点を当ててお話ししました。

これができてないと、どんな優秀な育毛剤であろうと、どんなに高価な
発毛剤であろうとその効果は半減してしまいます。

手軽な手法に手を出す前にもう一度、生活習慣から見つめ直すことが
とても大切だと思います。

次回は、ハゲない体の土台作りを行いつつ効果的な頭皮ケアについて
お話ししようと思います。

それでは。

 

全国展開で実績のあるAGAクリックならこちら↓
AGAスキンクリニック

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました