One break(ちょっと一服美味しいコーヒーの話)

One break
スポンサーリンク

こんにちは

みなさん一服するとき、何飲んでますか?

ホットひと息 あったかいコーヒー
香り立つ紅茶
ホッとするほうじ茶
さわやかな炭酸飲料
体のためにスポーツドリンク

仕事の合間の自由なひと時、この時だけはあなたの好みの
飲み物で心をいやしてあげたいですねぇ。

私は、いつもコーヒーばかり。

暑い季節はアイスで、寒いときにはホットで。

一日4~5杯は飲んでます。

家にいるときはドルチェで、外出中は缶コーヒー
その時の場所によって、飲み分けています。

ここでは、私が長年愛飲してきたコーヒーについて
お話しします。

コーヒーの点て方

一番美味しいのは、やはりコーヒー豆からミルで挽いて、
ドリップする飲み方です。

豆を挽くときから何とも言えないいい香りが漂い、
ドリップする時には、さらにあたりに香りが広がります

世の中にこのコーヒーの香りが嫌いな人っているのかなぁ?

私は、どんな芳香剤よりもコーヒーの香りで部屋中を
充満させたいくらいです。

でも豆を挽いて、ドリップするのは面倒です。
準備の時間もかかるし、飲み終えた後の手入れも必要です。

学生の頃は変にこだわって、ミルとドリップ使ってました。

今から20年以上前京都に住んでいたころ、通っていた大学の
近所の河原町今出川に「出町輸入食品」というコーヒー豆の専門店がありました。
ここにはよく通いました。
今もあるのかなぁ?とネットで調べてみると、ありました。

当時はもう少し南に下がったところだったような気がしますが、まだ営業されてます。
しかも、ホームページまでありました。

当時の店舗はいかにもコーヒーのお店という風情があり、いい香りが
店の外まで漂うようなオープンな店構えでしたが、今は近代的なビル
になってます。少し寂しい。

ここでよく買っていた豆は、

お安いながらも香り、味も平均的な
・オリジナルブレンド

香ばしさが漂う
・フレンチロースト

酸味が程よい
・モカ

お金に余裕がある時だけ、コーヒー豆の王様
・ブルーマウンテン

などです。しかし今思えば、毎日袋ラーメンススってるような貧乏学生
のくせにコーヒーだけは贅沢していたなぁ。

でも時間が自由になる学生時代と違って、社会人になるとだんだん
コーヒーをたてる手間が煩わしくなってインスタントで済ませてました。

今は家では
ホットコーヒーは、ドルチェ
アイスコーヒーは、ラテベースかジョージアのペットボトル

で飲んでます。

みなさんはどんなコーヒーがお好きですか?
次に、私が個人的にお気に入りのコーヒーをご紹介します。

美味しい缶コーヒーBEST7

仕事の合間によく飲む缶コーヒー、コンビニや自販機で私が
よく買っておいしいと思うベスト7を発表します。
(あくまで個人的な嗜好です。)

基本的に飲むのは微糖系ばかりです。ブラックは飲みません。
それとレギュラーコーヒーも甘すぎてのみません。

1位 BOSS プレミアムボス微糖

2位 ダイドー 世界一のバリスタ微糖

3位 アサヒ飲料  WANDA金の微糖

4位 サントリー 贅沢微糖

5位 キリン 挽きたて微糖

6位 ダイドー デミタス微糖

7位 伊藤園 タリィーズバリストブレンド

あえて寸評は控えますが、試しに飲み比べてみてください。
コーヒー好きなら分かってもらえると思います。

6位のデミタスはうまいけど量が少ないのが難点、
7位のタリィーズはあまり自販機で見かけないのが
残念です。

缶コーヒーの歴史

私なりに缶コーヒーについての歴史を記憶の限り書いてみます。

世の中に缶コーヒーが普及し始めたころは、ポッカUCCが多かったです。
その後ダイドーサンガリアが出てきました。

昭平令
昭平令

国破れてサンガリア

あいや~
あいや~

1,2、サンガリア

冷静な嫁
冷静な嫁

関西圏だけかなぁ?コマーシャルだけはよく覚えてる。

選択肢があまりなかったので、このころよく飲んでいたのはポッカと
ダイドーコーヒーですねぇ。UCCは甘くて水っぽく、サンガリアは
さらにまずかった。コーヒーとは名ばかりの別な飲み物という印象。

その後ジョージア、サントリー、キリン、アサヒなど大手の飲料メーカーもぞくぞく
参入してきましたが、当時はどこのメーカーもまずかった。

ジョージアがエメラルドマウンテンを出したころは、すっかりジョージア派
になってました。その後甘さを抑えたヨーロピアン微糖が発売されると
今度はそればかり愛飲してました。

先行のポッカやUCCなどは一切飲まなくなりました。というより
微糖にならされてきたのかレギュラーコーヒーが甘ったるい感じがして
飲めなくなってました。

後発のサントリーやキリン、アサヒも微糖シリーズを販売するようになり
企業努力の成果でしょうねぇ、だんだん美味しく飲めるコーヒー
に進化していたようです。

ジョージアのヨーロピアン微糖は数年前缶のラベルを変えた辺りに
味も変わってしまいました。(コーヒー豆の質を落としたのか?、余分な
添加物を入れたのか?わかりませんが。)それからは一切飲まなくなった。
飲んだ後に口の中に残る、なんとも嫌な後味が気になって。

ジョージアで今飲めるコーヒーは、ザ・プレミアム微糖香る微糖くらい、
他に飲みたいコーヒーがないときに買うくらいです。

今缶コーヒーのシェアはジョージアがNo1ですけど、私に言わせると
一番おいしいから売れてるわけじゃない、自販機の数が多いから
販売数も当然多いだけだと思います。

とくに、田舎などに行くと自販機はジョージアしかないことが多い。
コーヒー飲みたかったらそれしか選択肢がない状態のところが
多いい印象です。

別にジョージアの批判をしているわけではありませんが、「おいしい缶コーヒー
は他にもたくさんありますよ。」と言いたい。

頑張れ! それから、缶コーヒーの草分け的な存在のUCCやポッカさんも、
もう少し頑張っておいしい缶コーヒーを販売してもらいたいです。

コーヒー好きにとっては、おいしい缶コーヒーの選択肢が広がるのは
とても喜ばしいことですから。

家で飲むホットとアイスコーヒー

缶コーヒーも最近はドンドン品質が良くなって、本当に
美味しく飲める商品が増えました。でも、家で飲むならやっぱり
缶コーヒーでは物足りない。

かと言って、インスタントコーヒーはどれも美味しくない。
美味しく感じるのは、始めに開封した時だけ。時間がたつと
ほとんど風味もなくなります。

ティーバッグや一人用のドリップパックも風味はあるが、
コクが物足りない。

そこで、ドリップコーヒーを飲まなくなっていた私が、久しぶりに挽きたての
あの香りを味わいたくて、コーヒーメーカーをネットで検索していた
とき、ふと目に留まったのが「ネスカフェ ドルチェ」でした。

正直コーヒーメーカーはそれまでにも何度か利用したこと
はありましたが、飲んだ後の器具の手入れを考えると手動でドリップ
して飲むのとさほど変わらない手間がかかります。

でも「ドルチェ」は、水とカプセルをセットするだけなので
これは楽だと思いすぐにマシンを注文しました。

とどいた「ドルチェ」とカプセルをセットして、さっそく
飲んでみると、

風味もあるし、コクがあってウマい。

それからは、家で飲むホットコーヒーは、ドルチェばかりに
なりました。ただ少しコストが掛かるのが難点ですけど。
(一杯当たり50~60円ほど。)

一番よく飲むのはエスプレッソインテンソです、コーヒー感が
強めでコクも香りも最高です。最近スターバックスシリーズも
販売されているようなので、いつかは試してみるつもりです。

ネスレにお願い ドルチェグストにもう一つ不満があります。
水量が少なすぎ。2杯分では私の様なヘビーな愛飲家には
物足りません。マシンの構造上仕方ないのかもしれませんが
もう少し水量を増やしてほしい。

暑い季節はやっぱりアイスが飲みたい。

夏は、やっぱりアイスコーヒーが飲みたくなります。
ドルチェでもアイスはできますが、一杯当たりのコストが高い
のと、量が少なすぎるのであまり利用しません。

それの変わるのが、「ラテベース」です。
知り合いの家にお邪魔した時、出されたアイスコーヒーが
美味しくて「これどこのコーヒー?」と聞き

ボスのラテベース。」をしりました。

「これを牛乳で割って飲むだけ。」と小さなペットボトル
を見せてくれました。さっそくスーパーで買い物です。

一本298円で10杯分作れます。ただ牛乳で割らないと
あまりおいしくないので牛乳代も余分にかかりますが、
それでもドルチェのアイスより割安。

注意です 牛乳も明治のおいしい牛乳が一番合う気がします。
安い乳飲料だとあまりラテのおいしさを感じられない。

アイスはもっぱら「ラテベース」です。

コーヒーで至福のひと時を

嗜好には個人差がありますから、何を飲もうと自由です。

コーヒーもどんな飲み方で飲んでも自由です。

あなたの好みのスタイル、こだわりの飲み方で
ひと時の満足感が得られればそれでいいと思います。

ただ、コーヒー好きから言わせてもらえば、

コーヒーは香りが命

できれば本当のコーヒーの美味しさを堪能できる飲み方で
コーヒーの良さを味わってほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました