シニアdeアフィリ⑧(ブログの引越し、テーマとパーマリンク)

wordpress編

こんにちは

このころ2019年5月中旬から下旬にかけて、
ブログの移動に手を取られて記事の更新ができていません。

およそ一週間ほど、ブログが形になるまで掛かりました。
移転作業がこれほど大変だったとは。

こんなことなら始めからケチらずに、wordpressにしとけば
良かった。と後悔しました。

昭平令
昭平令

後悔先立たずです。

冷静な嫁
冷静な嫁

おじさん朝○○ず。

けどwordpressを触っていて感じたのは、いきなりwordpress
から始めるより、「はてなブログ」である程度ブログの基本的
なことを少しでも覚えていたから、まだ入り安かったのかなぁ
とも思います。

「はてなブログ」でしてきたことがまるっきり無駄だった
訳ではない
と思います。

みんなそうやって成長するのですねぇ。

今回も前回の続きから、「はてなブログ」からwordpressへの
移行手順後半、wordpressのテーマ決定、テキストファイルの
インポートなど書いていきます。

スポンサーリンク

wordpressのテーマ

テキストファイルのインポート前にwordpressのテーマ
を決めます。

wordpressには無料、有料を含めて無数のテーマ
(テンプレート)があります。

やはりここは無料で行きました。

始めに選んだのは、「Lion media」です。
選んだ理由は、ズバリ見た目。

「はてなブログ」のテーマにはないオシャレさです。

wordpressテーマのメリット

①ほぼ完成したテーマが無料で使える。

wordpressなら何も手を加えないで、始めから
完成されたテーマが無料で用意されています。

おすすめテーマ

・Lion media
・Luxeritas
・Stinger
・Cocoon

あたりを選べば間違いないでしょう。

私が今メイン(このブログ)で使っているのはcocoonです。
わいひらさんが無料で提供しているんですが、

 

cocoon最強です。

cocoonに関しては別の記事で詳しく書きます。

②カスタマイズが容易で自由度が高い。

少しだけcssやhtmlが扱える(と言ってもほとんどコピペ)
事ができれば、自分の思うがままにカスタマイズできます。

Lion mediaはカスタマイズしなくてもそのままで十分
オシャレなデザインです。

他の、cocoonやLuxeritas、stingerはそのままだと
少々素っ気ないので手直しした方が個性が出ます。

③無料でも高機能

「はてなブログ」との比較になりますが、wordpressの
無料テーマは格段に高機能です。とくにcocoonなどは
設定画面を見てもらえばわかりますが、本当に細かいところまで
設定できるように準備されてます。

④SEO対策にも適している

私自身SEOを未だに完全には理解できてはいませんが
多くの先輩方が言っているので間違いないでしょう。

基本的にSEO対策はブログの運営者自身が行わなければ
ならないものですが、その手助けをしてくれる機能が
充実しています。

特にcocoonはプラグインを利用しなくても、予めさまざまなSEO対策
が施されるように準備されています。

SEOについて詳しくはこちら↓

ただ、SEOについては始めからあれこれ小手先のテクニックを
駆使するより、その労力をブログの記事作成に費やした方が
いいように思います。

自身のブログがある程度のボリュームになってから
少しづつ手を加えて行っても遅くはないでしょう。

⑤ブログの表示スピードが速い。

これもSEO対策の内の一つでしょうが、「はてなブログ」のころ
と比べると表示が気持ち良いくらいサクサクです。
その速さでは、Luxseritasが一番でしょう。

wordpressのテーマに関してはこれといって
デメリットは思いつきません。あえて言うならば、テーマが
多すぎて初心者が選ぶのに苦労することぐらいかなぁ?

Lion mediaについて

wordpressに移行当初は、Lion mediaを使ってました。

選んだ理由は先ほども書きましたが、見た目です。
少し派手なデザインに心惹かれました。

Lion mediaの特徴は、デザインが気に入ればそのまま
すぐに使えること。名前が示す通り、写真などを多用して
美しくデザインするにはもってこいのテーマです。

機能的にも過不足なく、使いやすいテーマだと思います。
が、あの特徴的なヘッダー部分のブログタイトルのデザイン
思うようにカスタマイズできない(私に分からないだけかも。)。

上図↑のタイトル部分のカスタマイズが、色とロゴしか変更できない。

一目でLion media使ってるのがわかるので、変えたかったんですが、
少し手を加えるくらいで、諦めました。

あと、SEO的に少し弱いところがあって、プラグイン
(All in one SEO)で補強していました。

 

私のもう一つのサイト「プラム情報局」では今も、Lion mediaを
使ってます。ただ、少々残念なのは、テーマの更新が最近
ほとんどされてないことです。それ以外は十分満足ですが。

テキストファイルのインポート

「はてなブログ」から記事のテキストファイルをダウンロード
した後、今度はwordpressへインポートします。

手順としては、

①パーマリンクの設定
②Movable TypeとTypePadのインストール
③インポーターの実行

の順です。

①パーマリンクの設定

「はてなブログ」のテキストファイルをインポートする前に
wordpressでパーマリンク
なるものを設定しておきましょう。

パーマリンクって何?

パーマリンクとは?

ブラウザ上に表示されるURLのドメイン以降の部分、
例:http://○○.ksanhonsan.com/entry/how-to-dalian/2019-05-12-125721/
このURLの青色の部分をパーマリンクと言います。

詳しくは下記参照

要するに、ウェブページに表示される記事ごとのURLです。

重要私は、さほど気にもしていなかったので、標準のままでしたが、
実はパーマリンクは非常に重要な設定ですので、取り扱いは
慎重にしたほうがいいです。ブログを開始してすぐ、適切に設定しておくべきものです。
後から気づいたのですが、初めは誰も教えてはくれません。
後から変更するととても面倒なことになります。
補足:パーマリンクの変更に関する注意点

私のように、ブログの記事数も少なく、アクセス数もなく
はてなスターやはてなブックマークもほとんどないならパーマリンク
を変更してもさして気にするほどの影響はありませんが、

ある程度のブログ記事数やアクセスを集めている方は、
まず変更しない方が無難です。

「はてなブログ」のパーマリンクは標準で/entry/2011/11/07/161845
のようになっていますので、この数字の羅列をどうしても変更したくなります。
でも変更してしまうと、

1、はてなスター、はてなブックマークが消えてしまう。
2、SNSのシェアもリセットされ0になる。
3、検索エンジン(googleなど)の評価もリセットされる。
4、内部、外部のリンクが切れる。

というような弊害が出てきます。

それを避ける対策として、301リダイレクトという方法もありますが、
元通りのアクセス回復や、googleの評価には戻れないようです。

301リダイレクトとは↓


「はてなブログ」の場合、「設定」⇒「詳細設定」にある記事URLの部分がパーマリンクの設定か所です。

私の様に記事URLを標準にしていた場合、wordpressでは
「ダッシュボード」⇒「設定」⇒「パーマリンク」と移り
下記のように設定します。

/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%

と記述します。entry以外は下のタグボタンをクリックすると空欄に入力
されます。

他のサイトを参照していると、ここにスラッシュ「/」が表示
できないと書いているのを見かけましたが、問題なく
打ち込めました。何が違うのか?wordpressのバージョン?

このように設定することで、はてなのパーマリンクを引き継ぐ
事ができます。

いやいや、はてなに未練はない。この際0からスタート
してもいい。という方は、

/%category%/%postname%/

このように設定すれば、スッキリしますし、URLを見た人に
あるていど記事内容が想像できるのでSEO的にもいいそうです。

この時気を付けたいのがパーマリンクの日本語扱いです。

カテゴリー名のスラッグに日本語を指定している場合、
URL上では、

https://○○.com/%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3

このような訳の分からない英数字の羅列になります。
見た目も悪いし、googleさんも好きじゃないようなので
できるだけ日本語は避けたいです。

カテゴリーのスラッグは「ダッシュボード」⇒「投稿一覧」
⇒「カテゴリー」⇒それぞれのカテゴリー編集をクリックすると

このような画面になります↓

スラッグはカテゴリー名を簡単な英語表記にすればいいと思います。

②Movable TypeとTypePadのインストール

その前にまず、wordpressの「ダッシュボード」⇒「ツール」⇒
「インポート」のページにある「Movable TypeとTypePad
をインストールしておきましょう。

③インポーターの実行

そして、事前に少し手を加え保存したテキストファイル(見出しのh3~h5の変換済)のインポートを「Movable TypeとTypePad」の下にある「インポーターの実行」から行います。

「インポーターの実行」のボタンを押すと、下のような画面が

ここで「ファイルを選択」ボタンで保存しているテキストファイルを選択、
そして、「ファイルをアップロードしてインポート」ボタンを押せば
インポートは完了です。

インポートが完了したら「実行」のボタンをクリックして、
テキストファイルの移行は完了です。

*テキストファイルのh3~h5の修正について

前回メモ帳に保存した「はてなブログ」のテキストファイルの
h3~h5の修正について、一文字ずつ検索→変換する方法を
紹介してましたが、とても面倒な作業なので他に簡単な方法
はないか?と調べていたら、ありました。


メモ帳を開いて、キーボードのショートカットCtrl+Hで置換窓を開き
置換する前の語句と後の語句を記入し、「すべて置換」をクリックすれば
なんと、いっぺんに変換できました。

いや~知らないというのは本当に不自由なことが多いですねぇ。



今回はこの辺で

ふうっ。疲れます。

こんな作業もプロに任せて、サクサクッと終わらせ、
記事の更新に集中すれば楽なんでしょうけど、
アフィリエイトで稼いだらいつかはそうしたいなぁ。

師匠
師匠

収益二桁のものがなにを夢みたいなことを。

昭平令
昭平令

いつかは、です。

次回は最も苦労した、ブログの体裁を整える作業について
書いてみます。
それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました