中国(深圳、マカオ、香港)の旅2⃣カジノと料理と女性、最後に観光

スポンサーリンク
深圳、マカオ、香港
遠く見えるグランドリスボアホテル

アニョハセヨ、你好、こんにちは昭 平令です。

はじめに

最近日韓関係が微妙になってきていますが、韓国・中国好きの私としては
複雑な気持ちです。双方が折り合える着地点を見つけて、早く友好な関係を
取り戻して欲しいです。

昭

何とか仲良くできないものか。

そうでないと、心おきなく旅行も楽しめないような気がするのは
私だけでしょうか?

師匠
師匠

わしもそう思う。

それはさておき、前回の続きで今回は、マカオから香港へのおじさん旅行記です。

引き続きマカオの観光とカジノ、カラオケ

マカオタワーを見学した後、おじさんたちはガイドさんに導かれるまま
F1グランプリのスタート地点にやってまいりました。

マカオグランプリのスタート地点

Macau Ferry Pier Grand Prix Stand
I, Mo707 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
当日はレースは開催されておりませんが、たくさんの人と車で混雑してました。
スタート地点はマカオ港の国際旅客ターミナル近くで、観覧席などもありますが、
意外と狭い印象です。

(この時気が付いたんですが、当時のマカオではトヨタのアルファードが人気のようで、
駐車場や一般道などあちこちで見かけましたよ。)

マカオグランプリはモナコグランプリ同様、市街地を走るコースが設けられており、
道路幅はモナコよりも狭く、タイトなヘアピンなどもあり世界屈指の難コースとして
有名で、クラッシュ事故も多いです。1983年にはあのアイルトンセナも優勝してます。

有名なヘアピンカーブ

マカオグランプリコースを後にし、おじさん一行はカジノへと向かいました。

海外航空券ではいつもお世話になっております。

サンズ・マカオでカジノ

マカオはおよそ30か所はどのカジノホテルが立ち並び、ラスベガスにも負けない
一大カジノリゾートです。有名なのは、マカオの観光案内写真でもよく見かける
特徴的な形をしたホテルグランドリスボア・マカオ、や
超豪華なザ・ヴェネチアン・マカオウィン・マカオなどが有ります。

遠く見えるグランドリスボアホテル

Grand Lisboa, Macau (5234996532)
Rob Young from United Kingdom [CC BY 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)]

壮大なヴェネチアンマカオ

[2][CC BY-SA 2.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)]

私たちが訪れたのは、サンズ・マカオというホテルで740台以上のテーブルゲームや
1250台以上のスロットマシーンを設置しているマカオでも1~2を争う規模の
カジノホテルでした。

カジノ内に入るのにパスポートを提示して、簡単なセキュリティーチェックを受けますが、
この時おじさんは、「帽子をとれ。」と言われました。
しかたなく、ハゲ頭をさらしました。

昭

お恥ずかしい。

冷静な嫁
冷静な嫁

フフッ、何をいまさら。

マカオのカジノでは、入場の際、服装についてはさほど厳しくなく、ラフな普段着
でも大丈夫らしいですが(さすがにサンダルはダメ。)、帽子とサングラスは
着用できません。また、韓国と違って地元の人たちも出入り自由で、テーブルゲームのレートも
比較的低めから遊べるようになってます。そのためか、カジノ場内はあふれんばかりの人だかりでごった返していました。
騒々しさや客層からすると、ちょうど日本のパチンコ屋みたいな感じです。

師匠
師匠

賑やかすぎてわしゃ好かん。

どのテーブルも満席状態で、しかもプレーヤーの数よりぐるりと取り囲むように
群がっている見物人の方が多いです。個人的には韓国のカジノの雰囲気の方が好きです。

マカオのカジノでは現地通貨のパタカは使えないので、香港ドルに両替しましたが、
1ドルも使わずに、ウロウロするばかりでした。

ホール全体はとても広く、中央では特設ステージが設けられていたり、無料の
ドリンクなども用意されているので、興味本位でアチコチ歩き回ってました。
ルーレットテーブルが空くのを待っていたのですが1時間ほど経っても
空きません。

もうここを出ようと、出口に向かいました。

なんと、出口がわかりません。

そうです、あまりの広さにおじさんはいい年して迷子になったのです。

冷静な嫁
冷静な嫁

こどもですか?

 

昭

なんとでも言え。

どこを向いても同じような景色、北も南も分かりません。
久しぶりに子供の頃味わった、焦燥感と孤独感。
30分くらいでしょうかキョロキョロしていた私に、同行のおじさんが
声をかけてくれました。

「何してる?」
「ああ、会えてよかった。」

その同行者が神さまに見えました。

買い物へ

カジノを後にし、ガイドさんに連れられて買い物へ出かけました。
到着したのは、港の近くの荷上場のような倉庫が立ち並ぶ一角でした。

どうやらここに内緒のお店(パチモン)があるらしい。
私はこの時は、疲れていたので車の中で一休みしてました。

30分ほどで、他のおじさんたちが、嬉しそうにカバンやらバッグ、
派手な時計を自慢げに見せびらかし、満足そうにニコニコしながら
返ってきました。

「それいくら?」と聞くとビックリ!マカオはパチモンも高いです。
買わなくてよかった、と内心思いました。

ここでパチモンの話
あるおじさんから聞いた話ですが、この旅行の2~3年前、会社の社員旅行で
香港に行った時の事。帰りの空港の手荷物検査で、はたちそこそこのお兄さんが呼び止められ、
検査官に「その時計を見せてくれ。」と言われました。このお兄さん、普段着はどこから見てもヤンチャな若者風です。
その時旅行という事もあって、とびきりいいロレックスのデイトナをはめてました。

もちろん本物です。他のおじさんたちは、すんなり検査を終えニヤニヤしながら動向を見守ってます。
おじさんの中には本当のパチモン(なんかおかしな表現だなぁ)の時計をしていた
人もいましたが、問題なく検査を通過してました。

検査官「これは本物か?」
お兄さん「当り前よ、日本からずっとはめて来たのに。」

検査官「購入を証明できるものはあるか?」
お兄さん「時計するのに、いちいち証明書なんか持ち歩く人間おるか?」

検査官「検査する。」
お兄さん「どうぞ。」

10分ほど待っていると
検査官「OKです。どうぞ。」
お兄さん「やかましいわ、なにがOKですじゃ!」
(日本語で怒っていたので、検査官に伝わってたかどうかは不明。)

そのお兄さんは、帰りの飛行機の中で、一人しばらくぶつぶつ文句を
言っていたそうです。

私は今までパチモンの時計してても、そういう経験は一度もないのですが、
どうやら検査官も身なりで判断し、不審に思ったのでしょう。

若者が、分不相応な時計をしていたので、パチモンだと思われたのに違いありません。
もしパチモンだったら確実に取り上げられてますよ。

皆さんもお気を付けください。

やはり懲りずにカラオケ店へ

パチモンの買い物を終えたおじさんたちは、お決まりのカラオケ店(中式)へ

カラオケ店へ向かう途中に、エッグタルトを見つけたので記念に食べてみました。
感想は?
んん、美味しいけどこんなもんかなぁ。くらいの印象でした。
濃厚なプリンをしっとりとしたクッキーに乗せて食べてるような感じ。

これだったら明月堂の「博多通りもん」の方がうまいと思う。
(日本全国のお土産No1通りもんファンの感想)

しばらくして、とある派手なビルの2Fの突き当りの部屋へ案内されました。
ほどなくすると、来ました。
国際色豊かな美女たち15人ほど。

昭

いよっ、待ってました!

師匠
師匠

懲りんのう。

マカオはカラオケ店でも中国人だけでなく、フィリピン系、ベトナム系いろいろ
混じってます。みんなスタイルよく可愛かったですが、ここもほとんど日本語は
通じません。英語が少しできるくらい。

海外で言葉に困ったら、カラオケ店でも使える

ガイドさんに任せていたので、こういうお店になりましたが、マカオには日式
カラオケはないのかなぁ?少し不満です。することは同じとはいえ。

言葉に問題はありましたが、深圳のカラオケとは違って女の子はみんなとても
明るく、盛り上げ上手でしたので退屈はしませんでした。
利用料金は深圳より少し高めでした。

ひとしきり飲んで騒いでホテルに帰ってすぐに就寝。

明日の最終日は香港です。

つづく

中国でも安心してサクサクWIFI

コメント

タイトルとURLをコピーしました