ギター回顧ろっく🔟(ビンテージアコギは本当に鳴るか?私の試奏録)

スポンサーリンク
ギター回顧ろっく

こんにちは、昭平令です。

今回は、私が実際に手にし、試奏してきたビンテージギター
について、その感想と、良し悪しをギター回顧ろっく8⃣の続きから
お話しします。

あくまで素人の個人的な感想ですので、好みに偏りがあるかも知れません
が、あなたのアコギ選びに少しでもご参考になれば幸いです。

手にしたアコギの数々

(マーチンについてはギター回顧ろっく9⃣で語っておりますのでここでは
省略します。)

私がアコースティックギターを購入したのはヤフオクがほとんどです。
記憶に残る限り今まで出会ったギターを紹介しますと、

Headway、YAMAHA、YAMAKI、ARIA、Cat’s eye(東海)、
S・ヤイリ、K・ヤイリ、Asturias、Gibson、Kawase(マスター)、Tacoma、
モーリス、Jumbo、Furch(フォルヒ)、Alhambra、Rider、Larrivee、
グレコ、K.country(春日)、ThreeS(鈴木)などなど。

(なお12弦ギターやクラシックギターは除いてます。)

それでは、思いつくままに紹介していきます。

Headway HD-115

アコギ好きの間では有名なブランドで、1977年にマスタービルダー百瀬氏が創業した
Headwayは、現在でも数々の名器と呼ばれるギターを提供しています。

創業当初のHD-115はマーチンのD-28を忠実にコピーしたモデルですが、
私が手にしたのは、HD-115 2009editionです。

私のヘッドウェイです。

オークションで比較的お得に落札でき、届いたギターを弾いてみると、手持ちの
マーチンのHD-28Vにルックスも似ていますが、サウンドも負けず劣らず、
低音から高音までバランスよく、気持ちよく鳴ります。

本家の3分の1ほどの価格でこの音を出せるのですから、日本のHeadwayの技術力
に感心しました。

仕様は、ペグはオープンバックで、スキャロップドブレージング、フォワードシフテッド
ブレーシングを採用してますのでまさしくHD-28Vそのものです。

スキャロップドブレージングはこんな感じ。

今現在も愛用し続けてます。

私の宝物です。

いつかは、1970年代のHD-115を試奏してみたいと思ってますが、オークション
でも人気が高くなかなか手が出ません。

S・ヤイリ YD-306、YD-303、SYD-2000

現在はキョーリツコーポレーション傘下になり廉価な海外製産のギターを販売して
おりますが、1980年ころまでは、YDシリーズをはじめ優秀なアコギを
生産していたブランドです。

私が手にしたのは、YD-303とYD-306、SYD-2000でした。

SYD-2000

SYD-2000は寺田楽器が2000年に限定製造販売したモデルで、
以前のS・ヤイリとは別物のギターでした。私も購入当初は知らずに買ってしまい
あまり鳴らないのでガッカリした記憶が有ります。

YD-303

YD-303は1980年代で、トップスプルース単板、バックがハカランダの
合板でした。

見た目は確かにハカランダはキレイですが、合板ですとローズウッドとの
差があまり分かりませんでした。どちらかと言うと少し硬い音です。

YD-306

YD-306は1970年代のものはバックがハカランダ単板が有りますが
私が手にしたのは、1980年ころのバックがローズウッド単板でした。

しかしこれが驚くほどよく鳴りました。低音も迫力があり、中高音も大きく
音に伸びがありました。

どうしてもK・ヤイリのイメージを持っていた私は、買ってもあまり期待して
ませんでしたが、いい意味で期待を裏切られました。K・ヤイリとは別もの
です。

今現在は経営母体も変わり、残念な海外製造ギターがほとんどですが、
1970~1980年ころのS・ヤイリはどの型番でもいいですから
一度試してみる価値があると思いますよ。

YAMAHA FG-450、FG-700、FG‐500J,600J、 L-5,6 LA-8、LL-31B

ヤマハは他にも試奏したギターが有りますが、今覚えているのはこれ位です。

FG-700

中でも1972年のFG-700は、よく鳴りました。
あまり使いたくない表現ですが、爆音でしたねぇ。

FG-700

このボディーバック、ハカランダなのかな?

ギター自体の作りもしっかりして重みがあり、ピックで弾くとやかましいくらい
鳴りました。トップはスプルース単板、サイドはハカランダ合板、バックは
ハカランダ単板と言う仕様。

(実はヤマハのハカランダには諸説ありまして
詳しくはわかりませんが、ブラジリアンローズウッドではない可能性が
あります。
このFG-700も見た目「ええっこれがハカランダですか?」という
模様と色をしており、あのハカランダ特有の甘い香りもしませんでした。
真偽のほどは分かりません。)

という疑問もかすむくらいにいい音してましたよ。ただ鳴りすぎて、高音が
少し埋もれてしまう感がありました。

このヤマハのFGシリーズにはサウンドホール内のラベルの色によってビンテージ
ギターとしての値打ちが違うようです。

最も有名なのは赤ラベルですねぇ、数年前FG-180の赤ラベルがオークション
でも10万円以上の値段を付けて取引されてました。その頃人気の「ゆず」が
使っていたこともあり、異常な値上がりをしてました。

私は傍目に、「そんな鳴りもしないオール合板のギターになんで10万円も払う?」
と冷めてましたが、ブームとはそんなものですかねぇ。

同じ赤ラベルでもFG-450は確かになりましたよ。
1970年代初期の45000円ですから結構いい値段ですけど。
作りもよく、素材も180とはひとランク上の物を使用してますからよく鳴って
当然ですが、ただどちらかというとストローク派向けのギターかなと思います。

私のようなフィンガーピッキング派には一音一音の響きに不満が残ります。

FG-500Jと600J

FG-500Jと600Jはともに黒ラベルのギターでした。
1974年ころのギターですが、どちらも余り上品な音はしません、
どちらかというと荒っぽいガチャガチャした音でした。

赤ラベルから2年程でこんなにギター(FG)が変わるものなのかと
いう印象を受けました。

L-5,6

L-5,6はヤマハの高級シリーズとして1970年後半から販売されたもの
です。確かに使用されている木材は、目の詰まった良い物でしたが、鳴り方は
どちらも平凡な感じでした。

このLシリーズにも前期モデルと後期モデルがありまして、指板のドットインレイが
5Fから付いているのが前期型で、3Fから付いているのが後期型です。
もちろん前期モデルの方が、使われている材もいいですし、よく鳴ります。

Lシリーズ前期モデル、後期型より価格が2倍以上高い。

本当はL-8、L-10、L-15あたりを探していたのですが、なかなかいいものに
出会えませんでした。私のようなマニアが高額でも取引していて、お手頃なものが
見つかりにくいです。L-10の前期モデルは今でも欲しい一本です。

YAMAHAは全体的に言える事ですが、作りがしっかりしている分音が
少し犠牲になっているような気がします。中級器高級器にかかわらず
音に深みがなく、硬い機械的な印象です。万人ウケする優等生の音です。ヤマハが目指しているギターは、スタジオやステージでの使用を前提に、
イコライザーやエフェクターに相性のいい、加工しやすい音を出すギターの
ような気がします。弾き手(プレイヤー)に響くギターではなく、
聞き手に響くギターなのかもしれません。

ヤマハにはこの他にもテリーズや、LL-55などの高級機が有りますが、
おじさんには手がでませんし、そこまで出してヤマハを購入する気には
正直なれません。ヤマハファンの方ごめんなさい。

ビンテージギターにはブランドごとに結構コアなファンがいます。
参考までにいくつかご紹介させて頂きますので、今回はこの辺で

§ アコースティックギター選びのノウハウ 
(少し情報としては古くなりますが、よくぞここまで調べ上げたなぁ、
と感心するくらいの情報量です。ヤマハにはとても詳しいですよ。)

§ ギターについて真面目に考えるBrog 
(アコギ、だけでなくギター全般を詳しく記事にしてます。)

§ YAMAKI解体新書
(ヤマキのギターについて知りたければ取り合えずここへ。)

§ guitar site WAVE
(cats eye(東海楽器)の事ならここ一番)

§ ヘッドウェイ ギター最高 
(Headwayの事なら取り合えずここで調べてね。)

§ 5th-street 
(アコギについてのメンテナンスなど深く掘り下げた内容です。)

§ Martin D-28徹底研究
(すごい!ここまでやるか、といううくらいD-28への愛情を感じます。)

欲しいギターが見つかるかも。
アコギパーツの豊富な品揃え。

アコギ上達の近道

コメント

タイトルとURLをコピーしました