スポンサーリンク

ギター回顧ろっく8⃣(3万円で買えるビンテージギター)

ギター回顧ろっく

まえがき

こんにちは、昭平令です。
みなさん、ギター弾いてますか?
今回は、今まで私が出会ったアコースティックギターに
ついて、いろいろご紹介していきます。

時には大手楽器店からも直接新品購入したり、リサイクル
ショップで手にいれたり、はたまたゴミ処理場で拾い上げたり
していましたが、

メインはヤフオクでした。

毎日毎日、オークションサイトを目を皿のようにして見渡し、
興味のあるギターをいかに安く手に入れるか考えながら、
私のベストパートナーに出会うため、数々のギターを売買
してきました。

おかげで、オークションにもある程度精通できましたし、
ギターのメンテナンスの勉強にもなりました。

今まで、出会ったギターたちは50本以上には
なると思います。

それぞれ、実際に弾いてみて感激したギターや、
評判とは違いガッカリしたギターなどありました。

あくまで、ギター好きな素人の感想ですが、ご参考に
して頂ければ幸いです。


それでは、主だったメーカーごとにご紹介して行きます。
付け加えておきますが、アコギの弦はほとんどマーチンの
ライトゲージをはって弾いておりました。

春日ギター(K.cuntory)

春日楽器は創業昭和9年の歴史ある楽器メーカーです。
なんと昭和の民社党委員長春日一幸氏が設立してます。

私が手にしたのは、K.cuntoryのHC-400、600
650とD-400です。

HC-400

ヤフオクで2万円くらいで購入、製造は1970年代でした。
ブリッジ付近が若干膨らみ気味で弦高がやや高めでしたので、
ナットとサドルで6弦12Fで3.0mmくらいに調整。

ボディートップは米杉(シダー)単板、サイドバックは
ローズウッドの合板という作りです。

K.countryのHCシリーズはハンドクラフトの頭文字をつけた
シリーズで、一番低価格のモデルHC-400も丁寧に
作り込まれてあるギターでした。

サイドバックも合板とはいえ、非常にきれいな木目の
ローズウッドを使用しており、当時の定価は4万円ですが
現在の価値に直すと2倍はすると思います。

音は、低音も少し硬いが、迫力があり高音にかけて
バランス良く鳴りました。ただ高音はあまり伸びが
少ない印象です。

HC-600

こちらも1970年代製造のギターで、トップには目の
詰まったスプルース単板、サイド&バックにはローズウッド
の合板という作りです。

バックは当時流行りの3ピースになっております。

ヤフオクで手に入れ状態も良かったです。
音は、何故かHC-400ほどの低音が出ませんでした。
高音はさすがに伸びが有りましたが、3ピースバックの
影響なのかもしれません。

HC-650

このギターは上記2本とは違いギャラガーのコピーモデル
です。

ヘッドの形はギャラガーそのもので、ボヂィーの肩のあたり
が少し幅広く角ばった感じでした。ピックガードも独特な
形です。

音はこのギターが一番良くなりました。
ボディー形状からくるものなのか、低音にはお腹に響く
くらいの迫力があり、コードを鳴らすと、若干高音が
埋もれてしまうくらいでした。ロックには合うかなと
思います。

D-400

こちらも1970年代後半のギターで、トップエゾ松、
サイド&バックローズウッドのオール合板です。

バックは3ピースですが、D-45風の派手な装飾に
目を引かれヤフオクで落札してしまいました。

指板とボディートップのバインディング、サウンドホール
にキレイなアヴァロンインレイが施されていました。

音は、見た目とは裏腹に少し残念な鳴りでした。
当時の見栄張る君にはちょうどいいギターだったのかも
知れません。

その他、K.countryシリーズには、HC-1000、1500
2000など高級なものも有りますが、滅多に見つからない
稀少性から高額になり過ぎて購入しませんでした。

KASUGAにはほかにもBGシリーズがありますが、
こちらも評判が良くなかなかヤフオクでは見つからず
手にしておりませんが、いずれは弾いてみたいギターの
一つです。

Suzuki Three S(鈴木バイオリン)

こちらのメーカーも創業は古く、春日楽器より少し先輩
の老舗で、当初はバイオリンを製造しておりました。

木曽鈴木というブランドの兄弟会社もありますが、ギター
の評判はこちらの鈴木バイオリンに軍配が上がります。
木曽鈴木は初心者向けの廉価なギターを多数販売していた
イメージが有ります。

鈴木バイオリンはThree Sシリーズが有名でその作りや
鳴りに定評がありました。

私が実際に手にしたのは、W-300、400、500
です。

W-300

 

鈴木Three S出始めて手にしたギターです。

トップはスプルース、サイド&バックはローズウッドの
オール合板でしたが、程度の悪い単板よりいい音がしました。
ヘッドにはトーチインレイが施され高級感を醸し出していました。

このシリーズには前期、後期によってデザインの異なる個体が
存在します。私が購入したのは後期型の様です。

低音は迫力には欠けるものの、柔らかさが有り、どちらかと
言えば中音域が強調されたギターでした。何か温もりを
感じさせるような音です。

コードストロークよりも、フィンガーピッキングでつま弾きたい
ギターでした。

W-400

こちらはトップがスプルース単板、サイド&バックはローズウッド
の合板が使われたギターです。

バックは3ピースで指板とトップのバインディングにはアヴァロン
インレイが施され見た目もキレイでした。

音は、私の知るThree Sの中では一番よく鳴ってました。
低音はほど良く鳴り、中高音のバランスも良かったのですが、
トップの材が薄いからかブレージングのせいか、ブリッジの
あたりで膨らんでました。

トラスロッドも前の所有者が、限界まで回してあったので
サドルを出来るだけ削ってみましたが、それでも6弦12F
で3.5mmの弦高が有りました。

音はいいけど少し弾きづらい、そんなギターです。

まあ鳴るギターの宿命の様なものですけど、丈夫さを取れば
音が犠牲になるし、音を追求すればとてももろく繊細
物になります。

W-500

三番目のThree Sはその見た目が人気になっていたW-500
です。D-45のような豪華な装飾を施していました。

私も見た目につられて購入しましたが、サウンドホール上部
のネックとの繋ぎ目辺りに割れが有り、補修してありました
ので、比較的安く落札できました。

私の経験上、ギターの割れをとても気にされる方が多いと
思いますが、しっかりと補修されたギターであれば、さほど
というか、ほぼ音に影響はないと思います。

ただ、見た目を気にされる方が多く、こういう訳ありギター
は、思わぬ安値で購入できますので、深刻なダメージを
負ってない限りは、そういう個体を狙うのも面白いと
思いますよ。

肝心のW-500の音ですが、少し残念な鳴りでした。
高音はまずまず伸びのある鳴りをしてましたが、低音に
全く迫力がなく私的には、鳴らないギターの部類でした。

鈴木のトルバドールが一時期人気になりヤフオクでも
高値を付けてましたが、私には手が出せませんでした。

マーチンのOサイズのギターでヘッドがクラシックギター
のようなスロッテドヘッドになっているなど、特徴的な
ギターですけど、コレクター向きのような気がします。

まだまだ、ジャパンビンテージギターコレクションの
話は続きますが、今回はこの辺で。

欲しいギターが見つかるかも


ギター上達の近道


コメント

タイトルとURLをコピーしました