ギター回顧ろっく7⃣(初心者の悩み解決、ギター選びはこれ)

スポンサーリンク
ギター回顧ろっく

ギター初心者のお悩み解決

初心者におすすめできるアコースティックギターとは?

初心者の方に「どんなギターがいいですか?」
と聞かれることが有ります。

私がおすすめするのは、2~3万円台の国産ギターです。
ヤマハ、S・ヤイリ、モーリスの廉価版でいいと思います。

この3社はギターを量産してますし、それなりに知名度も有り
作りのしっかりとしたものが多いです。

音的にも万人受けする音ですし、あらゆる音楽ジャンルにも
対応できるギターです。

女性の方なら、抱えやすいコンパクトなボディーのトリプルO
(マーチンで言うooo-28タイプです。)タイプ。

男性の方なら、少し大きめのドレッドノートタイプ(マーチン
ではD-28タイプです。)がおすすめです。

あと気を付けて頂きたいのは、ネックの形状、太さです。
これは、個人個人で手の大きさが違いますから実際に
ネックを握ってみて感触を確かめるのが一番です。

手の小さい人が、幅の広いネックを選んでしまうと
セーハ(1弦から6弦までを人差し指だけで押さえる事)
するのに苦労します。

逆に手の大きい人が細いネックを選んでしまうと、
コードを押さえる時、お互いの指が干渉してしまい、
うまく押弦できなくなります。

また、ネックの形状ですが、U字型とかV字型などあります
が、これは好みでいいと思います。だいたいU字型の方が
握った感じが太く感じますよ。

私のギターはU字型です。分かりにくいですが。

ギターの色やデザインはお好みで選んでください。

ギター購入の際は、実際に見て触ってみるのが一番ですが、
そういった環境にない場合は、カタログのスペックを
参照してみて下さい。

ネックの幅(ナットに一番近い部分)は、細いもので43mm、
太いもので46mm有ります。1mm違えばずいぶん感触が
違います。よほどでない限り43~44mmあたりが妥当
だと思います。

私のギターのネック幅
およそ43mm

初めての人に2~3万円の国産ギターをおすすめしましたが、
もちろん金銭的に余裕のある人は、いくらでもいいギターが
ありますので、お店に行って店員さんのセールストークに
任せておすすめのギターを選べばばいいかと思います。

ただ、余りにも安い1万円以下のようなギターには手を
出さないでください。そんなギターを買うくらいなら、
自分でホームセンターでべニア合板でも買ってきて、
型を作って弦を張って鳴らしてた方がましです。そのクラスのギターはメーカーも良く分からないし製造国も
東南アジアなどが多く、粗悪品である事が多いです。とくに
ギター構造の基本部分の作り込みがいい加減ですし、ペグ
(糸巻)も安物が使われていて、使っているとチューニングさえ
まともにできなくなることが有ります。

(上記3社も製造自体は台湾や中国の物も有りますが、ブランド
としての管理がしっかりしていますのであまり不安はありません。)

以前見かけた某サイトで初心者にいきなり、フォルヒやモーリス
のSシリーズを勧めている記事がありましたが、確かにいい
ギターですけど、初めての人にそこまでのスペックは必要ないと
思いますし、

その人の音楽的な好みもあるでしょうし、はたまた途中で挫折
してギターそのものが不要になる事も考えられます。

サイトの運営者の利益優先で勧めているのかもしれませんが、
私にはできません。

ギターを選んだら取り合えず触ろう。

無事にギターを手に入れたら、とりあえず毎日ギターに
触れて下さい。1時間でも2時間でも毎日ネックを握って
ください。

コードも押さえやすい簡単なEm、D、A,Gでいいです。

ドレミファソラシドだけでもいいです。

初めは指二本で弦を押さえるだけでも一苦労ですが、半年
1年もすると、どなたでも弾けるようになります。

自分の好きな曲でいいんです、弾き続けて下さい。
ただ、できるだけ一弦一弦の音をキレイに鳴らせるように
注意してください。

もし早く短期間で上達したいなら、お金を投資してでも
ギター教室に通うのも一つの手段です。

独学でできない事もないですが、時間とお金に余裕の
ある方は、確かなプロに教わるのが近道です。

ギター上達の近道

独学ですと、どうしても間違った覚え方をしてしまう
事が有りますし、「これでいいのか?」と不安になる
ものです。

確実に早く、とお考えならギター教室に通ってみて下さい。

時間がかかってもいいし、この曲のコードさえ弾ければ
満足、趣味の範囲である程度弾ければいい、
と言うような方は独学でコツコツと練習しましょう。

(ちなみに、私は、すべて独学で覚えました。初めは
エレキギターから入ったので、アコースティックギターの
太い弦に苦労しました。

バンドで少し演奏した経験があるとはいえ、趣味の域を
出ない素人ですが、それこそ毎日毎日、多いときは4~5
時間夢中で弾いてました。指先の皮が硬くなって2~3
回めくれるほどです。ですので今ではある程度演奏に自信が
あります。)

どんな形にせよ、とりあえず毎日ギターを触ってみて下さい。
そうすれば自然と、いつの間にか弾けるようになりますよ。

その次のギターは好きなジャンルによって選ぶ

一年後あるていどギターを扱えるようになれば、それまでの
練習のご褒美として、自分に一クラスあるいは二クラス上の
ギターをプレゼントすればいいと思います。

その頃には、ギターの音とか扱い方も分かってきていると
思いますし、自分にはどんなギターが合うか、どんな音
を出したいか指標と言うものが見えていると思います。

あなたの音楽的嗜好によってお勧めできるギターは様々
です。

フォーク、カントリー、ブルーグラス、ブルース、ロック
歌謡曲、ポップスなどなど。

またギターの奏法によっても違います。

ガンガンのコードストローク派、フィンガーピッキング派
ネイルピックを使うカントリー派などなど

それぞれに合った音を出せるギターが何種類も有ります。
次回はそんな数あるギターな中から私が、実際手にして
いいと感じたギターをご紹介していきます。

これからギターを始めようという方、アコギに興味が
ある方、ご質問が有ればどんなことにもわかる範囲で
お答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

お探しのギターが見つかるかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました