スポンサーリンク

ギター回顧ロック6⃣(ヤフオクでギター三昧)

ギター回顧ろっく

ミスターグッドバーを探して

昔そんな題名の映画が有りました。結構エッチな内容でした
けど。私はマイベストギターを探す終わりの見えない
旅を始めました。

初めてのアコースティックギター

初めてのアコースティックギターは以前の記事にも書きましたが
友人に譲ってもらったYAMAHAのFG-450です。

このギターはトップもサイド、バックもすべて合板でしたが
バックに稀少なハカランダを使用しており、1970年代初期
のYAMAHA FGシリーズの上位機種でした。

当時型番が示すとうり45000円の定価でしたが、
今現在の価値に換算すると10万円はすると思います。

しっかりした重厚な作りで、なかなか太い音を出すギターで
ロック好きの私にピッタリのものでしたが、
なんと、寝かせておいたこのギターの上にテレビを落としてしまい
ネックが真ん中から見事に折れてしまいました。

さよならFG-450 😢
以来、しばらくアコースティックギターとは疎遠になってました。

ギターを探すと言っても限られた予算の範囲内でのことです。
まず目を付けたのは、国産の10万円以内の
アコースティックギターです。

いろいろ調べていると、どうやら1970~1980年代
の国産ギターにいいものがあるらしいという事で、ヤフオクで
必死に探しました。

私の住んでる田舎には、大手の楽器店もないですし、ツタヤ
などのCDレコード屋さえもありません。頼れるのはネット
だけです。

K・ヤイリ DY-18

ヤフオクを利用して初めて手にしたのが、評判の良かった
かの有名なK・ヤイリのDY-18です。当時39000円
くらいで落札しました。

届いたヤイリギターを早速試奏してみます。
1980年代初期のこのギターの外観は、マーチンのD-18
のコピーです。トップはスプルース単板、サイド&バックは
マホガニーの単板と言うオール単板仕様であまり弾き込んだ
様子もなく、状態としては良いものでした。

ただネックが順反り気味で、弦高が4mmと高く、
トラスロッドも限界でしたので、少し弾きにくかったです。

ナットとサドルを削って弦高を3mmまで調整して弾いて
見ました。

んん、、、。

優しい音です。万人受けする音と言うのでしょうか、個性の
ない聞いてて心地はいいのですけど、私的には迫力の面で
ものたりませんでした。

女性的な音、と言う表現がいいかもしれません。

いい音について

アコースティックギターは、弾いている本人に聞こえる音
と、聞いている人に聞こえてくる音には違いが有ります。

私がここで述べてるいい音、とかいい鳴りと言うう表現は
あくまで主観によるものであり、それがあなたにとって
いい音、心地よい音と感じるかどうか分かりません。

いい音とは、その人の音楽的な嗜好にも関係します。
ブルース、ロック、フォーク、クラシックそれぞれに適した
音があり、それぞれに適したギターも存在します。

私は、ジャンルを問わずどんな音楽でも聴きますが、やはり
傾向としては、ブルースやロックの音とか鳴り方を好み
ます。

また、プロの演奏者でもないですし、あくまで個人で楽しむ
趣味としてのギター弾きですので、人に聞かせる音
ではなく自分が聞いて感じる音でしか判断しておりません。

その辺りをご理解いただいたうえで、ご参考になさって
下さい。

K・ヤイリは優等生なギターですけど、私の求める音
ではなかったです。ですので、1か月ほどでヤフオクに
出品し売却しました。(ちなみに、ペグをゴトーの新品
に付け替え、キレイに手入れをしたためか59000円で
落札されました。)

ここで金欲の神様がささやきました。

「ヤフオクで好きなギターを買って、転売すれば、小遣い
にもなるし、いろんなギターを所有して弾きまわすことが
できる、まさに一石二鳥だなぁ。」と

ヤフオク三昧(K.country落札)

そこからヤフオク三昧の日々が始まりました。

(でも正直な話、転売によって利益を得ると言うのは副産物
的なもので、あくまで本来の目的である「いいギター
に巡り合う」という目標は変わりませんでしたけど。)

ジャパンオールドヴィンテージに絞って探し回りました。

まず目を付けたのは、春日(KASUGA)のギターです。

K・カントリーシリーズのHC-400を手に入れました。
23000円ほど落札しました。

1970年代に定価4万円で販売されていたこのギターは
トップ、スプルース単板サイド&バックローズウッドの
合板というスペックでした。

これはその価格とは裏腹に、いい音してました。
高音の繊細さや伸びはいまいちでしたが、低音には
それなりの迫力があり、好みに近かったです。

ただ弦高が低めで、コードストロークの時少し音がビビる
ので、ナットとサドルを交換し調整しました。

トラスロッドでもある程度弦高調整はできますが、私は
どうもギターと言う木材でできた繊細な楽器に、無理を
させているような気がしてあまり触りませんでした。

ナットとサドルの話

ナットやサドルに使われる素材にもいろいろなものが
有ります。

アコギのナット

アコギのナット

アコギのサドル

牛骨、タスク、金属、木材などなどです。

高級ギターには主に牛骨を使用したものが多いです。
サウンドと言うよりも見た目の高級感がその理由ではないか
と思います。

金属は耐久性はありますが、やはり高音寄りの乾いた
金属的な音がしますし、木材は耐久性も悪く、音の
ボディーへの伝わり方が悪いようです。

私はナットとサドルを交換する時ほとんどタスクを使用
していました。音も牛骨と遜色ないですし、価格も
とてもリーズナブルで、なんといっても加工がとてもしやすい
と言うのがその理由です。

ナットとサドルは手軽に交換できる反面、実はその調整が
とても重要で繊細なものです。

ナットは弦高を意識しながら、弦にできるだけストレスを
かけないよう弦溝を切らなければなりませんし、サドルも
弦高を考えながら、音のバランスの要であるオクターブ
ピッチ(オクターブチューニング)を調整しなければ
なりません。

これをいい加減にしてしまうと、どんな高級ギターも
鳴ってくれませんし、逆に廉価なギターでも見違えて
良くなる事も有ります。

今回はここまでですがさらに番組は続きます。

アコギの本体、パーツなどお探しのものは何でもそろう業界大手

私の様に回り道しないで、短期間でギターが上達する近道

コメント

タイトルとURLをコピーしました