おじさんがはまった中国(大連)旅行、大人の遊び方 4⃣

スポンサーリンク
中国旅行

アニョハセヨ、ニイハオ、こんにちは昭平令(ショウピンレイ)

 です。私のブログに立ち寄って頂きありがとうございます。

 

 ここでは、自身の体験をもとに中国(大連)旅行の大人の遊び方を

 ご紹介していきます。これから中国(大連)に行ってみようかなと

 お考えの方に少しでもお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

初めての大連 その④

大連のマッサージ店

f:id:ksanhonsan:20190511150202j:plain

マッサージ

おじさん三人は、パートナーを伴いニッコーホテル前にあるタイ式

マッサージ店「泰殿養生館」へ向かいます。

(現在この店は中山路の全季ホテル5階に移転してます。)

 

薄暗い店内に入ると、線香のようないい香りがします。所々にタイの

民族衣装を着た人形が飾られて雰囲気を醸し出しています。

 

三人は、まずソファーに案内されお茶と共にメニューを見せられます。

三人とも200元位のアロマオイル全身コース(90分)をお願いしました。

スタッフの準備ができると、私の担当となった若そうな女の子に案内され

細い階段を十段くらい降り個室へと向かいました。

 

「ここで着替えてください。」と言って女の子は部屋を出ていきパートナー

と一緒に薄手のガウンとトランクスに着替えました。頃合いを見計らって

女の子ともう一人若い男のスタッフが入ってきました。

 

店にはそういうルールがあるのか、それともパートナーの希望なのか分かり

ませんが、女性が隣で若い男にマッサージされているのを見ているのは少し

モヤモヤした気分になります。

 

顔を穴の空いたところに充ててうつ伏せになるとマッサージの開始です。

いい香りのアロマオイルを優しくすり込みながら肩から足先まで丁度いい

加減でマッサージしてくれます。

 

時折、隣のパートナーが男のスタッフと小声で何かしゃべっているのが

気になりますが、とても気持ちよかったです。

 

「痛いですか?」片言の日本語で女の子が聞きます。

「気持ちいい、丁度いい。」と返します。

パートナーに「気持ちいい。」は中国語で何と言うと聞くと

「くぅいい。」です。と教えてくれたので「くぅいい、くぅいい。」

と連呼しました。

 

「仰向けして下さい。」とかわいい声に体を一回転させると目の上に

おしぼりを乗せられ再びマッサージ、会話も少なくなりいつの間にか

寝ていました。

 

90分が過ぎたころ起こされて、マッサージ終了。

若くて田舎っぽい子でしたが、マッサージの技術は確かです。

 

なおスタッフには番号が付いていて、気に入れば次回来店した時に

その番号で指名することも可能ですよ。

皆さんも一度お試しください。

豆情報

私は大連のマッサージはほとんどこの泰殿を利用していましたが

他にもたくさんあります。私が実際に行ったお店を簡単に紹介

します。

 

泰殿と同じタイ式マッサージ店で、名前をはっきり思い出せませんが

フラマホテルの向かい側を少し右に歩いたところに間口の狭い店が

あります。ぱっと見泰殿と同じような店構えです。

 

ここも二三回いきましたが、料金も同じくらいでマッサージも

良かったです。

 

湯本温泉にも一度行きました。日本の銭湯のようなお風呂が有り

マッサージをお願いすると、大部屋にベットが十台くらい置かれた

所で、40代のおばさんがマッサージしてくれます。

 

背中を牛の角か何かでできた、手のひらサイズの棒でゴシゴシしごかれ

とても痛かったです。「痛い、痛い。」と言いながら体をくねらせても

おばさんは手を緩めてくれなかったです。

 

友人は気持ちよかったと言いますが、私はもういいです。

 

あと、ホテルのロビーに置いてあるフリーペーパーにもマッサージ店の

広告がたくさん載ってますが、ほとんどH系ですよ。

料金も300元以上します。もちろん純粋なマッサージだけでも

OKですが、いろんな意味で果敢に攻められます。(笑)


大連の居酒屋

マッサージ店を出てホテルに帰り、この後どうするか三人で協議し、

居酒屋へ行く事になりました。

f:id:ksanhonsan:20190511144643j:plain

江戸前日本料理店内

パートナーの案内でラマダホテル(現在はグランドコンチネンタル)の

3F「江戸前日本料理」と言うお店へ行きました。

 

ここはスイスホテルにもチェーン店がある結構有名なお店らしいです。

なかなか高級感のある和風の玄関を入ると、8畳くらいの畳の個室へ

案内されました。

 

取り合えずビールを注文した後、各々天ぷらとか、唐揚げ、鳥鍋、刺身

など好きな物をオーダーしてます。私はメニューを見てふと目に入った

ホタルイカの醤油漬けを頼みました。

 

友人が「中国で生もの食べて大丈夫か?」と心配してましたが、「海鮮で

有名な大連だから大丈夫、まかしなさい。」と自分にも言い聞かせながら

食べてました。

 

どの料理も日本人好みの味付けで美味しかったです。

ただ私だけが食べたホタルイカは少し生臭い匂いがありました。

「パートナーにも美味しいから食べてみなさい。」と勧めましたがなぜか

嫌がって食べませんでした。

 

ワイワイと飲んで食べてお腹いっぱいです。一人250元くらいですから

料理の質とお店の雰囲気からすると、そんなに高くはないと思いました。

その後、みんなで量販式のカラオケへ向かいます。


純粋なカラオケ

f:id:ksanhonsan:20190511150149p:plain

カラオケ

量販式カラオケは会所式カラオケと違い、建物も大きくネオンもド派手です。

中に入ると、若い男性スタッフが二階へと案内してくれます。

 

受付はパートナーに任せて待っていると、「おつまみや飲み物はここで選んで

下さい。」と小さなコンビニくらいのスペースに案内されました。

 

そこには、ポテトチップスやピーナッツ、ミネラルウォーターやビールなど

いろんな物が陳列されてます。これは日本で見たことないシステムだなぁと

皆感心してました。好きなものを渡されたカゴに入れ個室へと向かいます。

 

部屋は10畳くらいありカラオケセットや設備もほぼ日本と同じでした。

ただ日本の楽曲はやや古めで、数も少なかったです。

 

大いに盛り上がり、みんな出来上がってきたので2時間くらいでお開きに、

料金ははっきり覚えてませんが日本のカラオケとそんなに変わらないよう

です。


その後大変なことが

カラオケを出てホテルに帰り、お休みの挨拶をすませそれぞれの部屋へ。

部屋でソファーに腰掛け酔い覚ましにコーヒーとタバコでくつろいでいると

突然下腹にチクチクと痛みが走りました。

 

飲み過ぎか食べ過ぎだなぁと思いトイレへ、

用を足し、シャワーを終えてベッドへ横になると、また下腹部に痛みが、

再びトイレへ、結局4回ほどその繰り返しです。

 

隣に可愛いパートナーがいますが何もできません、何もする気になりません。

痛み止めと、胃薬を飲んで何とか寝ました。

 

翌朝も少しお腹に違和感が残りましたが、何とか腹痛は収まったようです。

取り合えずまた薬を飲んで様子を見ました。ロビーで友人と腹痛の話を

すると二人とも「何ともないよ。」との事。

 

これは間違いないあのホタルイカだ。

少し生臭いと思いながらも、元来貧乏性の私は全部食べてしまいました。

豆情報

皆さん、生ものは気を付けてください、と言いたいですが、普通そんな

匂いがしたら食べませんよねぇ。失礼しました。

 

ちなみに、私が中国でお腹を壊したのはこの時だけでした。生水や屋台の

食べ物は食べてませんのでそれ以外では安心できるとは思います。

 

私の中国の嫁も水道水は必ず沸かして飲むし、屋台は使ってる油があまり

良くないので食べないようにしていると言ってました。

 

屋台は安くて美味しそうなんだけど未だに食べたことがないです。

お腹が中国使用になったらその内挑戦してみたいです。

おじさん一行はその後朝食も取らず、お昼前の飛行機で大連とさようなら

しました。


まとめ

大連は韓国とはまた違って食事も十分楽しめたし(腹痛を除いては)、

観光地も規模が大きくかなり整備され見どころがありました。

 

何より女性は相対的にスタイルもよく、韓国より一段上かなと思いました。

ハルビンの次に美人の多い街としても有名です。

 

また大連は広い中国の中でも、最も日本人に優しい街だと思います。

私のようなおじさんの遊び目的でなくても十分楽しめる所だと思います。

ぜひ一度訪れてなまの中国に触れてみて下さい。

再見


#海外航空券ではいつもお世話になっております、安心のHIS#

 #海外で会話に困ったら、カワイイ通訳機ポケトーク#

 #中国のwifiならグローバルモバイルのポケットルーター#

コメント

タイトルとURLをコピーしました