スポンサーリンク

ギター回顧ろっく3⃣ (リアルタイムで聞いていたQueen時代)

ギター回顧ろっく

ごあいさつ

こんにちは、昭 平令です。私のブログに立ち寄って頂き

 ありがとうございます。ここでは、私の音楽(ギター)遍歴

 について思いつくままに書いていこうと思います。

 

 アコースティックギターに関しては、結構掘り下げた内容に

 なっていると思います。少しでも共鳴していただける方が

 いらっしゃいましたら幸いです。

今回も前回の続きでQueenについて語ります。


「シアーハートアタック」

f:id:ksanhonsan:20190502145114p:plain

シアーハートアタック

デビュー以来初のシングルヒット曲「キラークィーン」を

収録したこのアルバムは、三作目となります。

 

アルバム全体の印象は、前作のテーマに沿った構成から、

バラエティーに富んだ選曲となっています。

 

A面一曲目は、ブライアンのハードなロック曲「ブライトン・

ロック」です。パレードを思わせるような出だしにブライアンの

三味線ギターが重なりフレディのファルセットボイスが聞こえて

きます。

 

この曲のギターソロ部分は、コンサートのブライアンのソロ

パートとしてしばらくよく使われていました。ギターにディレイ

エコーを効かせ、音を重ねていく手法はブライアンの十八番です。

 

二曲目はフレディのバロック調のロック「キラークィーン」

その後東洋的なギターソロが印象的な「フリックオブザリスト」

(ブライアンはセカンドアルバムの「アズイットビガン」でも

ギターソロでシタールのような音を聞かせていますから、かなり

インド音楽にも影響されていたのでしょう。)

 

前期の中ヒット曲「ナウアイムヒア」へと続き

B面は神秘的な曲「神々の業」で始まり、その後メタルバンド

にもよくカヴァーされた「ストーンコールドクレイジー」

が収録されてます。

 

このアルバムから、徐々にイギリスでも評価され始めました。

そして、最大のヒットアルバム「オペラ座の夜」へと続きます。

「オペラ座の夜」

f:id:ksanhonsan:20190502145310p:plain

オペラ座の夜

言わずと知れた名曲「ボヘミアンラプソディー」を含むQueen

の代表アルバム「オペラ座の夜」は前作の方向性を踏襲しながら

より洗練されたものになっています。

 

A面一曲目はこのアルバムで私のベスト曲「デスオントゥレッグス」

です。曲の盛り上げ方、コーラスのからめ方が絶妙です。何度

聞いても興奮します。

 

「シーサイドランデブー」はフレディの好きなライザミネリを

意識したかのような明るい曲です。

 

B面はブライアンの大作「預言者の歌」で始まります。

ところどころ琴を使った伴奏をはさみ、日本のファンを意識して

いるようです。

(ブライアンは敬虔なクリスチャンなのでしょう、彼の作曲には

その真面目さや、実直さが随所に見て取れます。)

 

この曲の中盤でフレディのソロボーカルパートがありますが、

ブライアンのギターエフェクトであるディレイエコーを使って

三重唱の様に聞かせてます。コンサートでもよくやってました。

 

後は、もう語りつくされた名曲「ボヘミアンラプソディー」

 

私は、高校の音楽の時間に、教室で先生にこのレコードをかけて

もらい「バッハのようだ。」と感心されたのを今でも覚えてます。

 

今思うとこの「オペラ座の夜」がQueenの全盛期だったのかな。

その後もアメリカではヒット曲を連発しますが、個人的にはこの頃

が楽曲においても、バンドとしても頂点だったような気がします。

「華麗なるレース」から「インニュエンド」まで

f:id:ksanhonsan:20190502145347p:plain

華麗なるレース

五作目は前作の柳の下のどじょう的なアルバム「華麗なるレース」

です。「タイユアマザーダウン」「サンバディートゥラブ」などの

ヒット曲がありますが、新鮮味には欠けてます。

f:id:ksanhonsan:20190502145409p:plain

世界に捧ぐ

六作目は「世界に捧ぐ」です。これは敢えて言わせてもらえば、

ロジャーの知り合いが描いたアルバムジャケットの絵が超ダサい。

ロジャーファンの人ごめんなさい。

 

収録曲は、クィーン最大のヒットシングル「ウィーウィルロック

ユー」「伝説のチャンピオン」、神秘的な「ゲットダウンメイク

ラブ」などがありますが、アルバム全体としては、パワー不足

のような印象です。

f:id:ksanhonsan:20190502145439p:plain

JAZZ

f:id:ksanhonsan:20190502145506p:plain

ザ・ゲーム

f:id:ksanhonsan:20190502145941p:plain

ライブアルバム

七作目は「JAZZ」です。一曲目でいきなりフレディ色全開

の「ムスタァファ」が始まります。この曲はクィーンのすべての

楽曲の中でも私のベスト3に入るほど好きな曲です。

 

この曲を聴いて、クィーンの前々作から残っていたバンドの

方向性が定まらないようなもやもやが、吹っ切れたように

感じました。

 

「バイシクルレース」や「ドントストップミーナウ」のヒット曲

が生まれました。

 

八作目は「ザ・ゲーム」です。このアルバムの中にはロカビリー調

の「愛という名の欲望」やディーコン最大のヒット曲「地獄へ道づれ」

などがあります。

 

実はこの頃から、私のクィーンに対する興味が薄れ始め、アルバム

「ホットスペース」「ザ・ワークス」「ザ・ミラクル」は買い

ませんでした。最後に買ったのが「イニュエンドウ」です。

f:id:ksanhonsan:20190502145552p:plain

ホットスペース

f:id:ksanhonsan:20190502145825p:plain

ワークス

f:id:ksanhonsan:20190502145902p:plain

カインドオブマジック

f:id:ksanhonsan:20190502150014p:plain

ミラクル

もちろん、「アンダープレッシャー」「ラディオ・ガ・ガ」などは

聞いてましたし、「ワンビジョン」も好きでしたが、映画「フラッシュ

ゴードン」の音楽を担当したあたりから、少し商業志向が強まり、

アメリカ市場を意識し過ぎた感じがあまり好きではなかったです。

 

しかし、あの「フラッシュゴードン」という映画、ご覧に

なりましたか?B級過ぎて見ていられなかった。

f:id:ksanhonsan:20190502145712p:plain

フラッシュゴードン サントラ

映画「ハイランダー」でも「プリンシスオブザユニバース」や「リブ

フォーエバー」などの曲を提供していますが、こちらは映画も

面白かったです。

f:id:ksanhonsan:20190502150106p:plain

イニュエンドウ

最後に買った「イニュエンドウ」を聴いたとき、私のクィーンに

対する情熱はほとんど覚めていました。

クィーンは終わらない

バンドも年を重ね、フレディもエイズを発症し少なからず曲にも

元気のなさ、新鮮さがなくなっていたのだと思います。

 

それに加えて、あまりにも、フレディの趣向を出し過ぎて本来

のロックの範疇を逸脱してしまったのではないかと思います。

まあそれと共に私も年を取ったんですけど。

 

しかし、数々の名曲、アルバムを残し私の若かりし頃をともに

過ごした思い出はいつまでたっても消えることはありませんし、

今後これ以上夢中にさせられるバンドも現れないでしょう。

 

今、映画「ボヘミアンラプソディー」」がヒットし再びクィーンが

脚光を浴びているのは古い一ファンにとってもとても誇らしく

嬉しいことです。

 

私にとってその存在は決して忘れることはありませんし、昔からの

ファンや新たなファンの人にも忘れられない存在で有り続けて

もらいたいです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました