韓国(主にソウル)大人の遊び方9⃣、カジノ、食事、夜

スポンサーリンク
韓国旅行
スポンサーリンク

初めてのソウル その7

『アニョハセヨ、ニイハオ、こんにちは、昭 平令(しょうぴんれい)

 です。 私のブログに立ち寄って頂きありがとうございます。

 

このブログは、過去の実体験を元にこれから中国、韓国へ

 旅行しようかなとお考えの方に、少しでも参考になればと

 思い書きました。よろしくお願いします。』


明洞のマッサージ

土俗村で満足した一行はその後パートナーの案内で明洞の

HANAマッサージと言うところへ行きました。

(今は新店舗になり会賢という所に移転したそうです。)

 

ここは男女ペアでも利用できるマッサージ店です。

f:id:ksanhonsan:20190427220858p:plain

新しいHANAマッサージ

狭い間口のビルのエレベーターを上がると、小さな受付があります。

お店の人にメニューを見せられコースを選びました。

詳しいコース内容は忘れましたが、フェイスマッサージ以外の

フルコースだったと思います。

 

受付が終わると、狭いロッカールームに案内され、トランクスと

薄手のバスローブに着替えさせられます。

 

「そこ座ってください。」可愛らしいアガシに促され、タオルを敷いた

木製のベンチに腰掛けて待ってると、楕円形の洗面器の様なものに

薬草エキスの入った少し熱めのお湯の中に片足づつ入られて、

マッサージの始まりです。

 

これがいきなり気持ちよかったです。

 

熱いかなと思っていたお湯も次第に慣れてゆき、やさしく洗うような

手つきで何とも気持ちいいやら、くすぐったいやら。

 

5分位すると今度はベッドの並んだ部屋へ

そこでバスローブを脱ぎうつ伏せになります。頭の先から足裏まで

入念にマッサージされ、終わったかと思うと、コップの様なもの

を10っこくらい持って来て、背中に吸盤の様にして並べられます。

 

なんじゃこりゃ?アガシによると、体の中の毒素を吸い出すのだ

そうです。ホンマカイナ?まあ吸い出すと言っても痛くもないし

そんなものかなと、されるがままでした。

 

90分のマッサージが終わると洋服に着替えて気分爽快です。

受付のテーブルで冷たいお茶を頂きながらお会計。

一人60000ウォンでした。

 

(後でホテルに帰って、知人が私の部屋へ来て、「背中大丈夫か?」

と聞いてきたので、バスルームで確認すると、コップの数だけ青黒い

斑点ができてました。私は何ともなかったけど知人はチョット痛い

と言ってました。その斑点は三日ほど残りました。私の中に

そんなに毒素があったのか。)

豆情報(ソウルのマッサージ、サウナ)

ソウル滞在中何ヶ所かサウナやマッサージにも行きました。

私なりの感想です。

 

*梨泰院ランド

ここは、サウナと言うよりも日本のスパのような所でした。

結構大きな施設で浴槽や脱衣所も広いです。どちらかと言うと

大衆浴場に近い感じです。親子連れも見かけます。ストローを

刺したジュースを持って風呂場に入っている人もいました。

 

料金は安めでマッサージも受けられますが、あまり若い女性

向きではないかも知れません。

 

*明洞MUD汗蒸幕

ここは超有名店で、しばしば日本のテレビでも紹介されてます。

 

そのせいか、いつもお客さんが多く予約しないと料金も少し

割高です。施設やマッサージはかなり充実していると思います。

私も一度お尋ねしましたが、その後利用してません。

 

初めて汗蒸幕を体験される方には、お手本のようなお店ですので

一度は訪れてみてもいいかと思います。

 

*梨泰院の名前忘れたお店

実はここが一番お勧めしたいお店ですが、店名忘れました。

梨泰院のメイン道路沿いにある地下一階のお店でした。

料金も安く、サービスもよかったのですが。

 

どなたかお心当たりの方是非教えてください。

ただ、ソウルではよくサウナ(チムジルパン)、マッサージ、汗蒸幕など

女性観光客が押し寄せているようですが、それだけのために行くほどの

価値があるかどうかは疑問です。値段もそんなに安くないし。

 

旅行先で疲れを癒す程度の利用でいいんじゃないかとおじさんは

老婆心ながら考えますが。


トッポギ

HANAマッサージを出てからホテルまでブラブラ歩いて帰ります。

ロッテの本店が近いので立ち寄ることになりました。

 

さすがに高級デパートだけあってブランドショップがずらり。

一通り値段を確認しながら歩いてみると、そんなに安くないし

パートナーに「オッパー!」とせがまれてはいけないので

足早に立ち去りました。

 

再び明洞の商店街へ入ります。

 

「ああこっちの方が落ち着くなぁ。」と本音が出ました。

道路の真ん中にはいろんな露店が並んでいます。カバンや

装飾品は買いたいとは思いませんが、食べ物にはついつい

目が行きます。

 

ふと目に留まった赤いものに「あれなに?」

と聞くと、「トッポギ」と教えてくれました。

f:id:ksanhonsan:20190427220844j:plain

トッポギ

ああこれがトッポギか、名前だけは知っていたので少し

食べてみました。

 

「辛い!!」

少し甘みもあるけど「辛い!!」

パートナーは「そう?おいしよ。」

 

辛いものは好きですが、これは私には辛すぎました。

水のペットボトルを買い口をすすいでもまだ辛い。

(そういえば、焼肉屋でパートナーがよく食べていた青唐辛子、

あれも無理でした。まあ皆さん試しに食べてみて下さい、次の日

トイレで泣きますよ。)

 

ホテルに着いて取り合えず部屋で一服します。

豆情報(ソウルの喫煙事情)

このころ(5~6年前)、ソウル市内はホテルでも飲食店でもたばこは

吸えました。ただ、街中で歩きたばこをしている人はあまり見かけません

でした。

 

私もタバコを吸うので、いつものように、歩きタバコをしていると

パートナーに「歩きながらタバコを吸うのはあまり良くないよ。」

注意されました。

 

なんでも、屋外の喫煙は禁止されてはいないが、マナーの問題で

歩きながら吸っているのは、外国人(特に日本人と中国人)くらいだ

との事。

 

たしかに韓国の人が歩きタバコをしているのをほとんど見かけません。

みんな、ビルの間とか、灰皿の置いてある所定の場所で吸ってました。

韓国人も以前は喫煙率が高く、成人男性の40%くらいあったそうですが

現在は、世界的な禁煙ブームに押され法律的にも喫煙環境は厳しく

なっています。

 

2015年以降、飲食店、ホテル、大きな施設のほとんどが禁煙指定に

なり、今では喫煙できるところを探すのに苦労するくらいになってます。

ロッテホテルも全館禁煙になりました。

 

私のような愛煙家は肩身が狭いです。

 

韓国のタバコの値段もここ数年で2000ウォンから45000ウォン

位まで値上がりしてます。またタバコのパッケージがグロテスクで

肺気腫や咽頭がんの写真が貼って有ったりします。徹底してますねぇ。

 

今でも屋外では、禁止ではないけれども、所々に喫煙ボックスが設けられ

皆そこで吸ってます。外国人が歩きたばこをしていると注意されることが

あるそうですよ。

f:id:ksanhonsan:20190427221119p:plain

喫煙ボックス

喫煙される方は、韓国へ旅行の際はタバコを吸わない方のことをよく

考えてマナーは守りましょう。


最後の勝負

一服の後は、最後のカジノです。

今回は勝って帰りたい。でも勝ったらまた来る理由が一つなくなるかな。

 

ギャンブラーはアホですから勝っても負けてもまた来ます。(笑)

 

ルーレットで勝負。私はだいたい一点賭け(36倍は当たる気しない。)

はしませんし、赤黒(2倍になっても面白みがない)にも賭けません。

競馬で言うと中穴狙いです。

f:id:ksanhonsan:20190427221005j:plain

ルーレットで最後の勝負

9倍か18倍をそれぞれ三点くらいで狙います。

それから客付きの悪いテーブルは避けます。経験上客の少ないテーブル

で勝てたことがないので。

 

狙うのは、客付きが良く、景気のいい賭け方をしている人のいる

テーブルです。

 

山盛りにチップを積み重ねている景気のいい人の動向を伺いながら

賭けていきます。見ていると面白いですよ。

いろいろうんちくを垂れてますが、所詮ギャンブルです。遊びとして

認識し、楽しめる範囲で行いましょう。

 

最後のカジノの結果は、、、、、トントンでした。

 

初めてのソウルもこれでお別れです。たくさん美味し食べ物に出会え

カジノも満喫し、パートナーのやさしさにも触れ本当に満足でした。

また来ます。

 

「カムサハムニダ。」

「チョアヨー」

「アンニョーン」


 #海外航空券ではお世話になっております、安心のHIS#

 #通訳はいりません、可愛い携帯翻訳機ポケトーク#

 #韓国でwifi使うなら、グローバルモバイルのルーター#

コメント

タイトルとURLをコピーしました