スポンサーリンク

中国人(女性)との国際結婚の手続き3⃣(大変だけど自分でできる)

中国女性と国際結婚

『こんにちは、昭 平令です。私のブログに立ち寄って頂き
 ありがとうございます。ここでは、私の中国嫁との日常生活や
 国際結婚の手続きなどを、実体験をもとに面白おかしく、
 時には、まじめに詳しくご紹介していきます。どうぞ
 よろしくお願いします。』

中国人女性との結婚手続きその③

今回は、中国にて婚姻手続きを終えたあと、日本でおこなった

婚姻届や、嫁の在留資格取得、在留カードの発給までをご紹介します。


日本での婚姻届け

中国から帰国した後は、日本にて婚姻届けをしなければなりません。

最寄りの市町村役場で行います。在中国日本大使館でもできますが

私の近くにはありませんし、役場の方が手続きが早いようです。

 

届け出を行う役場は、日本全国どこでも大丈夫です。

ただし、なぜ住所と違う場所で届け出するのか?

と理由を求められますが。

 

先に中国で作成した公証書が届いたら、次の必要書類を用意します。

(なお、公証書の有効期限は3か月ですので、手続きはお早めに。)

一、戸籍謄本

一、結婚証   (中国でもらった赤い手帳)

一、結婚公証書 (原文と日本語訳文)

一、国籍公証書 (原文と日本語訳文)

一、出生公証書 (原文と日本語訳文)

一、印鑑と身分証明書(免許証など)

(先に中国で結婚した場合、日本での婚姻届けに成人2名の証人は

 いりません。日本での婚姻届けは事後報告的な届け出になる

 からです。)

 

上記の物を用意し私は最寄りの市役所へ出かけました。

受付窓口は自治体によって異なります。

たいてい「戸籍課」か「住民課」です。

 

分からないときは、役場内の案内プレートを探すか

「婚姻届けしたいんですけどぉ~。」と叫んでください。(笑)

私はそうしました。

 

受付窓口を見つけたら、届け出用紙をもらいそこに必要事項を

記入していきます。近くに記入例を書いた見本が有りますので

それを見ながら、分からなければ窓口で聞きながら、記入してください。

届出書を提出したら、30分ほどで終了です。

 

新しい戸籍が出来上がるまで2~3日かかります。

入籍日は基本届け出した日になります。

問題なければ、これで日本での二人の婚姻が認められた事に

なります。次は、嫁の在留資格取得の手続きが待ってます。


在留資格取得手続き

予め言っておきます。大変です。

なれた方にはなんでもないでしょうが、初めてされる方には

とても面倒な作業です。

 

相手方(嫁)の代理申請ということもあり、この作業が私的には

本当に大変でした。

手続きは住所地管轄の法務局(入国管理局)で行いますが、私の

家は田舎だったため、往復するだけでも車で4時間かかります。

f:id:ksanhonsan:20190421171758p:plain

入国管理局

ですから、事前に管理局にあれこれ電話で問い合わせしました。

 参照      入国管理局のインフォメーションセンターのサイト

         ・法務省の在留資格認定証明書交付申請のページ

こちらで、住民票住所の管轄の管理局を調べ直接電話

確認してみてください。所によっては、必要書類など

異なる場合があります。

その上で必要書類の準備です。


用意したもの

 一、在留資格認定証明書交付申請書

  (こちらは、管理局に置いてありますし、上記サイトからも

   ダウンロードできます。私は、当日見本を確認し、係員に

   聞きながら書きました。)

f:id:ksanhonsan:20190421171653p:plain

在留資格認定証明書交付申請

 一、相手方(嫁)の写真  4cm×3cmを2枚

  (私は、事前に嫁から日本に送ってもらいました。)

 一、中国から送ってもらっていた

   結婚公証書

   国籍公証書

   出生公証書

   それぞれの原本と日本語訳文を付けて計3部

 一、私の住民票

   (世帯全員の記載があるもの。)

 一、婚姻届受理証明書

   (新しい戸籍謄本が出来上がっておれば、必要ありません。)

 一、私の身元保証書

   (嫁の身元保証人には私がなりました。ご自身の両親でも可。)

f:id:ksanhonsan:20190421171732p:plain

身元保証書

 一、質問書

   実はこれが一番大事で、記入に時間がかかりました。

   嫁との出会いから結婚までのの経緯、夫婦間の会話レベル

   家族の事など、事細かに質問されます。

   (私は、事前に管理局の人に相談し、用紙を郵送してもらい

    記入したのち持参しました。)

f:id:ksanhonsan:20190421171716p:plain

質問書

 一、二人のこれまでに撮ったスナップ写真や、メールでのやり取りが

   わかるスクリーンショット、手紙類など

   (質問書同様にこれも大事です。要するにこの結婚に偽装はないか

    どうかの判断基準になりますので、偽装でない限り事実を

    正直に表明、書類の提出をすれば良いと思います。)

 

 一、 私の職業を証明する書類

    在職証明書、会社の謄本など

 一、収入を証明する書類

    住民税課税証明書、所得証明書など

    二人が実際に日本で生活できるかどうかの確認のため。

    (こちらも審査には重要で、およその基準があるようです。

     ネットで調べると、最低年収がおよそ250万円くらい

     のようです。私は年収が低かったので内心ドキドキして

     いたのを覚えてます。)

 一、相手方(嫁)のパスポートのコピー

   (こちらも事前に送ってもらってました。)

 一、結婚証  中国でもらった赤い手帳も念のため用意しました。

*注意

こういう公的機関に提出する公的書類には、ほとんど3か月以内の

ものという有効期限が有りますので、出来るだけ最近のものを

準備するようにして下さい。

 

また、書類の記入漏れや記載ミスはその場で訂正ができますが、

必要書類だけは、よく事前に確認し、万全の準備をして下さい。

 

かく言う私も、実は管理局へ向かう時、慌てて家を出て車で

1時間ほど走った後に、肝心の提出書類一式を家に置き忘れ

ていたことに気づきました。

 

幸い姉が近所にいましたので、すぐに連絡し途中まで車で持って

きてもらい、何とか間に合いましたが。

皆さんも十分気を付けてください。

これだけの書類を一通り揃え、提出、係員に確認してもらいOK

が出ると、後は、証明書を送ってもらう封筒に切手を貼れば完了です。

お疲れさまでした。


補足

資格申請の際、1年、3年、5年、永住と在留期間の選択ができますが、

初めての場合、特別な例外を除いては、半自動的に1年となります。

証明書が出来上がるまで最低1か月以上かかると言われました。

大都市圏など取り扱い件数がとても多いい管理局では、2~3か月

かかるようです。

 

私の所へ証明書が届いたのは、およそ1か月後でした。

やはり地方は早いです。


嫁の在留カード受取り

早速証明書を嫁に郵送しました。

嫁は、本国の在中国日本大使館へその証明書を提示し、ビザ申請

を行います。

 

その後、ビザの発給を受けて日本へ渡航

日本へ入国する際に、空港にて旅券、ビザ、在留資格認定証明書を

提示します。

 

旅券に上陸許可の証印を押してもらい、

日本に中長期在留する外国人に発行される在留カードを受け取ります。

f:id:ksanhonsan:20190421171637p:plain

在留カードの見本

これで晴れて二人の日本での生活がスタートできます。

お幸せに!

お役立ち情報

私が以前、大連に二泊三日で旅行した時、当時ドコモのスマホ

を使用してましたが、帰国後パケット通信料を2万円ほど請求され

た事がありました。

まだ、海外旅行初心者でデーター通信やローミングサービス

の解除設定など知りません。誰も教えてくれないし。

その後はデーター通信を解除するようにしましたが、やはり

ネットがつながらないのは不便です。ホテルや空港のwifi

ありますが、つながっても不安定で表示に時間がかかって

使えたものではありません。

 

そんな悩みを解消してくれる、最良のルーターを見つけました。

ご興味があれば一度お試しください。→中国専用ポケットWiFiルーター

#海外航空券でいつもお世話になっております、安心のHIS#

#海外旅行で言葉に困ったら、可愛い翻訳機ポケトーク#

コメント

タイトルとURLをコピーしました